ホーム > 生産 > 野菜・果樹・花き・特産 > 兵庫産地一覧 > 丹波ひかみねぎ(兵庫県丹波地域)


ここから本文です。

丹波ひかみねぎ(兵庫県丹波地域)

白ねぎ 兵庫県 丹波地域 兵庫県
主な収穫・出荷時期

11月下旬~12月下旬
主な産地

丹波市(市島など)

 米の生産調整の一つとして平成8年から栽培を始めた下仁田系のねぎを「丹波ひかみねぎ」とネーミングし、地域の特産物にしようと取り組みが続いています。
 平成9年度には丹波ひかみねぎ市島生産出荷組合が結成され、現在出荷組合が中心となって丹波市で栽培農家数約90戸、約6ha栽培されています。
 種まきは3月で、収穫は11月下旬から2月ごろまで。ねぎの長さは40~50cm、軟白部分は約20cmで茎の直径は約4cmにもなる特大ねぎです。
 主に軟白部分を食しますが、青菜も一緒に味わえます。生では刺すような辛みがありますが、なべ物などに入れると特有の甘みが増してとろけるような食感が楽しめます。 また、なべ物のほか焼いたり揚げたりする料理にもよく合います。
 関西の一般消費者にはなじみの薄い野菜ですので、まず「このねぎのおいしさを多くの人に味わってもらおう」と生産者、農協、行政が協力してPRに努めています。みなさんもこのおいしい「丹波ひかみねぎ」を一度味わってみてください。(最終更新:平成18年1月)
丹波ひかみねぎ
丹波ひかみねぎ


産地一覧に戻る

近畿農政局案内

リンク集