ホーム > 生産 > 野菜・果樹・花き・特産 > 兵庫産地一覧 > やまのいも(兵庫県丹波地域)


ここから本文です。

やまのいも(兵庫県丹波地域)

やまのいも 兵庫県 丹波地域 兵庫県
主な収穫・出荷時期

10月~11月
主な産地

篠山市

 丹波特産やまのいもは、古く江戸時代の昔から栽培がはじまり、明治初期には販売を目的として生産されていました。
 戦後、優良系統の選抜と生理・生態の把握が進み、篠山独特の栽培法が確立され、地域特産物として面積の拡大が進みました。
 現在は、篠山市内で108haが栽培され、4月に植え付け、収穫は10月から11月です。販売は、神戸・姫路市場への出荷や、贈答品、加工業者との契約で販売されています。
 篠山は、土壌が粘質で、昼夜の温度差が大きいことから、肉質がきめ細やかで粘りが大変強い上、ミニーシン(粘液質)と称するタンパク質やジアスターゼ(消化酵素)が多量に含まれており、それがおいしさの秘密であると言われています。
 消化が良く、胃腸にやさしく、豊富な植物タンパク質や多くの栄養成分は毎日の食生活に欠くことのできないものです。山かけ、麦とろ飯、お吸い物、かき揚げ、煮物、お好み焼きといった多くの料理法があり、お子さまから高齢者まで多くの方々にぜひご賞味いただきたい健康食品です。(最終更新:平成17年5月)
やまのいも
やまのいも


産地一覧に戻る

近畿農政局案内

リンク集