ホーム > 生産 > 野菜・果樹・花き・特産 > 京都産地一覧 > かき(柿渋)(相楽地域)


ここから本文です。

かき(柿渋)(相楽地域)

かき(柿渋原料) 京都府 相楽地域 京都府
主な収穫・出荷時期

9月中旬~9月下旬
主な産地

笠置町

 日本酒造りに欠かせない材料や染料として、柿渋を利用している業者から「山城渋」の名称で知られています。
 この渋の原料として、「天王柿」(品種名)を青い間に収穫して柿渋業者に出荷しています。天王柿は、小粒の渋柿で、タンニンが多く含まれています。

 日本酒造り:清酒の仕上げに清澄剤として用いることがあり、わずかな濁りを除きます。
 染料:昔から和紙の防水、防腐のために利用されています。(最終更新:平成21年11月)
笠置町の渋柿
笠置町の柿渋


産地一覧に戻る

近畿農政局案内

リンク集