ホーム > 生産 > 野菜・果樹・花き・特産 > 滋賀産地一覧 > ぶどう(滋賀県東近江・湖東地域)


ここから本文です。

ぶどう(滋賀県東近江・湖東地域)

ぶどう 滋賀県  東近江・湖東地域 滋賀県
主な収穫・出荷時期

8月上旬~10月下旬
主な産地

東近江市、彦根市
愛荘町


  愛東町(現:東近江市)で昭和48年から水田転換作物として県内の他町村に先駆けて導入され、現在は、東近江市を中心に彦根市、愛荘町などの57戸が19haを栽培しています。
  収穫したぶどうは京都市場等へも出荷されていますが、直売施設での販売が増加しています。直売施設では「ぶどう祭り」等のイベントの開催により消費者との交流に努めています。
  品種は当初マスカット・ベリーAを主として、デラウェア、巨峰が導入されましたが、近年、ピオーネなどの導入が進み、多様化しています。
  栽培には、簡易雨よけ施設、短梢せん定栽培が導入され、病害虫の軽減化とせん定等の省力化を実現しています。
  近年、「滋賀県環境こだわり農産物認証制度」に準拠した減農薬・減化学肥料栽培に順次移行し、安心・安全なぶどうの生産に努めています。

(最終更新:平成22年4月)

ぶどうの摘粒作業
ぶどうの摘粒作業


産地一覧に戻る

近畿農政局案内

リンク集