ホーム > 生産 > 野菜・果樹・花き・特産 > 滋賀産地一覧 > なし(滋賀県東近江・湖東地域)


ここから本文です。

なし(滋賀県東近江・湖東地域)

なし 滋賀県  東近江・湖東地域 滋賀県
主な収穫・出荷時期

8月上旬~9月下旬
主な産地

彦根市、東近江市、愛荘町


1  彦根梨生産組合
  彦根市南部の曽根沼干拓地でつくられている「彦根梨」は、平成9年から順次植栽され、約10haの産地となっています。樹で十分熟したなし本来の味が特徴で、主要品種は「幸水」「豊水」です。甘さや熟し具合を光センサーで選別し、基準をクリアしたものだけを出荷しています。「彦根梨」は、選果場「果樹工房」前の直売所やJA東びわこ各直売所で販売されています。


2  愛東町(現:東近江市)梨生産出荷組合
  東近江市はぶどうが有名ですが、なしは昭和56年から漸次水田転作で産地が拡大し、現在滋賀県最大のなし産地となっています。
  品種は赤ナシの「幸水」「豊水」が中心で、成熟促進対策技術により幸水では盆前から出荷が可能となっています。また晩生の「新高」や種々の「洋なし」など、珍しい品種も栽培されています。
  販売は市内の道の駅「あいとうマーガレットステーション」での直売や県外市場です。

(最終更新:平成22年4月)

収穫風景 特産彦根梨園地を望む
収穫風景 彦根梨園地を望む


産地一覧に戻る

近畿農政局案内

リンク集