ホーム > 基本政策 > 近畿の農業・農村の6次産業化 > 近畿産業連携ネットワークに伴う意向調査について


ここから本文です。

近畿産業連携ネットワークに伴う意向調査について

近畿農政局において、既存の近畿農業・農村6次産業倶楽部、近畿6次産業化・地産地消連絡会議等を包括する形で、近畿産業連携ネットワークを設置する予定としております。

このため、意向調査を実施させていただきたいと考えていますので、皆様のご協力をお願いします。

 

調査の目的

  1. 多様な産業分野、消費者、研究等の連携を促進し、イノベーションを起こすことで、農林漁業の成長産業化の実現に資することを目的として、中央段階で12月1日に産業連携ネットワークを設置したところです。
  2. 近畿農政局において、既存の近畿農業・農村6次産業倶楽部、近畿6次産業化・地産地消連絡会議(以下「連絡会議」という。)等を包括する形で、近畿産業連携ネットワーク(以下「近畿ネットワーク」とする)を設置する予定としており、皆様にご参画していただくことを考えています。
    近畿ネットワークの具体的な進め方は、連絡会議、幹事会、検討部会、プロジェクト等を行うことを考えています。
  3. 本調査は、近畿ネットワークにおける活動を進めるための準備調査です。ご記入いただいた個票は公表しませんが、調査結果については、匿名性を確保した上で集計したものを近畿ネットワーク会議資料として活用を予定しています。
  4. 近畿ネットワークで部会・プロジェクト等を進めるに際し、皆様への参加ご案内は別途行う予定です(中央段階も同様)。また、本意向調査に基づき全ての部会(例示案)を設置するものはないことをご承知おきください。

調査方法

  1. 12月26日現在、近畿6次産業化・地産地消連絡会議構成員、近畿農業・農村6次産業倶楽部員及び総合化事業計画の認定者等に調査します。
    あわせて、農政局ホームページにも掲載します。
  2. 24年1月末までにご回答の上、電子メール又はファックスで近畿農政局経営・事業支援部事業戦略課まで送信してください。

記入上の注意

  1. 本ネットワークには多様な分野の方が参加を予定しており、皆様の意向を正確に把握し、有効な活動に結びつけるため、現在の活動内容については、できるだけ詳細にご記入下さい。
  2. 現在、予定してるネットワークの活動は以下の2種類です。
    (ネットワークはプラットホームの役割を果たすものですが、これ以外の活動を排除するものではありません。)

部会

分野・テーマを決め、新しいプロジェクトの開始を目指し、共通の関心のある会員が知見を持ち寄り検討を行うこと(意見集約のためのモデレーターの選任、モデレーターが運営するSNS(ソーシャルネットワーク)等への情報提供)。

プロジェクト

会員(複数の農林漁業者、企業が連携した活動、個別)の活動が、ネットワークの趣旨に合致するもので、広く会員の参加や協力を求めることにより、活性化を図るもの。

お問い合わせ先

経営・事業支援部事業戦略課
担当者:6次産業化担当
代表:075-451-9161(内線2759)
ダイヤルイン:075-414-9025
FAX:075-414-7345

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

近畿農政局案内

リンク集