このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

食育月間の取組「農政局の昼ごはん」  

   近畿農政局は、6月の「食育月間」の取組の一環として、食育の日(6月19日)を含む期間に「農政局の昼ごはん」の取組を行いました。
   今年度は、「おおきに!近畿の食材。昼ごはん編」をテーマに、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている国内の農林水産業について、近畿管内を中心に少しでも盛り上げることを目的に、職員やその家族が、近畿管内の食材や郷土料理等を活用したお弁当や在宅勤務日の昼食を作り、その写真、コメント等を公開することにより、食に関する知識や経験の共有を図る取組を実施しました。

   募集テーマは、「#近畿の食材で作ってみた」と「#これが私の地元メシ!」です。
#近畿の食材で作ってみた】
   地産地消の取組として近畿の食材を使用することにより、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、イベント・外食等の自粛及び給食の休止等の影響で売上が落ち込んでいる近畿の食材を応援する目的で、お弁当や在宅勤務時の昼食の写真を募集しました。調理法や盛り付けにも凝ったお弁当や、在宅勤務時に時短で美味しく食べられる昼食が寄せられました。
【#これが私の地元メシ!】
   地元食材や郷土料理を取り入れたお弁当・昼食を通して、食文化、地域食材について広く関心を高める目的で、お弁当や昼食の写真を募集しました。郷土愛あふれるお弁当を通じて、郷土料理や地元の美味しい食材を知ることができ、食文化に関心を高める取組となりました

   食材や郷土料理など職員各々が工夫し、楽しみながらお弁当や昼食を作ることを通じて、国内農林水産業を持続可能なものとし、食に関する知識や経験の共有を図ることにつながれば幸いです。
   ご協力いただいたすべての方々に感謝いたします。ごちそうさまでした!

 詳しくはこちらからご覧ください!
   #近畿の食材で作ってみた
      お弁当 NEWアイコン
      在宅勤務のお昼ごはん NEWアイコン
   #これが私の地元メシ! NEWアイコン

作品一覧

#近畿の食材で作ってみた(お弁当)

#近畿の食材で作ってみた(在宅勤務のお昼ごはん)

#これが私の地元メシ!


募集作品 

#近畿の食材で作ってみた(職場のお弁当)


ほぼ近畿の食材弁当。味の決め手の調理酒は、当然、伏見の月桂冠です。(ただぞー)

本年4月に近畿農政局へ転勤となりました。やっと引越しの荷物も片づき、日常の弁当生活に戻りました。妻が、近畿の食材を使って弁当を作ろうとしましたが、国産など産地が近畿でない食材もあります。可能な限り、産地や製造者が近畿の食材にこだわりました。京都市伏見区に住んでおりますので、味の決め手の日本酒の酒蔵は伏見で譲れません。

使用した近畿の食材:お揚げ(京都製造)、こんにゃく(奈良製造)、山椒(和歌山県産)、壬生菜(京都産)、ごぼう(奈良県産)、味噌(京都製造)、日本酒(京都製造)


アサリの炊き込みご飯ボリューム弁当(磯野かおり)

子供と潮干狩りでとったアサリを使って炊き込みご飯弁当を作りました。母親になってあらためて自分の健康な体は母が毎日献立を考えて作ってくれたご飯のおかげだと感謝しております。
息子にも、丈夫な体になってもらうよう食に関する体験活動を行うなどして、健康的で豊かな暮らしを営んでいきたいです。

使用した近畿の食材:アサリ(須磨海岸)、スナップえんどう(兵庫県)、れんこん(姫路)、トマト(淡路島)、にんじん(兵庫県)、白いりごま(京都)、唐辛子(奈良)









贅沢!丸ごとアマゴ弁当(東岡里奈)

京都府左京区にある久多川のアマゴを贅沢に丸ごと一匹使用したお弁当です。こちらのアマゴは中島統計部長から頂きました。
やっぱりアマゴは塩焼きが一番旨い!ご飯が進みます。川魚特有の癖もなく非常に食べやすいです。
コロナ禍でお昼に手作りのお弁当を持参する方が増えてきていると思いますが、たまには手間をかけて普段とは違ったお弁当を作ってみてはいかがでしょうか?
身体にも良いですし、このコロナ禍の自粛期間中でもちょっぴり特別な気分が味わえますよ♪

使用した近畿の食材:アマゴ(京都府)、梅(和歌山県)、レタス(大阪府)








毎日のお弁当で元気確認(ごりさん)

昨年に引き続き、玄米ご飯弁当(青汁付)です。
材料の野菜は近所の農産物直売所で入手しました。
毎朝作るお弁当をSNSで家族に届けて、単身赴任中の自分が元気であることを伝えています。
もちろん、妻や娘からの返信はありますよ・・・

使用した近畿の食材:京都米(玄米)、若狭湾のキスとアジの干物(自家製)、京都の川で釣った鮎の山椒煮(山椒は京都産)、和歌山のうすいえんどう、甘夏、梅干し







おっちゃんの背伸び弁当です
(背伸び弁当パパ)

今回で3回目の京都勤務となりました。前回の京都勤務の時に、食育の日に生涯で初めてお弁当を作ってから弁当作りにはまり、暇な土日に作り置きして持参しています。今回は毎日のお弁当に比べ材料費を張り込み、相当背伸びして自分なりのイメージで作ってみました。
メニューを御紹介しますと、賀茂なすの田楽、にんじんと宇治茶(お茶をいただいたあとの茶殻)のきんぴら、万願寺とうがらしとウインナー炒め、九条ねぎ入りだし巻き卵、ミニトマトと京揚げの煮物、ごはんにちりめん山椒と南高梅の梅干しを添えてみました。
これからも電子レンジの利用や作り置きで、なるべく手をかけずに続けていけたらと思っています。

使用した近畿の食材:賀茂なす、宇治茶、万願寺とうがらし、九条ねぎ、京揚げ、ちりめん山椒(以上京都府)、南高梅の梅干し(和歌山県)





今年は、今のところ、好調な「もよう」!
(syokuiku_taisetsu)

なるべく阪神間の食材にして、子どもと作りました。

使用した近畿の食材:小松菜(尼崎産)、カツ(神戸工場製造)、海苔(兵庫県産)、トマト(奈良県産)、ご飯(滋賀県産)






和歌山県産の食材だけでお弁当完成!
(N.Nマダム)

和歌山の食材だけで美味しいお弁当ができます。
蕎麦は山椒の粉を練りこんだ香椒蕎麦です。
筍は、放置竹林から紀州産メンマを作る活動をしている友人の手伝いで山で竹を伐採することろから始まりました。
山椒とわさびは清水でもらったり買ったりしたものを使用しました。
大葉と枇杷は自宅。勝手に生えてきた枇杷を、今年は豊作でジャムにしました。
新生姜も友人の畑からもらい、オール和歌山産弁当の出来上がりです!!

使用した近畿の食材:米(和歌山県)、わさび菜(有田川町(清水))、ミニトマト(和歌山市)、こんにゃく(有田川町(清水))、大葉(和歌山市)、孟宗筍(和歌山市)ぶどう山椒(有田川町(清水))、わさびみそ(有田川町(清水))、びわ(和歌山市)、新生姜(和歌山市)

 








オムレツ弁当
(tomato)

地元の養鶏場のたまごを使ってオムレツ弁当を作りました。ハム以外は近畿の食材です。

使用した近畿の食材:おにぎり(近江米:滋賀県、梅干:和歌山)、オムレツ(たまご:滋賀県、タマネギ:兵庫県淡路島、マッシュルーム:兵庫県)、トマト:滋賀県、ブロッコリースプラウト:滋賀県、サンチュ:滋賀県

 

「がっつり、満腹」弁当
(今年も高脂血症)

煮豚を久しぶりにつくりました。

使用した近畿の食材:有機米「コウノトリ育むお米」(兵庫県但馬産)、タマネギ(淡路島産)、豚(京都府産)




和歌山県拠点

【団体編】
  和歌山の「お弁当の日」
和歌山県食材食べて応援します!

今年は6月17日を和歌山県拠点の「弁当の日」とし、和歌山の食材を使用したお弁当や果物などを持ち寄りました。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、昨年同様一緒に食べることはできませんでしたが、皆それぞれ和歌山の幸を美味しくいただきました。

使用した近畿の食材:和歌山県の食材を1つ以上使用したお弁当や果物など


#近畿の食材で作ってみた(在宅勤務のお昼ごはん)



在宅だけど、お弁当作ってみた。(383)

久々にお弁当箱を使いました。

使用した近畿の食材:万願寺とうがらし(京都府)、ミディトマト(京都府)、エンドウ豆(京都府)、梅(和歌山県)



麻婆丼ヒーハー!(3832

豆腐と野菜で、バランス◎

使用した近畿の食材:万願寺とうがらし(京都府)、ミディトマト(京都府)、はっさく(和歌山県)






和歌山の食材いっぱい折りたたみキンパ!(和歌山和子

最近、流行りの巻かないキンパを、和歌山県産の食材でネットを見ながら初めて作ってみました。
海苔に、ご飯やお好みの具材を乗せてパタンパタンと折りたたむだけなので、休日にでもご家族でゆっくり楽しみながら作ってみてはいかがでしょうか。

使用した近畿の食材:米(御坊市産)、海苔(和歌山市加太産)
【左】しょうがご飯と、しょうがの甘酢漬けの新しょうが(和歌山市産)鶏肉(紀の国みかんどり)、卵(広川町産)
【真ん中】梅干ご飯の梅干し(和歌山県産)、しらす(有田市産)、青しそ(和歌山市産)
【右】牛肉(熊野牛)、ピーマン(和歌山市産)、ニンジン(和歌山市産)





単身赴任者:在宅勤務定番のお昼です。
(赤城群馬)

20年振りに京都に赴任となりましたが、コロナウイルスの影響で在宅での勤務が続き宿舎でのお昼が増え、単身赴任者でも手軽に作れるお昼として私の定番化した乾麺のそばを作ってみました。
食材は全て近所のイオンモールで調達。乾麺は兵庫県産で乾麺をゆでる際に一緒の鍋で京都府産キャベツもゆでて付け合わせし、そのまま湯がいたそば湯もいただきます。
つゆは兵庫県のヒガシマル醤油でお手軽に用意。薬味の京都府の九条ネギは、購入したら直ぐに刻んでタッパーで冷凍保存したものを使います。(長期保存が出来て便利)
具材は、京都府産の生卵とその日の気分で肉類やめかぶ、お好みで納豆等をトッピングします。
そばと一緒に手軽に野菜も湯がいて作れるお昼として皆さんも如何でしょうか?
使用した近畿の食材
そば(兵庫県産)、そばつゆ(兵庫県)、キャベツ(京都府産)、九条ネギ(京都府産)、生卵(京都府産)



前日の残りで牛丼ランチ
(ゆでたまご)

在宅勤務時の昼食です。前日の夕飯の残りですが、きれいに盛り付けると気分も上がります。これ食べて、あと半日がんばろーっと!!

使用した近畿の食材:近江米(滋賀県)、近江牛(滋賀県)、タマネギ(兵庫県淡路島)、たまご(滋賀県)、リーフレタス(滋賀県)、アメリカササギ(滋賀県)






和歌山食材を中心に揃えました。郷土料理のお弁当っぽい?(38)

在宅ワーク中のお弁当です。夏バテしないよう、食べやすいものにしてみました。

使用した近畿の食材:米(滋賀県)、ねり梅(和歌山県)、さば桜干し(和歌山県)南蛮焼(和歌山県)牛蒡巻(和歌山県)、トマト(和歌山県)







フルーツサンド(38)

「毎日くだもの200g運動」の200グラムには、ほど遠いですが…。たまにはご飯以外のお弁当もいいですね。

使用した近畿の食材:びわ(和歌山県)、甘夏(和歌山県)、清見オレンジ(和歌山県) 





野菜不足解消カレー(ういろう)

野菜不足にならないよう、定期的にカレーで摂取しています。今回は、一足早く夏カレー(^^)/彩りを意識して、万願寺とうがらしは、焼いてからトッピングしました。京都に来て初めて知りましたが、苦みも少なく、調理も簡単なので、今では大好きな野菜です。梅干しは、福神漬けの代わりです!

使用した近畿の食材:たまねぎ(大阪府)、にんじん(京都府)、万願寺とうがらし(京都府)、トマト(京都府)、梅(和歌山県)



蒟蒻芋から作った蒟蒻さしみ抹茶味噌添え(お茶好きさん)

抹茶の綺麗な緑を活かすため、抹茶味噌には白味噌を使用しました。
お口直しに、黒味噌、黄色味噌も添えました。
蒟蒻芋から蒟蒻を作るのは、大変でした。
使用した近畿の食材:蒟蒻芋(奈良県産)、抹茶(京都府産)





残り物で昼ごはん!(さ)

地元の中華麺を使った焼きそばの残り、直売所で買った真竹(煮物)、とうもろこし(ゆでた)、キャベツ(千切り)も前夜の残り。残り物を活用して、茶色っぽいけど短時間で昼ごはん弁当完成です。

使用した近畿の食材:キャベツ、とうもろこし、トマト、真竹(いずれも神戸市産)
卵(兵庫県明石市産)、中華麺(兵庫県製造)





GI(地理的表示)キンパ(巻き簾)

近畿地域のGI登録産品でキンパ(韓国海苔巻き)を作ってみました。

使用した近畿の食材:三輪素麺(奈良)、近江牛(滋賀)、万願寺甘とう(京都)



ご当地(出身地和歌山と居住地京都)感満載のワンプレート(テッチャンっす)

和歌山の郷土料理めはりずしと、梅干し、シラス、みょうが、大葉を混ぜた酢飯のおにぎり、おかずは九条ねぎ、シラス入り卵焼き、金山寺味噌、漬物。
蒸し暑く食欲が落ちるこの時期にさっぱりとした風味で食欲が進む上、ご当地感満載のワンプレートです。
金山寺(経山寺)味噌は、和歌山県日高郡由良町発祥の保存食で、昔から大好きで普段からご飯のお供やお酒の肴に食べている、まさに私のソウルフードです。
現在住んでいる伏見区産の、赤カブと大根の漬物は毎週買って食べるほどで、第2のソウルフードと言っても過言でないほどハマってます。

使用した近畿の食材:シラス、鶏卵、南高梅、金山寺味噌(以上和歌山県産)、漬物、みょうが、レタス、九条ネギ、大葉(以上京都府産)




簡単ちらし寿司で昼ごはん!(ささ)

中途半端に残ったご飯に、合わせ酢やあり合わせの食材を使ってチャチャッとちらし寿司。在宅勤務のお昼ごはんは忙しないけど、家にあるもので簡単に準備して食べるのが楽しみです。冷蔵庫が少し片付くのもうれしい~。

使用した近畿の食材:米、卵(兵庫県産)、朝倉山椒(兵庫県産)・山椒しらす (兵庫県淡路) (ちらし寿司に混ぜ込んでます)、厚揚げ(兵庫県)、生姜の甘酢漬け(京都府)、たくあん(和歌山県)






代打かか殿ということで!(ゆーさん)

私が、作って応募してもよかったのですが、昼食ということで、作成していただけましたのでこちらで対応します。
なすの南蛮漬け、プチトマトの生姜炒め、じゃがいもと豚肉のオイスターソース炒め

使用した近畿の食材:じゃがいも(大阪府寝屋川市産)、ミニトマト(滋賀県産)、なす(大阪府産)






初夏のお昼ご飯(モロヘイヤうどんと副菜)(ひらぱー姉さん)

近所のスーパーで近畿の食材を探しました。近郊の夏野菜を使い、さっぱりした昼ご飯になりました。

使用した近畿の食材:モロヘイヤ・トマト・水菜(京都府産)赤たまねぎ(兵庫県淡路島産)枝豆(大阪府八尾市産)たけのこ水煮(京都府産)京あげ(京都府産)インゲン(大阪府産)




玉子丼でほっと昼ごはん(さささ)

冷蔵庫に卵がたくさんあったので、在宅の昼ごはんは玉子丼です。あり合わせで作っていた味噌汁と大好きな甘酢ショウガで、つかの間ほっとしました。

使用した近畿の食材:米、卵、いんげん・にんじん・にら・ねぎ(味噌汁に入ってってます)(いずれも兵庫県産)、玉ねぎ(兵庫県淡路産)、味のり(兵庫県)、みそ(京都府)、甘酢しょうが(和歌山県)、豆腐(奈良県産)





高校生わかやまマルシェ手作りこんにゃく漬け丼(T.O)

和歌山駅前で農業を学べる高校4校が、自ら生産した野菜などを持ち寄りマルシェを開催(毎週金曜日12:00~13:00 各校持回り)その食材を使って昼ごはんを作ってみました。
青のりの風味が効いたこんにゃく、ほんのり甘い柿生姜ジャムなど食欲をそそるヘルシーな昼食でした。
生徒たちが更に農業に興味を持ち、より多く農業後継者になってくれることを期待しています。

使用した近畿の食材:きゅうり、いんげん、ミニトマト(以上かつらぎ町紀北農芸高校)、柿生姜ジャム(柿:かつらぎ町、生姜:和歌山市)、手作りこんにゃく(国産)(製造者:紀北農芸高校)






オムライスでテレワーク頑張ります(ささ2)

残ったチキンライスで、オムライスにしました。いろいろ野菜のごま和えと、ズッキーニ(キュウリではありません)の浅漬け、私の中ではオムライスの定番、福神漬け。直売所で出会うと必ず買う地元のブルーベリーもヨーグルトにのせて、豪華テレワークランチ・・・・かな

使用した近畿の食材:米、卵、ズッキーニ、キャベツ、にんじん、ニラ、ピーマン、ブルーベリー(いずれも兵庫県産)



#これが私の地元メシ!







おやきで手軽に昼食ストック(十州)

単身赴任にあたり冷凍の信州おやきを持ち込み、在宅勤務の昼食にしています。野沢菜、きのこ、くるみ味噌、などなど。京野菜だっていけるはず、と思いで検索すると、トップヒットは「みず菜のおやき」!
調理道具がなく今は家族に紹介するのみですが、緊急事態宣言が解除されましたら本物の京野菜を持ち帰り、作りたいと思います。

郷土料理の紹介:おやき(長野県)





群馬の駅弁といえば・・・・・?(Tr.Ben)

群馬の駅弁というと、“横川の峠ノ釜めし““高崎のダルマ弁当“が有名ですが、県民の間では、甘タレが絶妙な“登利平の鳥めし弁当“も人気。健康を気にして、ご飯は滋賀県産玄米で、千切りキャベツ(嬬恋村産ではありませんが、揚げ玉と干アミエビをのせて醤油で食べました)を添えました。
茹でた鶏むね肉を薄いそぎ切りにして、甘タレ(昆布、みりん、酒、砂糖、鶏の煮汁で軽く煮詰めたもの)に5分程度つけ、きざみ海苔を敷いたご飯にこれを隙間なく並べ、タレを回しかけるだけ、簡単です。

郷土料理の紹介:登利平の鳥めし弁当(群馬県)






味噌は赤でしょ!(3833)

(朝ごはんみたいですが、お昼ごはんです)
赤味噌で育ちました。
だしを濃いめにして味噌を控えめにすれば、辛くないわよ。

郷土料理の紹介:東海人のソウルスープ、赤だしのお味噌汁。






miso(ういろう)

味噌煮込みうどんを一から作るのは私のスキルでは難しいですが、某ラーメン屋さんのインスタント商品のおかげで簡単です。ちなみに、名古屋人は「うみゃ~」とは言いません、、

郷土料理の紹介:味噌煮込みうどん





郷土料理でお弁当!2021(K.T)

昨年に引き続き、私の出身地の名物「めはりずし」を作ってみました。今年も容易に手に入れることができる食材を使用してみる!っということで、近くのスーパーに出向き、おかずになるものをいろいろ考えながら昨年よりも少しだけ多く、和歌山県産を使うことができました。
「めはりずし」を久しぶりに作って食べましたが何度食べてもおいしいですね。調理はすごく簡単なので、皆様もお試しあれ!

郷土料理の紹介:めはりずし(和歌山県紀南地方)





釣り人が作る、鮎の肉寿司!(鮎釣りダルマ)

私の出身地の鮎料理を作ってみました。
川で釣った新鮮な鮎を開き、骨を取り、鱗を落とし、身の内側に梅肉、味噌を塗り、白飯にのせて完成。
昔は、釣った鮎をすぐ、河原で料理して作ったとか?
各家庭で、開いた鮎を梅酢で洗うとか、味噌は使わないとか、梅肉たっぷりとか、いろいろアレンジがあるようです。
鮎釣り解禁当初の鮎は、皮も柔らかくて食べやすいし、和歌山特産の梅の酸味との取り合わせが良い感じです。

郷土料理の紹介:鮎の肉寿司(和歌山県古座川町)





魚ばっかりですが。(38)

実家に帰ると食べたくなる味です。

郷土料理の紹介:さんま寿司、さばの棒寿司、すまかつおの生節(和歌山県)






これで満足です!(コメ人間)

地元の美味しいコシヒカリがあれば、特におかずは必要ありません。(お昼に限る)

地元食材:米(鳥取県産)





さつま弁当(薩摩隼人)

単身赴任中で、普段の食事はスーパーやコンビニの総菜などで済ましていますが、今回は、たまに送ってくる鹿児島の郷土料理なるものを弁当箱に詰めてみました。やっぱり幼い頃から食べているものは美味しいし懐かしさも込み上げて来ますね。
また、弁当もですが、鹿児島と言えば「いも焼酎」です。がねやさつまあげ、トンコツなどはいも焼酎の肴にお勧めですが飲み過ぎにはご注意を

郷土料理の紹介
〇がね:さつまいもとその他野菜などを使い油で揚げたもの。揚げた姿が「かに(鹿児島弁で「がね」)」に似ていることからこのように呼ばれています。
〇さつまあげ:魚肉のすり身を成型し油で揚げたもの。一緒に野菜やイカなどを混ぜて揚げたものもあります。
〇焼き魚(トビウオ):身は淡泊であり、小骨が多く食べるのがちょっと大変です。
きのこの炊き込みごはん

お問合せ先

消費・安全部消費生活課
担当者:食育担当
ダイヤルイン:075-414-9771
FAX:075-417-2149

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader