このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

地域資源などの素材を活かした「斑鳩(いかるが)ブランド」~斑鳩の自慢の産品を認定~


斑鳩町では、2018年度に斑鳩町商工会が主体となり町と連携し、2021年の聖徳太子1400年御遠忌(ごおんき)に向けて斑鳩町の特産品をPRしようと「斑鳩ブランド」を創設しました。町内で栽培する農作物(シャインマスカットや黒米)や地域資源を活かして作られた食品及び工芸品など、21産品(2019年度版)が認定されています。


斑鳩町では、法隆寺門前に「まちあるき拠点施設」となる農産物を販売するマルシェを併設した宿泊施設が2020年12月にオープン予定です。観光との連携で、ますます魅力的な町づくりが進むものと思われます。


斑鳩町商工会の上村事務局長は「自慢の産品である斑鳩ブランドを多くの方に知っていただき、斑鳩町に足を運んでもらいたい」と抱負を語られました。

  (取材・撮影:令和元年6月、8月)



ikaruga-brand01

   「斑鳩ブランド認定証」
     法隆寺(五重塔)をイメージした認定証でPR




斑鳩ブランド2019認定品
「三井(みい)ぶどう  シャインマスカット」

斑鳩町三井(みい)地域で栽培されています



ikaruga-brand02

  

斑鳩ブランド2019認定品
「斑鳩の米飴」
(いかるがのこめあめ)

斑鳩産うるち米を使っています



ikaruga-brand03

    斑鳩ブランド2019認定品
   「斑鳩の古代米  黒米」


斑鳩町産  黒米
白米に混ぜて炊くと
鮮やかな赤紫色のご飯になります


ikaruga-brand04

  

斑鳩ブランド2019認定品
「本醸造JAS特選
にっぽん丸大豆しょうゆ」

斑鳩の里に生息する麹・酵母菌と
国産大豆・小麦を使って醸造しています


ikaruga-brand05

  

斑鳩ブランド2019認定品
「注染  法隆寺てぬぐい」

斑鳩町内の注染(ちゅうせん)工房にて染め上げたてぬぐいは
法隆寺や奈良ゆかりのデザインです


ikaruga-brand06

   「ikarucoki(イカルコキー)まほろばステーション」内の

    奈良・斑鳩産の土産物ショップで販売されています

ikaruga-brand07

   斑鳩町商工会の

   「FIVE PAGODA(ファイブ・パゴダ)」コーナー
  
   でも販売されています

iakruga-brand08

   水田に映える世界遺産

  「法起寺(ほうきじ)」

   (6月中旬 撮影)


【斑鳩ブランド】
「斑鳩ブランド」は、斑鳩町内在住または町内に事業所をもつ個人・法人・団体が考案した斑鳩や奈良県の資源を活かした産品(農作物・食品・グッズ・書籍・サービスなど)の中から、斑鳩ブランド創造協議会が選出・認定したもの。


【斑鳩ブランド認定品(2019年度版:21産品)】
三井ぶどうシャインマスカット、斑鳩の古代米黒米、菜の花油、自然食品奈良漬、いかるがの米飴、全粒粉入り素麺ベル・ブラン、斑鳩名物竜田揚げ漬け込みだれ、本醸造JAS特選にっぽん丸大豆しょうゆ、手焼き職人の大和麩(ふ)、竹炭麩(ふ)、パスタでポン、サクットパスタ、キャラメルポップコーン、らほつ饅頭、竜田饅頭、いかるが三昧、注染法隆寺てぬぐい、冠位十二階瓦コースター、和紡化粧おとし、クラシック斑鳩ラベンダー商品、斑鳩名物竜田揚げの食べ歩きの仕組み


【お問合せ先】
斑鳩ブランド創造協議会
奈良県生駒郡斑鳩町龍田南1丁目3-49(斑鳩町商工会内)
TEL: 0745-74-2500  FAX:0745-74-1499


お問合せ先

   奈良県拠点
      電話:0742-32-1870
      FAX:0742-36-2985