このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

御所(ごせ)市の大和芋を使用した御所(ごせ)芋焼酎「みかけによらず」の製造


大和芋(やまといも)は、県が認定する「大和の伝統野菜」の1つで、江戸時代以前から御所市で栽培されてきました。花崗岩を含む砂地が多い市内の土壌は、湿気を嫌う大和芋の栽培に適しています。

定植は4月下旬から行われ、11月上旬に収穫を行い、主にJAならけんへ出荷し、百貨店等で贈答用として販売されていますが、農家の高齢化等で年々作付面積が減少しています。

御所市、JAならけん等で作る御所市6次産業化・地産地消推進協議会では、作付けが減少した大和芋を後世に残す取組として、大和芋部会が生産する大和芋を使用し、芋焼酎「みかけによらず」の名称で製造販売しています。


(取材・撮影:令和元年11月)



yamatoimo01

   緑の葉が生い茂る大和芋の圃場

   (令和元年7月)


yamatoimo02

   つるが茶色く枯れてくると

   いよいよ収穫の時期になります


yamatoimo03

   圃場での大和芋収穫の様子

   写真は、大和芋部会部会長 辻井 義治氏

yamatoimo06

   大和芋は

   ごつごつした黒いボールのような風貌で

   食べると粘り強く

   滋養強壮によく栄養が豊富です

   (画像提供:御所市役所)

yamatoimo04

   

   形の不揃いなものを

   焼酎の原材料として使用

yamatoimo05

   御所市6次産業化・地産地消推進協議会は

   「ごつごつした色の黒い大和芋から製造されたとは思えない

   鮮やかな外観とキレのあるすっきりとした味に仕上がっている。

   今年の販売は奈良県御所市内のみとなっている」

   とのこと


「大和の伝統野菜」
   戦前から奈良県内で生産が確認されている品目で、地域の歴史・文化を受け継いだ独特の栽培方法等により、「味・香り・形態・来歴」などに特徴を持つものを奈良県が「大和の伝統野菜」として認定しています。

  奈良県ホームページ「大和野菜」
       http://www.pref.nara.jp/dd.aspx?menuid=2767


【お問合せ先】
御所市6次産業化・地産地消推進協議会  事務局
   奈良県御所市1-3(御所市役所農林商工課内)
      TEL:(代表)0745-62-3001   FAX:0745-62-5425

お問合せ先

   奈良県拠点
      電話:0742-32-1870
      FAX:0742-36-2985