このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

「わかやま農業高校マルシェ」が4校合同で開催されました

令和3年11月5日(金曜日)、JR和歌山駅西口で「わかやま農業高校マルシェ」が開催されました。「わかやま農業高校マルシェ」は、「わかやま農業教育一貫プロジェクト※」の取組の1つで、県内4つの農業を学べる県立高校(紀北農芸高校、有田中央高校、南部高校、熊野高校)の生徒たちが、実習で栽培した農産物やそれらを加工した商品を販売しています。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、開催を中断していた時期もありましたが、5月下旬からほぼ毎週、各校が交替しながら販売を続けてきました。4校が揃うのは、今回が2度目になります。


紀北農芸高校

紀北農芸高校では、シクラメンや柿のほか、フェイジョアという珍しい果物を販売







柿の紹介文には栽培した生徒の名前も書かれています


南部高校

南部高校では、生の落花生や「フルーツこがね」という品種のさつま芋を販売


紫蘇ジャムもあります


有田中央高校

有田中央高校は、様々な品種のさつま芋を販売


みかんもたくさん用意しました






熊野高校

熊野高校では昔ながらの白干し梅を販売


生徒がもみから育てたお米もあります


販売開始とともに多くのお客さんで賑わいました


前列には可愛らしいお客さんも並んでいます

笑顔でお客さんをお迎えします


美味しいみかんの選び方も教えてくれます


お勧めの商品を持ってみんなで記念撮影

<高校入学生募集のお知らせ>
紀北農芸高校(生産流通科・施設園芸科)と南部高校(食と農園科 園芸コース・加工流通コース)では令和4年度の入学生を全国から広く募集しています。
地域の特産品である柿、桃、梅の栽培を中心に、実習や実験も行われ、豊富な経験や体験ができます。農業に興味のある全国の中学生の皆さんにオンライン説明会も準備されています。開催日時等詳しい内容は、和歌山県教育委員会のホームページをご覧ください。
(和歌山県教育委員会)農業科特別選抜【全国募集・県内募集】オンライン説明会
https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/500100/d00000000m_d/fil/nov_online.pdf(現在は終了しています)


紀北農芸高校や南部高校の活動内容については各校のホームページをご覧ください。

紀北農芸高校ホームページ
https://www.kihokunougei-ah.wakayama-c.ed.jp/index.html

紀北農芸高校インスタグラム

https://www.instagram.com/explore/locations/1029872986/japan/ito-gun-wakayama-japan/

南部高校ホームページ
https://www.minabe-h.wakayama-c.ed.jp/


(※)「わかやま農業教育一貫プロジェクト」とは、農業系高校(紀北農芸高校、有田中央高校、南部高校、熊野高校)から和歌山県農林大学校への5年間一貫教育を可能とすることで、果樹やスマート農業、6次産業化の高度な知識・技能を習得した地域を支える人材の育成を図ることを目的としたプロジェクト

お問合せ先

近畿農政局和歌山県拠点

ダイヤルイン:073-436-3831
FAX番号:073-436-0914