このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

 


                   
                          笹田正三さん


                    
                          作業中です。


                    
                白菜畑(右3列は結束しています)

今が旬!お鍋には白菜が欠かせません!
~定年後に楽しく健康に良い農業はじめました!~
(和歌山市  笹田 正三さん)

JAわかやま キャベツ・白菜連絡協議会副会長 笹田正三さんにお話を伺ってきました。

<農業経営の概要>

水田60a。水稲の後作で、白菜60a、キャベツ50aを作付けしています。本格的に農業をはじめたのは、8年前に郵便局を定年退職してからです。夫婦ふたりで農作業に励んでいます。



<課題>

今年は台風の影響などで雨が多く、水の管理がとても大変です。圃場に水が溜まった時は、ポンプでくみ上げたりしています。
地域の課題は、高齢化による担い手不足でしょうか。なので私は、定年退職をした人達にも就農を勧めています。健康にいいし、収入も得ることができる。そんな魅力をみんなに伝えて、地域を盛り上げていきたいと思っています。



<将来に向けて>

個人的には、健康で楽しく農業をしたいと思っています。結束白菜も今年はじめてチャレンジしました。まだまだ、勉強中です。
協議会副会長としては、産地としての品質の向上と安定した供給を目指していきたいと思っています。
(JAわかやま キャベツ・白菜連絡協議会 白菜230名 70㏊ キャベツ400名 120㏊)

 

結束白菜とは
霜や寒さで傷みやすい白菜の防寒対策として結球頭部をひもで縛ることをいいます。 

お問合せ先

近畿農政局和歌山県拠点
〒640-8143 和歌山市二番丁3 和歌山地方合同庁舎5階
電話:073-436-3831
Fax :073-436-0914