このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

 

収穫中の竹中さん


品質向上のための枝つり栽培


 ハウス全貌

 

ハウスみかんで経営好調!
(有田郡広川町  竹中 秀明さん)

農業経営の概要

高校を卒業後、一般企業で11年間勤務しましたが、父親の入院を契機に、30年前に親元就農しました。
現在、約280aの農園で温州みかん200a、ハウスみかん20a、中晩柑(デコポン、清見、セミノール)60aを妻、母、長男の4人で栽培しています。

我が家のハウスみかんの収穫は、4月下旬から6月中旬まで続き、販売先はJAが中心です。(JAでは、各農家がリレー出荷し、9月初旬まで続きます。)
ハウスみかんの価格は、近年高値で推移しており、燃料(重油)も以前に比べ安値で推移していることから、経営状況は好調です。この価格を維持するために丁寧な栽培に心がけ、品質向上に努めていきたい。

 

  

課題

鳥獣害対策が大きな課題です。イノシシ、サル等の被害は電柵を設置したことで少なくなりましたが、近年、カラスの被害が深刻になっています。

 

  

将来に向けて

家族4人の現在の経営は安定していますが、採算面を考慮すると清見の改植が必要ではないかと考えています。清見に変わる品種として、何が適しているか模索中です。
 

 

 

お問合せ先

近畿農政局和歌山県拠点
〒640-8143 和歌山市二番丁2 和歌山地方合同庁舎
電話:073-436-3831
Fax :073-436-0914