このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

令和2年度 農福連携技術支援者育成研修の受講者を募集します

概  要

   農福連携とは、障害者等が農業分野で活躍することを通じ、自信や生きがいを持って社会参画を実現していく取組です。
   政府は、平成31年4月、農福連携の全国的な機運醸成を図り、今後強力に推進するため、内閣官房長官を議長とした省庁横断の「農福連携等推進会議」を設置し、令和元年6月には、今後の取組の方向性を「農福連携等推進ビジョン」として決定したところです。
   農福連携等推進ビジョンにおいては、「農業版ジョブコーチの仕組みを全国共通の枠組みとして構築し、専門人材を育成することで、農業分野における障害者の作業環境の確保を促進する」こととしています。
   このことを受け、農林水産省は、令和2年度から、農林水産研修所つくば館水戸ほ場において、農業者・就労系障害福祉サービス事業所の職業指導員・障害者本人の三者に対して、農福連携を現場で実践する手法を具体的にアドバイスする専門人材を育成するため、「農福連携技術支援者育成研修」(いわゆる「農業版ジョブコーチ育成研修」)を実施します。
 
 
 
詳細については、以下をご覧ください。

※なお、本研修を申し込む際には、以下の点にご留意下さい。
   1.定員が20名であり、全員が受講できるとは限りません。
   2.農水省認定の1期生ですが、国家資格ではありません。
   3.修了試験を含む全部のコマを受講する必要があります(1コマでも欠いたら、原則として修了認定できません)。

お問合せ先

農村振興部 農村計画課

担当者:松岡、持留
代表:096-211-9111(内線4611)
ダイヤルイン:096-300-6413
FAX番号:096-211-9812