このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

ノウフク・アワード 2021 募集開始

農林水産省は、農福連携に取り組んでいる優れた事例をノウフク・アワードとして表彰し、全国への情報発信を通じて他地域への横展開を図るため、「ノウフク・アワード2021」を募集します。

募集対象

   地域において、農業(林業や水産業も含む)と多様な人の連携を推進し、地域活性化への貢献や、新たな価値の創出をしている団体・企業・事業所、個人などが対象です。
 
  ◆対象となる取組み例
   ・農業者が障害者等、多様性のある人を雇用して農業を行う取り組み   
   ・福祉事業所等が農業を行い、生産物を使って加工食品の製造を行うなどの取り組み   
   ・農業者と福祉事業所等が請負契約を締結し、障害者等が施設外就労で農作業を行う取り組み   
   ・地域内で連携し、農産物等を仕入れて多様性のある人が加工食品の製造を行う取り組み
   ・特例子会社が農業を行う取り組み   
   ・NPO法人などが農福連携等のマッチングをする取り組み
   ・地方公共団体等が支援して農福連携を農福連携を行っている取り組み
   ・組合や各種任意団体等が農福連携を行っている取り組み
   ・地域農業に貢献する多様な人材を育成する技術研修等の取り組み
   ・農業者等に向けて障害者雇用についての理解と知識を伝え、また就農定着に向けた支援などを行う人材育成等の取り組み
   ・ノウフクの価値を発信する普及啓発等の取り組み
   ・上記に限らず幅広く、まちおこし、コミュニティづくり、イベントなど多様なアイデア、手法、人材を用いてノウフクを推進する取り組み

選定及び表彰

グランプリ
優秀賞に選定された団体等、及びノウフク・アワード2020において優秀賞を受賞し、今回のアワードにおいても応募があった団体等の中から1点選定。
審査員特別賞
優秀賞に選定された団体等から、審査基準(「人を耕す」、「地域を耕す」及び「未来を耕す」の視点による基準)それぞれの領域において優れた取組を行っているものを1点ずつ選定する。これに加えて、特定の分野において秀でた取組を行っているもの数点を選定。
優秀賞
取組主体別に「人を耕す」「地域を耕す」及び「未来を耕す」といった視点から審査を行い、総合的に優れた取組を行っている団体等十数点程度選定。(ただし、ノウフク・アワード2020において優秀賞に選定された団体等は、選考の対象にはしない)
フレッシュ賞、チャレンジ賞
優秀賞に達しないものの中から、フレッシュ賞(新たに取組を開始してから5年以内の団体等)として、数点を選定するほか、チャレンジ賞(高齢者や生活困窮者等との連携や、水福、林福、地域の伝統産業との連携など、新たなノウフクに取り組んでいる団体等)として、数点を選定。

 
◆表彰式 
表彰式は、優秀賞に選定された団体等を招いて、令和4年2月頃、東京都内の会場で開催します。
表彰式と併せて、受賞者と関係者との間での情報交換会(交流会)、シンポジウム等の実施を検討しています。

応募方法等

 1. 募集期間
   令和3年9月16日(木曜日)~令和3年11月12日(金曜日)

 2. 応募方法
   以下の「ノウフク・アワード2021募集サイト」から応募用紙をダウンロードし、応募用紙に必要事項を記入の上、募集期間中に、農福連携等応援コンソーシアム事務局(一般社団法人日本基金)宛に郵送(当日消印有効)にて提出するか、又は当該サイト内の「エントリー」から応募事項を直接入力して、ご応募ください。(自薦・他薦は問いません)
 3. 応募に関する問合せ先
   農福連携等応援コンソーシアム事務局(一般社団法人日本基金)
   〒101-0021東京都千代田区外神田2-1-4大京ビル松住町別館401号
   メールアドレス:noufukuaward@nipponkikin.com
   電話:03-5295-0070(問合せ時間:平日10:00~17:00)

※農福連携等応援コンソーシアムについて
https://www.maff.go.jp/j/nousin/kouryu/kourei.html

 
 4. 参   考 
    ◆ ノウフク・アワード2021募集ポスター (PDF : 2,291KB)

お問合せ先

農村振興部 農村計画課

担当者:松岡、渡邊、池端
代表:096-211-9111(内線4611、4624、4627)
ダイヤルイン:096-300-6413
FAX番号:096-211-9812