このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

アグリ・インフォ九州 第249号

地域と九州農政局のホッとライン
====================================

アグリ・インフォ九州 ◇

====================================
令和4年1月14日発行Vol. 249
発行:農林水産省 九州農政局

《 今月の話題 》

☆コラム・こらむ☆


『 2022年の抱負~社会人1年目の振り返りを添えて~ 』

九州農政局 農村振興部 用地課 用地係    石川  大(いしかわ  だい)

☆1☆ とぴっくす



★九州の動き

1.「令和3年度果樹産地生産性向上セミナー」の開催について
2. サイバーセキュリティセミナー in kumamoto Agriculture ~鳥獣害とサイバー攻撃はどちらが怖いか(もしくは防げるか)~
3. JAS登録試験業者第1号誕生!
4. スマート農業サミットon the WEB(水田作)(スマート農業推進フォーラム2021in九州)の開催について
5. スマート農業現地サミット(阿蘇)(スマート農業推進フォーラム2021in九州)の開催について
6. 令和4年度農山漁村振興交付金(農泊推進対策)個別相談窓口の開設について

★全国の動き

1.「スマート農業産地形成実証」公募開始!
2. 見本市ジャパンパビリオン出品者募集・募集期間延長のご案内
3. 2021年農業技術10大ニュースの選定について
4. 令和4年度農林水産予算概算決定の概要について
5. 6次産業化や地産地消等の優れた取組を表彰
6. 第9回「食品産業もったいない大賞」」の受賞者決定!
7.「第6回ジビエ料理コンテスト」の結果について
8. RCEPを含むEPAを上手に利用して、日本産農林水産物・食品を有利な条件で輸出してみませんか
9. 令和4年度「みどりの食料システム戦略実現技術開発・実証事業のうち農林水産研究の推進(委託プロジェクト研究)」の公募及び公募説明会の開催について
10. 酒類事業者対象オンライン商談会(国税庁受託事業)のご案内
11. 令和4年度税制改正の大綱における農林水産関係事項について

★コロナウイルス感染症対策情報

新型コロナウイルス感染症に関する対策やお願いについて

★気象災害に関する情報

令和3年7月1日からの大雨による農林水産関係被害への支援対策について

★補助事業参加者の公募情報

農林水産省では、補助事業参加者を募集しています。

★お知らせ

1. サツマイモ基腐病のまん延を防ぐために~防除対策リーフレットをご活用ください~
2.「農薬の適正使用のお願い」について
3. 米に関するマンスリーレポートについて
4. SNS発信プロジェクト「BUZZ MAFF(ばずまふ)」の発信について
5. 高校生世代の皆さんが制作した“水“に関連する動画を公開中!-ユース水フォーラム・九州-

☆2☆ 情報定期便


1. 野菜の入荷量と卸売価格の見通し(令和4年1月)について
2. 統計新着情報のご案内
3. 九州農政局「消費者の部屋」からのお知らせ
4. 食育イベント情報(令和4年1月以降)について
5. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」について


====================================

◇◇◇◇◇◇ ☆コラム・こらむ☆ ◇◇◇◇◇◇


『 2022年の抱負~社会人1年目の振り返りを添えて~ 』

九州農政局 農村振興部 用地課 用地係 石川 大(いしかわ だい)

  新年明けましておめでとうございます。
今年は寅年ですね。突然ですが皆さん好きな球団はありますか?僕は生まれたときから阪神ファンです。阪神の正式名称は「阪神タイガース」、その名のとおり虎をシンボルにしたチームです。つまり何が言いたいかというと阪神ファンの僕は2022年の「年男」になります。(※ほんとは丑年です)
少し勢いに任せた挨拶になりましたが気にしません。2022年は虎のような勢いで駆け抜ける1年にします!今年は社会人2年目になるので、異動があったり後輩ができたりと大きく環境が変わると思いますが、初心は忘れず、日々トラ(虎)イ&エラーの精神で、着実に1歩1歩成長していきたいと思います。
  さて、新年の抱負を語ったところですがまだまだ書くスペースが余っているのでここで社会人生活1年目を振り返ってみようと思います。昨年は記念すべき社会人デビューの年でしたが、やはりコロナに振り回されたなと感じる1年でした。入省してまもなくテレワークや在宅勤務が始まったことでなかなか職場の雰囲気をつかめなかったり、休日も外出できなかったりと人と関わるのが難しかったなと思います。予定していた研修や出張が軒並み中止になり、本来なら全国にいる同期とも会えるはずだった機会もなくなってしまったので、今年こそはWEB会議など画面越しではなく、対面で会える機会があればいいなと思います。
  ここまで振り返ってみて、1年目の生活は様々な制限がある中でできる限りの経験は積めたと思います。2年目となる今年も新型コロナは変異株も含めまだまだ油断が出来ない状況で、今後の生活に再び制限がかかる可能性もありますが、仕事もプライベートも節度あるポジティブ思考で色んなことに挑戦していきたいです。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

====================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

☆1☆ とぴっくす

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

―――――――――――――――――――

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
★九州の動き
-------------------------------------------------------------
1.「令和3年度果樹産地生産性向上セミナー」の開催について
-------------------------------------------------------------
  九州農政局では、令和4年2月10日(木曜日)に熊本市において、「令和3年度果樹産地生産性向上セミナー」を開催します。

    詳しくは、九州農政局ホームページをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/kyusyu/press/tokusan/220105.html
  (担当)生産部園芸特産課

-------------------------------------------------------------
2.サイバーセキュリティセミナー in kumamoto Agriculture
鳥獣害とサイバー攻撃はどちらが怖いか(もしくは防げるか)
【主催】経済産業省九州経済産業局
-------------------------------------------------------------
  経済産業省九州経済産業局による農業関連分野のサイバーセキュリティセミナーがオンラインで開催されます。

【日時】令和4年1月28日(金曜日)14時00分~16時15分

【開催方法】オンライン開催(Teams)

【定員】先着200名

【参加費】無料

    セミナーの詳細及び申込方法はこちらをご覧ください。
https://www.sonet.ne.jp/secunity/KumamotoAgriculture/

-------------------------------------------------------------
3. JAS登録試験業者第1号誕生!
-------------------------------------------------------------
~JASマークが付いた試験証明書により示された成分値の信頼性が向上します~

   農林水産省は海外取引の円滑化、日本産品の輸出拡大のため、平成29年JAS法改正において試験業者の登録制度を創設しました。
今般、創設以降初めてとなる登録試験業者に宮崎県経済農業協同組合連合会を登録しましたのでお知らせします。
今後、宮崎県経済農業協同組合連合会は、発行するにんじんジュース及びにんじんミックスジュースの総カロテン量の試験報告書にJASマークを付けられるようになります。

    詳しくは、農林水産省ホームページをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/shokuhin/ninsyo/211228.html
    新事業・食品産業部食品製造課基準認証室

-------------------------------------------------------------
4. スマート農業サミットon the WEB(水田作)(スマート農業推進フォーラム2021in九州)の開催について
-------------------------------------------------------------
  九州農政局では、令和4年2月9日(水曜日)に水田作の成果報告会として「スマート農業サミットon the WEB(水田作)(スマート農業推進フォーラム2021in九州)を開催します。

    詳しくは、九州農政局ホームページをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/kyusyu/press/kankyo/220114.html
  (担当)生産部生産技術環境課

-------------------------------------------------------------
5. スマート農業現地サミット(阿蘇)(スマート農業推進フォーラム2021in九州)の開催について
-------------------------------------------------------------
  九州農政局では、令和4年2月4日(金曜日)に施設園芸の成果報告会及びマッチング(展示相談会)として「スマート農業現地サミット(阿蘇)」(スマート農業推進フォーラム2021in九州)を開催します。

    詳しくは、九州農政局ホームページをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/kyusyu/press/kankyo/220114_24.html
  (担当)生産部生産技術環境課

-------------------------------------------------------------
6. 令和4年度農山漁村振興交付金(農泊推進対策)個別相談窓口の開設について
-------------------------------------------------------------
  九州農政局では、令和4年度農山漁村振興交付金(農泊推進対策)に関心のある事業者等を対象に個別相談を行っています。

    詳しくは、九州農政局ホームページをご覧ください。
https://www.contactus.maff.go.jp/j/kyusyu/form/R4_nohaku_kobetu_sodan.html
  (担当)農村振興部農村計画課


★全国の動き
-------------------------------------------------------------
1. 「スマート農業産地形成実証」公募開始!
-------------------------------------------------------------
  「スマート農業実証プロジェクト」は、ロボット、AI、IoTなどのスマート農業技術を実際に生産現場に導入し、農業経営への効果等を明らかにする実証事業です。
この度、令和3年度補正予算による「スマート農業産地形成実証」につきまして、4日12時(正午)に事業実施主体である農研機構において、実証地区の公募を開始しました。
(公募〆切は、2月7日12時(正午))

    農研機構HP
https://www.naro.go.jp/project/research_activities/laboratory/naro/145371.html

    農林水産技術会議HP
https://www.affrc.maff.go.jp/docs/smart_agri_pro/kobo/r4/index.htm

  今回の公募では、作業集約(※1)又はシェアリング(※2)によりスマート農業技術の効率的な活用に産地ぐるみで取り組む実証を公募いたします。
1 中核農家がスマート農機を保有するとともに、中小農家からの作業集積を行う取組や、集落営農組織が土地集積も含め、スマート農機、オペレータ、土地利用を産地単位で一元化する取 組等
2 産地に密着した組織がスマート農機を保有し、農業者とともに営農計画からシェアリング計画を作成することで最適な利用調整を行う取組や、生育予測と組み合わせることで収穫機等の 利用時期が限定的なスマート農機でも最小限の台数で運用する取組等

(注)生産現場のスマート化を加速するために必要な農業技術の開発・改良または輸出拡大のための新技術開発にかかる提案公募型事業(「戦略的スマート農業技術等の開発・改良」(令和3年度補正予算))は、生物系特定産業技術研究支援センターから1月中旬より別途公募いたします。また、令和4年度当初予算による「スマート農業産地モデル実証(ローカル5G)」、「ペレット堆肥活用促進のための技術開発・実証」の公募開始日については、農研機構のウェブサイトで随時お知らせいたしますので、ご確認をお願いいたします。

お問い合わせ先
<農林水産省>農林水産技術会議事務局研究推進課
TEL:03-3502-7437E-mail:smart_agri@maff.go.jp
<農研機構>スマート農業実証事業推進室
E-mail:R4-Teishutsu@naro.affrc.go.jp

-------------------------------------------------------------
2. 見本市ジャパンパビリオン出品者募集・募集期間延長のご案内
-------------------------------------------------------------
【Summer Fancy Food Show (SFFS)(米国・ニューヨーク)ジャパンパビリオン】
米国・ニューヨークにおいて開催される「Summer Fancy Food Show 2022」は、米国東海岸最大級の高級食品見本市で、情報の発信都市ニューヨークで開催されることもあり知名度も高く、北米市場での販路開拓を目指す方にお勧めの見本市です。

概要
会期:2022年6月12日(日曜日)~14日(火曜日)
会場:The Jacob K. Javits Convention Center
主催者:Specialty Food Association
出品料:一般料金:1小間 42万円
            補助あり料金(中小企業等料金):1小間 21万円
有望商品:オーガニック食品/グルテンフリー食品/ビーガン向け食品/非遺伝子組換え食品/調味料・ドレッシング・ソース類/菓子類/麺類/茶/その他加工品(ゆず製品等)
              当該商品以外のご出品も可能です。
              制度上、米国へ輸入可能なものに限ります。
募集対象:日本・米国間の渡航規制に関わらず、準備日及び会期の全日程で会場の自社ブースに常駐できる企業(米国に現地法人、代理店又は代理人等を有している企業等)に限ります。

    ■お申込み方法等、詳細は以下よりご確認ください。
https://www.jetro.go.jp/events/afb/0b0d18755a649f8f.html
   ■募集締切:2022年1月24日(月曜日) 23時59分

※本事業は農林水産省補助事業として実施します。

お問合せ先:
ジェトロ農林水産・食品事業推進課 (担当:河浦、石黒)
E-mail:afb-sffs@jetro.go.jp
Tel:03-3582-5546

【Seafood Expo Global 2022(スペイン・バルセロナ)ジャパンパビリオン募集期間延長】
スペイン・バルセロナで開催される「Seafood Expo Global 2022」は、世界三大水産見本市の一つとされ、欧州最大の水産専門見本市で、欧州市場への販路開拓を目指す我が国企業等にとって効果的な見本市です。

概要
会期:2022年4月26日(火曜日)~28日(木曜日)
会場:Fira de Barcelona
主催者:Diversified Communications
出品料:一般料金:1小間 53万円
           補助あり料金(中小企業等料金):1小間 26万5千円
有望商品:
      ハマチ(ブリ)、ホタテ、マグロ類、サバ
      寿司用商材として使える水産物・水産加工品
      中食・内食向け商品(調理の簡単な商品、缶詰や冷凍品等)
      持続可能性に強みのある商品(水産エコラベル取得済み商品)
      GFSI 認証取得済み商品
      制度上、欧州へ輸入可能なものに限ります。

募集対象:日本・スペイン間の渡航規制に関わらず、準備日及び会期の全日程で会場の自社ブースに常駐できる企 業(欧州に現地法人、代理店又は代理人等を有している企業等)に限ります。

    ■お申込み方法等、詳細は以下よりご確認ください。
https://www.jetro.go.jp/events/afb/6b9aa7bf0fe2c8ac.html
    ■募集締切:2022年1月17日(月曜日) 23時59分

本事業は農林水産省補助事業として実施します。

お問合せ先:
ジェトロ農林水産・食品事業推進課 (担当:河浦、石黒)
E-mail:afb-seg@jetro.go.jp
Tel:03-3582-5546

-------------------------------------------------------------
3. 2021年農業技術10大ニュースの選定について
-------------------------------------------------------------
  2021年の1年間に新聞記事となった民間企業、大学、公立試験研究機関及び国立研究開発法人の農林水産研究成果のうち、内容に優れるとともに社会的関心が高いと考えられる成果10課題を農業技術クラブ(農業関係専門紙・誌など29社加盟)の加盟会員による投票を得て選定しました。

    詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/211223.html
   農林水産技術会議事務局研究企画課

-------------------------------------------------------------
4. 令和4年度農林水産予算概算決定の概要について
-------------------------------------------------------------
  令和4年度農林水産予算概算決定の概要が取りまとまりましたのでお知らせいたします。

    詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/budget/r4kettei.html
   大臣官房予算課

-------------------------------------------------------------
5. 6次産業化や地産地消等の優れた取組を表彰
-------------------------------------------------------------
  農林水産省は、6次産業化推進協議会及び全国地産地消推進協議会とともに、「令和3年度6次産業化アワード」及び「令和3年度地産地消等優良活動表彰」の各賞の受賞者を決定しましたのでお知らせいたします。また、表彰式は令和4年1月21日(金曜日)にリモート形式で開催します。

    詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/shokuhin/seisaku/211215_4.html
    大臣官房新事業・食品産業部 企画グループ

-------------------------------------------------------------
6. 第9回「食品産業もったいない大賞」の受賞者決定!
-------------------------------------------------------------
~フードバンク等の取組で農林水産大臣賞!令和4年1月28日に表彰式・事例発表会をオンライン開催~

  公益財団法人食品等流通合理化促進機構は、第9回「食品産業もったいない大賞」の農林水産大臣賞、農林水産省大臣官房長賞など各賞の受賞者を決定しました。
また、表彰式及び受賞者による事例発表会が、令和4年1月28日(金曜日)にオンライン(Zoomウェビナー)にて開催されます。

    詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/shokuhin/recycle/211224.html
    大臣官房新事業・食品産業部外食・食文化課食品ロス・リサイクル対策室

-------------------------------------------------------------
7.「第6回ジビエ料理コンテスト」の結果について
-------------------------------------------------------------
  ジビエの普及啓発等に取り組む農林水産省の「鳥獣利活用推進支援事業」の一環として開催した「第6回ジビエ料理コンテスト」において、農林水産大臣賞等の受賞者が決定されたのでお知らせします。

    詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/211222_14.html
    農村振興局農村政策部鳥獣対策・農村環境課

-------------------------------------------------------------
8. RCEPを含むEPAを上手に利用して、日本産農林水産物・食品を有利な条件で輸出してみませんか
-------------------------------------------------------------
  令和4年1月1日、日本とASEAN10か国、中国、韓国、豪州、NZの計15か国が参加するメガEPA(経済連携協定)であるRCEP(地域的な包括的経済連携)協定が発効しました。農林水産省は、RCEP協定の発効を踏まえ、RCEPなどのEPAを利用した日本産食品の輸出を促進するため、2月3日(木曜日)に、グローバル・フードバリューチェーン(GFVC)協議会をオンラインで開催します。

    詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/yusyutu_kokusai/chiiki/220107.html
    輸出・国際局国際地域課EPA利用促進チーム

-------------------------------------------------------------
9. 令和4年度「みどりの食料システム戦略実現技術開発・実証事業のうち農林水産研究の推進(委託プロジェクト研究)」の公募及び公募説明会の開催について
-------------------------------------------------------------
  農林水産省は、令和4年度「みどりの食料システム戦略実現技術開発・実証事業のうち農林水産研究の推進(委託プロジェクト研究)」の公募を開始します。

    詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/220111_7.html
    農林水産技術会議事務局研究企画課

-------------------------------------------------------------
10. 酒類事業者対象オンライン商談会(国税庁受託事業)のご案内
-------------------------------------------------------------
  国税庁(実施:ジェトロ)は、輸出を目指す酒類事業者の皆様に海外バイヤーとの商談機会を提供すべく、今後の輸出拡大が期待されるフロンティア地域のバイヤーとの日本産酒類輸出オンライン商談会を実施します。第2弾はポーランド・エストニアのバイヤーとの商談会です。
国税庁事業として、今年度2月~3月に米国でも商談会を実施予定です。詳細は決まり次第ご案内します。

【概要】
実施日:2022年3月10日(木曜日)~16日(水曜日)
商談方法:オンライン商談
対象国:ポーランド、エストニア
対象品目:日本産酒類全般(日本酒、焼酎・泡盛、果実酒、ウイスキー、ビール等)
募集対象:日本産酒類事業者・団体
参加費:無料
参加予定バイヤー:以下5社
Kuchnie Swiata:ポーランド大手の輸入卸で、同国最大の日本酒インポーター。
HoReCa Asian Food:ポーランド含む中東欧の高級ホテル・レストランに広く販路を持つ。
Sake Maruta:ポーランド最大級の酒類専門輸入卸。
Falcon Japan:エストニアおよびフィンランドに日本食レストランを6店舗展開。
PRIKE:エストニアに本社を置くバルト三国最大級の酒類専門輸入卸。

   詳細・お申込み
https://www.jetro.go.jp/events/afg/541e4a41693a6a63.html

申込締切:2022年1月21日(金曜日)12時00分

お問合せ
ジェトロ農林水産・食品戦略的商流構築課
担当:中村、花輪、伊藤
E-mail:afg_event@jetro.go.jpTEL:03-3582-8348

-------------------------------------------------------------
11. 令和4年度税制改正の大綱における農林水産関係事項について
-------------------------------------------------------------
  令和3年12月24日に閣議決定された、令和4年度税制改正の大綱における農林水産関係分野の事項を取りまとめました。

    詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/keiei/tyosei/211224.html
    経営局総務課調整室


―――――――――――――――――――
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
★コロナウイルス感染症対策情報

-------------------------------------------------------------
新型コロナウイルス感染症に関する対策やお願いについて
-------------------------------------------------------------
  新型コロナウイルス感染症に関する対策やお願いについて、農林水産省ウェブサイトへまとめています。

    詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html

―――――――――――――――――――
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
★気象災害に関する情報

-------------------------------------------------------------
令和3年7月1日からの大雨による農林水産関係被害への支援対策について
-------------------------------------------------------------
  令和3年7月1日からの大雨により被災された農林漁業者の皆様が、1日も早く営農再開できるように、令和3年7月1日からの大雨に係る支援策が公表されました。

    詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/saigai/ooame/r030701.html
  (担当)大臣官房地方課災害総合対策室

―――――――――――――――――――
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
★補助事業参加者の公募情報

-------------------------------------------------------------
農林水産省では、補助事業参加者を募集しています。
-------------------------------------------------------------

    詳しくはこちらの一覧をご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/


―――――――――――――――――――
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
★お知らせ
-------------------------------------------------------------
1.サツマイモ基腐病のまん延を防ぐために~防除対策リーフレットをご活用ください~
-------------------------------------------------------------
   サツマイモ基腐病は、平成30年11月に国内で初めて確認された、糸状菌(カビの一種)を原因としたかんしょ(サツマイモ)の病気で、防除が難しく、減収につながることから、国・県等が一体となってまん延防止・防除対策に取り組んでいます。

  九州農政局においても、防除対策リーフレットとして、「収穫後から植え付け前編」、「植え付けから栽培・収穫編」及び「家庭菜園編」を九州農政局HPに掲載し、生産者等の関係者や、家庭菜園等に取り組まれている方に留意点の周知を行っています。
次作に向けた本病の防除対策として、リーフレットをぜひご活用ください。

    詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/kyusyu/syohianzen/nouchiku/syokubou.html#sabo
   (担当)消費・安全部農産安全管理課

-------------------------------------------------------------
2.「農薬の適正使用のお願い」について
-------------------------------------------------------------
   農林水産省では、農薬ラベルによる使用基準の確認と使用履歴の記帳の徹底や周辺環境への農薬の飛散防止の徹底などを重点的に推進しております。
農薬の適正使用は生産者と消費者、双方の安全を守るためにも大変重要です。
農薬の使用の際はラベルをよく確認いただき、使用上の注意を遵守していただきますようお願い申し上げます。

九州農政局では、農薬を使用する前に確認いただきたいことを分かりやすくお伝えするリーフレットをHPに掲載していますので、ぜひご活用ください。

    リーフレットはこちらから
https://www.maff.go.jp/kyusyu/syohianzen/nouchiku/attach/pdf/nouyaku-16.pdf
   (担当)消費・安全部農産安全管理課

-------------------------------------------------------------
3.米に関するマンスリーレポートについて
-------------------------------------------------------------
  農林水産省は、米に関する価格動向や需給動向に関するデータを集約・整理した「米に関するマンスリーレポート」を取りまとめています。
「米に関するマンスリーレポート」は、米に関する価格動向や需給動向に関するデータを集約・整理し、毎月定期的に公表することによって、需給動向を適切に反映した米取引に資することを目的としています。

    詳しくは、農林水産省ホームページをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/seisan/keikaku/soukatu/mr.html
  (担当)農林水産省農産局企画課

-------------------------------------------------------------
4.SNS発信プロジェクト「BUZZ MAFF(ばずまふ)」の発信について
--------------------------------------------------------------
  農林水産省は、我が国の農林水産物の良さや農林水産業、農山漁村の魅力を国内外に伝えるため、職員自らがスキルや個性を活かして、省公式SNSで情報発信するプロジェクト「BUZZ MAFF」を立ち上げ、動画を発信しています。
省公式YouTubeチャンネルをご覧いただき、BUZZ MAFF Channelの登録と動画に「いいね」をよろしくお願いいたします。

<最近発信の動画>

〇宮崎県都城市のPR部長(小学生)に絡まれました。 【宮崎のヒデちゃん】
(都城市役所さんとコラボです)

〇鳥インフルエンザは人に感染しますか? 【タガヤセキュウシュウ】

〇冬でも、牛乳もう1杯、、、。 【タガヤセキュウシュウ】


  「宮崎のヒデちゃん」
https://www.youtube.com/playlist?list=PLVc03uX0IwZsvOr0Nxz5XkGYi6GITP_Ns
  「タガヤセキュウシュウ」
https://www.youtube.com/playlist?list=PLVc03uX0IwZvjutoLyrd7Nldgdo3yZrnu
  「BUZZ MAFF ばずまふ」
https://www.youtube.com/channel/UCk2ryX95GgVFSTcVCH2HS2g/videos
  (担当)企画調整室

-------------------------------------------------------------
5.高校生世代の皆さんが制作した“水“に関連する動画を公開中!-ユース水フォーラム・九州-
--------------------------------------------------------------
  令和4年(2022年)4月23日(土曜日)・24日(日曜日)に、「第4回アジア・太平洋水サミット」が熊本市で開催されます。
このサミットの事務局を務める日本水フォーラムでは、この機会に「ユース水フォーラム・九州」を発足させ、高校生世代を対象に、水に関連する活動の実践内容や、水にまつわる諸課題の学習成果をまとめた動画を募集しました。現在、応募された動画が以下のウェブサイトで公開されています。

農業用水が紹介されている動画もありますので、ぜひ動画をご覧ください。

【動画公開ウェブサイトはこちら!】
ユース水フォーラム公式YouTubeサイト
https://www.youtube.com/channel/UCU0g_IbLpqg_rq3CdnPR5ag/videos

ユース水フォーラム公式Webサイト
https://www.waterforum.jp/ywf/


―――――――――――――――――――
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

☆2☆ 情報定期便

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
-------------------------------------------------------------
1.野菜の入荷量と卸売価格の見通し(令和4年1月)について
-------------------------------------------------------------
  福岡市中央卸売市場の野菜の入荷量及び卸売価格の見通しをお知らせします。

    詳しくは、九州農政局ホームページをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/kyusyu/seiryuu/yasai/yasai2.html
   (担当)生産部 園芸特産課


-------------------------------------------------------------
2.統計新着情報のご案内
-------------------------------------------------------------
★九州
〇令和2年農業産出額及び生産農業所得(九州)

【統計結果の概要】
九州の農業産出額は、野菜、豚及びいも類で増加が見られたものの、肉用牛価格の低下、工芸農作物の生産量の減少、価格の低下及び花きの生産量が減少したことから、前年に比べ98億円(0.6%)減少し、1兆7,422億円となりました。
生産農業所得は6,690億円で、前年並みとなりました。

詳しくは、九州農政局ホームページをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/kyusyu/press/toukei/211224.html


〇令和3年産水稲の市町村別作付面積及び収穫量(九州)

詳しくは、九州農政局ホームページをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/kyusyu/press/toukei/211223.html


★全国
令和2年農業総産出額及び生産農業所得(全国)

令和2年農業産出額及び生産農業所得(都道府県別)

令和2年牛乳生産費

令和2年肉用牛生産費(子牛・去勢若齢肥育牛・乳用雄育成牛・乳用雄肥育牛・交雑種育成牛・交雑種肥育牛生産費)

令和2年肥育豚生産費

令和3年産なたね(子実用)の作付面積及び収穫量

令和3年度農業支援サービスに関する意識・意向調査結果

令和3年度食品産業の経営課題等に関する意識・意向調査結果

詳しくは、こちらをご覧ください。
【九州】⇒ https://www.maff.go.jp/kyusyu/toukei/index.html
【全国】⇒ https://www.maff.go.jp/j/tokei/index.html
(担当)統計部 統計企画課

------------------------------------------------------------------------
3.九州農政局「消費者の部屋」からのお知らせ!
------------------------------------------------------------------------
  九州農政局「消費者の部屋」では、食料・農業・農村に関する各種施策の情報提供や普及啓発を行っています。
令和4年1、2月は、下記のテーマで特別展示を実施します。ご来庁の際は、是非お立ち寄りください。

テーマ:フラワーバレンタイン~男性から女性に花束を贈る2月14日~

期 間:令和4年1月24日(月曜日)~ 令和4年2月4日(金曜日)
内 容:フラワーバレンタインの趣旨や花を贈る際のポイントのほか、花に関する情報を提供します。
展示場所:消費者の部屋(熊本地方合同庁舎A棟1階)

テーマ:九州で先頭を走り続けている農業者等の活動

期 間:令和4年2月7日(月曜日)~ 令和4年2月18日(金曜日)
内 容:「強い農林水産業」、「美しく活力ある農山漁村」の実現に取組む、九州管内の先進的な優良事例を紹介します。
展示場所:消費者の部屋(熊本地方合同庁舎A棟1階)

  なお、以下の場所におきましても同時開催しています。
フードパル熊本「熊本市食品交流会館」 熊本市北区貢町581-2

  詳しくは、九州農政局ホームページをご覧ください。
「消費者の部屋」
https://www.maff.go.jp/kyusyu/syohianzen/syokunoanzenansin/syouhisya/syouhisya.html


-------------------------------------------------------------
4.食育イベント情報(令和4年1月以降)について(開催日順)
-------------------------------------------------------------
  九州地域においては、食の安全や食育に関連する様々なイベント、セミナー、体験活動等が行われています。
その中から各県毎に1事例をご紹介します。

〇福岡県内で「ふくおか地産地消行けば行くほど!&来れば来るほど!キャンペーン」を開催(2021年10月1日 金曜日)~(2月28日 月曜日)

〇大分市で「男性料理教室(2021年度)」を開催(1月22日 土曜日)~(3月12日 土曜日)

〇宮崎県都城市で「地元産食材で!福を呼び込む恵方巻講座」を開催(2月2日 水曜日)

〇鹿児島市で「寿司を握って食べるが」を開催(2月5日 土曜日)

〇佐賀県嬉野市で「うれしの茶の魅力発信」(常時)

〇長崎県松浦市・平戸市で「ほんなもん(ほんもの)体験」を開催(随時)

〇熊本県宇城市で「食と農の体験塾」を開催(随時)


    詳しくは、九州農政局ホームページをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/kyusyu/syohianzen/hiroba/island/event/event.html
  (担当)消費・安全部 消費生活課

-------------------------------------------------------------
5.農林水産省広報誌「aff(あふ)」について
-------------------------------------------------------------
  1月の特集テーマは「地域を守る鳥獣対策」
野生鳥獣による農林水産業や自然環境への深刻な被害が問題となっています。その現状や対策、さらにジビエの利活用など、鳥獣被害に関連する情報を幅広く紹介します。

農林水産省では、消費者の皆さん、農林水産業関係者、そして農林水産省を結ぶ“Webマガジン「aff(あふ)」”を配信しているところです。
より読みやすく親しみを感じるWebマガジンを目指しながら、農林水産業や食に関するお役立ち情報をお届けしていきますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

    詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index.html

―――――――――――――――――――
◇編集後記◇◇
1月10日は成人の日でした。式典を9日(日曜日)に開催した自治体もあるようです。4月から18歳に成人年齢が引下げられるとのことで、来年の成人式はどうなってしまうんだろうと、ふと、考えてしまいます。本年も、ご愛読よろしくお願いいたします。
―――――――――――――――――――

  九州農政局メールマガジン<アグリ・インフォ九州>は、国民の皆様に、農林水産省及び九州農政局が進める農林水産行政に関する情報や農林水産に関する統計・情報を分かりやすくタイムリーにお届けするものです。

〇メールマガジンの「新規登録」については、こちらからどうぞ。
農政局等発行欄の九州農政局メールマガジン「アグリ・インフォ九州」毎月1回発行を選択下さい。
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

〇登録の解除・登録情報の変更・パスワードの再発行については、こちらからどうぞ。
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/index.html

〇アグリ・インフォ九州に関するご質問やご意見・ご要望は、下記までご連絡をお願いします。
https://www.contactus.maff.go.jp/j/kyusyu/form/161220-2.html

…………………………………………………

農林水産省 九州農政局 企画調整室(広報担当)
〒860-8527 熊本市西区春日2丁目10番1号 (熊本地方合同庁舎A棟)
TEL:096-211-9111 (内線:4117)
FAX:096-211-8707

===================================

お問合せ先

企画調整室

担当者:室長補佐(広報)
代表:096-211-9111(内線4117)
ダイヤルイン:096-300-6012
FAX番号:096-211-8707


PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader