このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

アグリ・インフォ九州 第250号


地域と九州農政局のホッとライン
====================================
◇                                                                                                  
◇    アグリ・インフォ九州                                             ◇
◇                                                                              
====================================
令和4年2月15日発行Vol. 250
発行:農林水産省 九州農政局

《 今月の話題 》

☆コラム・こらむ☆


『 はじめての統計調査 実体験を経て 』

九州農政局 統計部 調整課 鳩野 恵梨(はとの えり)

☆1☆ とぴっくす



★九州の動き

1.「令和3年度 地産地消等優良活動表彰」九州農政局長賞の受賞者決定について
2.「令和3年度鳥獣対策優良活動表彰」の受賞者決定について
3.「九州スマート農業推進フォーラム」(スマート農業推進フォーラム2021in九州)の開催について
4. 環境保全型農業直接支払交付金について

★全国の動き

1. ジェトロからの商談会および見本市募集期間延長のご案内
2. 中国(青島・成都)日本産酒類輸出オンライン商談会(国税庁受託事業)のご案内
3. 持続性の高い農法への転換に向けた技術集を作成!~「みどりの食料システム戦略」技術カタログ~
4. 日本地理的表示協議会(JGIC)が設立
5.「食から日本を考える。NIPPON FOOD SHIFT FES.北海道・福岡」を開催!~Z世代が、ラーメンを通して「食」と「農」の未来を考える~
6. 指定棚田地域の指定について
7.「花いっぱいプロジェクト ROAD to 2027年国際園芸博覧会」始めます!
8. 地域で支え合うむらづくり 農村RMO推進シンポジウムの開催


★コロナウイルス感染症対策情報

     新型コロナウイルス感染症に関する対策やお願いについて

★気象災害に関する情報

     令和3年7月1日からの大雨による農林水産関係被害への支援対策について

★補助事業参加者の公募情報

     農林水産省では、補助事業参加者を募集しています。

★お知らせ

1. サツマイモ基腐病のまん延を防ぐために~防除対策リーフレットをご活用ください~
2.「農薬の適正使用のお願い」について
3. 米に関するマンスリーレポートについて
4. SNS発信プロジェクト「BUZZ MAFF(ばずまふ)」の発信について
5.「ニッポンフードシフト」(外部リンク)始めました
6. あふの環2030プロジェクト~食と農林水産業のサステナビリティを考える~

☆2☆ 情報定期便


1. 野菜の入荷量と卸売価格の見通し(令和4年2月)について
2. 統計新着情報のご案内
3. 九州農政局「消費者の部屋」からのお知らせ
4. 食育イベント情報(令和4年2月以降)について
5. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」について


====================================

◇◇◇◇◇ ☆コラム・こらむ☆ ◇◇◇◇◇◇


『 はじめての統計調査 実体験を経て 』

九州農政局 統計部 調整課 鳩野 恵梨(はとの えり)

  私は中途採用として令和3年4月に入省し、先日、人生ではじめて田んぼに入りました。「坪刈り」という統計の実地調査に同行するためです。「坪刈り」とは、米の収穫量を予測し、その年の生産量を調べる統計調査のひとつで、必要なサンプルとなる稲の刈取りを行う過程のことです。刈取る稲は、事前に持ち主である農家様との調整の上、目印で決められた範囲を刈取ります。そして、お米となる籾(もみ)部分を取り出すために「脱穀」を行います。私が同行した調査では、1日かけて熊本県北地域5カ所の田んぼをまわりました。その後、「調製作業」と呼ばれる後工程があります。「調製作業」では、刈取った籾の乾燥、もみすり、ふるいにかけて選別と丸1日の時間を要する作業です。

  今回同行した「坪刈り」ひとつとっても私には知らないことばかりで、実地調査からデータに導くまでの機会に携わったはじめての経験でした。表面上には見えませんが、統計情報の背景には、想像以上に多くの農家様、一般の調査員、当局職員が関わり成り立っています。この坪刈りでの調査がデータとなった「作物統計調査」含め、多くの統計情報が日々更新され一般に公表されていますが、これもまた多くの人が携わり時間をかけて調査や作業をして、整理されたデータとなっています。見過ごしてしまいがちなこういった統計情報もデータの成り立ちを想像しながら、メーリングリスト読者のみなさまにもご覧いただけたらと思います。

  私に限らずとも世の中にはたくさんの「はじめて」を経験することがあると思います。私事ですが、現在2歳児の子どもを絶賛子育て中です。今の彼女の毎日の口癖は「これなに?」です。少しずつ世界を理解はじめた彼女にとって、目にするもの、日々の出来事の全てが「はじめて」です。歳を重ねるにつれ、そのような日々の新鮮さというものが薄れつつある私にとって、彼女からの「これなに?」も「はじめて」に立ち戻るとても良い機会になっています。

日々初心を忘れずに常に疑問や関心を持ち続け、今後も意欲的に業務に邁進していきたいと思っています。みなさま、ご指導ご鞭撻のほどどうぞよろしくお願いいたします。



====================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

☆1☆ とぴっくす

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

―――――――――――――――――――

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
★九州の動き
-------------------------------------------------------------
1.「令和3年度 地産地消等優良活動表彰」九州農政局長賞の受賞者決定について
-------------------------------------------------------------
  九州農政局は、令和3年度地産地消等優良活動表彰の九州農政局長賞3団体を決定しました。

    詳しくは、九州農政局ホームページをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/kyusyu/press/keiei/220125.html
   (担当)経営・事業支援部地域食品・連携課

-------------------------------------------------------------
2.「令和3年度鳥獣対策優良活動表彰」の受賞者決定について
-------------------------------------------------------------
  農林水産省は、「鳥獣被害防止」や「捕獲した鳥獣の食肉(ジビエ)の利活用等」に取り組み、地域に貢献している個人や団体を表彰する「鳥獣対策優良活動表彰」を実施しています。
今般、令和3年度の受賞者が決定し、九州管内からは、農林水産大臣賞(被害防止部門(個人)):和田三生氏(佐賀県)、農村振興局長賞(捕獲鳥獣利活用部門(団体)):西米良村ジビエ処理加工施設(宮崎県)が受賞されました。

    詳しくは、農林水産省ホームページをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/220128.html
    農村振興局農村政策部鳥獣対策・農村環境課

-------------------------------------------------------------
3.「九州スマート農業推進フォーラム」(スマート農業推進フォーラム2021in九州)の開催について
-------------------------------------------------------------
  九州農政局では、令和4年2月22日(火曜日)に「九州スマート農業推進フォーラム」(スマート農業推進フォーラム2021in九州)を開催します。

    詳しくは、九州農政局ホームページをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/kyusyu/press/kankyo/220125.html
  (担当)生産部生産技術環境課

-------------------------------------------------------------
4. 環境保全型農業直接支払交付金について
-------------------------------------------------------------
  平成23年度から化学肥料・化学合成農薬を原則5割以上低減する取組と合わせて行う地球温暖化防止や生物多様性保全に効果の高い営農活動を支援しています。

    詳しくは、九州農政局ホームページをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/kyusyu/seiryuu/kankyou/tyokusetsusien.html
   (担当)生産部生産技術環境課



★全国の動き
-------------------------------------------------------------
1.ジェトロからの商談会および見本市募集期間延長のご案内
-------------------------------------------------------------
ジェトロより商談会および見本市見本市募集期間延長のご案内です。

Daiso California LCC((株)大創産業(ダイソー米国子会社)向けオンライン商談会

  この度、Daiso California LCC((株)大創産業(ダイソー米国子会社)からの引合いがございました。米国向けに販路開拓を希望する国内食品事業者様は、積極的に商品提案頂けると幸いです。

概要
◇商談先バイヤー:
・Daiso California LLC(URL:https://www.daiso-sangyo.co.jp/)
・取引条件:バイヤー指定国業者と取引ができ、かつ指定商品ラベルを貼り付けられる事業者
・商流:国内事業者→帳合先(国内の主要食品卸)→(株)大創産業(輸出者)
→Daiso California LLC(輸入者)→(一部はカナダ国内の店舗へ輸出)
関心商品
〇スナック菓子(ポテトチップス等)、クラッカー、クッキー、キャンディ、グミ、一般食品、調味料
〇米国FSMA法条件を満たしている低酸性・酸性商品、飲料、レトルト食品、パウチ食品、缶詰、ゼリー、チューペット

本引合いの詳細情報:
以下リンクの「個別引合い案件リスト」『No.6(Daiso California LLC)』ご参照。
https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Events/afb/JETRO_overseasbuyersinquirylist.pdf

募集締切:2022年2月28日(月曜日)12時00分まで
              ※募集期間は変更となる可能性があります 
商談方法:オンライン(ZOOM)※ジェトロが商談をアレンジします。
商談時期:2022年1月中旬以降、随時実施 
商談時の言語:日本語 
サンプル送付:お申込みいただいた事業者様には、商談前に事前にサンプル送付をお願いする場合があります(国内事業者負担・手配)。サンプル輸送にあたっての詳細(日本国内の納品先住所等)は商談することが成立した場合、追ってご案内します。なお、ジェトロではサンプル送付に係る手配・費用負担は一切できませんので、予めご了承願います。
 ※ご提案頂いた商品情報をもとに、バイヤーが商談を希望する国内事業者を選考し、商談先を決定します。ジェトロよりお申込み者に対して、直接メールにて選考結果をご連絡します。

商談会のお申込み方法
以下のリンクからお申込みください。
https://www.jetro.go.jp/events/afb/53ce9139f898f936.html
ステップ1:「お客様情報の入力」よりログインまたはお客様登録をお願いいたします。
ステップ2:以下リンクより提案希望商品のご登録をお願いいたします。
https://www.jetro.go.jp/form5/pub/afb/matchingdb
ステップ3:以下リンクより、「B 特定の個別引き合い案件に対して商品提案を希望する」をご選択いただくとエントリーを希望する案件番号が出てきますので『No.6
(Daiso California LLC)』を選択の上、ご登録をお願いいたします。
https://www.jetro.go.jp/form5/pub/afb/matchingdb_inquiry

 ■お問い合わせ先
新型コロナウイルス感染拡大予防のため、在宅勤務を導入中です。
ご質問は可能な限りメールでお送りくださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます。
<本件に関するお問い合わせ> 
日本貿易振興機構(ジェトロ)農林水産・食品部
農林水産・食品戦略的商流構築課
担当:市川
Tel:03-3582-8348 
E-mail:afg_event@jetro.go.jp 

-------------------------------------------------------------
2. 中国(青島・成都)日本産酒類輸出オンライン商談会(国税庁受託事業)のご案内
-------------------------------------------------------------
  ジェトロより、中国(青島・成都)日本産酒類輸出オンライン商談会(国税庁受託事業)のご案内です。

  国税庁(実施:ジェトロ)は、輸出を目指す酒類事業者の皆様に海外バイヤーとの商談機会を提供すべく、今後の輸出拡大が期待されるフロンティア地域のバイヤーとの日本産酒類輸出オンライン商談会を実施します。第4弾として中国(青島・成都)のバイヤーとの商談会を実施します。皆様からの多数のご応募をお待ちしています。
なお、商談会実施国の新型コロナウイルスの感染拡大等による事業内容の変更や中止の可能性がある旨ご承知おきください。

【概要】
実施日:2022年3月22日(火曜日)~25日(金曜日)
商談方法:オンライン商談
対象国:中国(青島・成都)
対象品目:日本産酒類全般(日本酒、焼酎・泡盛、果実酒、ウイスキー、ビール等)
募集対象:日本産酒類事業者・団体
参加費:無料
参加予定バイヤー:以下4社
青島漢和国際供応鏈有限公司:ECや高級スーパーを販路に持つ青島の国有企業子会社。
青島日康経貿有限公司:日本食品専門輸入卸。青島周辺の飲食店を販路に持つ。
重慶津川里貿易有限公司:日本酒を取り扱う輸入卸。重慶市内に日本酒バーも展開。
成都尚清禾商貿有限責任公司:日本各地約300種類の酒類を取り扱う成都の輸入卸。

詳細・お申込み
https://www.jetro.go.jp/events/afg/ddf11d4cbabbe8bc.html

申込締切:2022年2月17日(木曜日)12時00分

お問合せ
ジェトロ農林水産・食品戦略的商流構築課
担当:大岩、中村、花輪、伊藤
E-mail:afg_event@jetro.go.jp   TEL:03-3582-8348

-------------------------------------------------------------
3. 持続性の高い農法への転換に向けた技術集を作成!~「みどりの食料システム戦略」技術カタログ~
-------------------------------------------------------------
  農林水産省は、みどりの食料システム戦略の実現に向け、現場への普及が期待される技術を取りまとめた「みどりの食料システム戦略」技術カタログを公開しましたのでお知らせします。

    詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo03/220127.html
    大臣官房政策課技術政策室

-------------------------------------------------------------
4. 日本地理的表示協議会(JGIC)が設立
-------------------------------------------------------------
  地理的表示(GI)保護制度の更なる発展を目指すため、日本地理的表示協議会が設立されました。

    詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/yusyutu_kokusai/chizai/220119.html
    輸出・国際局知的財産課

-------------------------------------------------------------
5.「食から日本を考える。NIPPON FOOD SHIFT FES.北海道・福岡」を開催!~Z世代が、ラーメンを通して「食」と「農」の未来を考える~
-------------------------------------------------------------
  農林水産省では、食と農のつながりの深化に着目した新たな国民運動「食から日本を考える。ニッポンフードシフト」を実施しています。
この度、日本の食がかかえる課題や目指す未来について、次代を担うZ世代を中心に、ともに考えるきっかけとなるようなイベント、「食から日本を考える。NIPPON FOOD SHIFT FES.北海道」及び「食から日本を考える。NIPPON FOOD SHIFT FES.福岡」を開催します。

    詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/anpo/220209.html
    大臣官房政策課食料安全保障室

-------------------------------------------------------------
6. 指定棚田地域の指定について
-------------------------------------------------------------
  農林水産省、総務省、文部科学省、国土交通省、環境省は、農産物の供給以外にも多面的機能を有しながら荒廃の危機に直面する棚田について、棚田地域振興法に基づき支援しています。2月9日、新たに6県22地域の指定棚田地域を指定しましたのでお知らせします。

    詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/nihon/220209.html
   農村振興局農村政策部地域振興課中山間地域・日本型直接支払室


-------------------------------------------------------------
7.「花いっぱいプロジェクト ROAD to 2027年国際園芸博覧会」始めます!
-------------------------------------------------------------
  農林水産省は、花きの需要喚起や2027年に横浜市において開催予定の国際園芸博覧会に向けた機運を高める活動を応援・発信するため、「花いっぱいプロジェクト ROAD to 2027年 国際園芸博覧会International Horticultural Expo2027, Yokohama,Japan」を開始します。

    詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/nousan/kaki/220204.html
   農産局園芸作物課花き産業・施設園芸振興室

-------------------------------------------------------------
8. 地域で支え合うむらづくり 農村RMO推進シンポジウムの開催
-------------------------------------------------------------
  農林水産省は、3月10日(木曜日)に、多様な分野の人材が集まり、地域で支え合う共創のむらづくりを推進していくため、「地域で支え合うむらづくり 農村RMO推進シンポジウム」を開催します。本会はWebにて公開します。

    詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyusan/220204.html
   農村振興局農村政策部地域振興課 中山間地域・日本型直接支払室


―――――――――――――――――――
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
★コロナウイルス感染症対策情報

-------------------------------------------------------------
新型コロナウイルス感染症に関する対策やお願いについて
-------------------------------------------------------------
  新型コロナウイルス感染症に関する対策やお願いについて、農林水産省ウェブサイトへまとめています。

    詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html

―――――――――――――――――――
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
★気象災害に関する情報

-------------------------------------------------------------
令和3年7月1日からの大雨による農林水産関係被害への支援対策について
-------------------------------------------------------------
  令和3年7月1日からの大雨により被災された農林漁業者の皆様が、1日も早く営農再開できるように、令和3年7月1日からの大雨に係る支援策が公表されました。

    詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/saigai/ooame/r030701.html
   (担当)大臣官房地方課災害総合対策室

―――――――――――――――――――
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
★補助事業参加者の公募情報

-------------------------------------------------------------
農林水産省では、補助事業参加者を募集しています。
-------------------------------------------------------------

    詳しくはこちらの一覧をご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/


―――――――――――――――――――
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
★お知らせ
-------------------------------------------------------------
1.サツマイモ基腐病のまん延を防ぐために~防除対策リーフレットをご活用ください~
-------------------------------------------------------------
  サツマイモ基腐病は、平成30年11月に国内で初めて確認された、糸状菌(カビの一種)を原因としたかんしょ(サツマイモ)の病気で、防除が難しく、減収につながることから、国・県等が一体となってまん延防止・防除対策に取り組んでいます。

  九州農政局においても、防除対策リーフレットとして、「収穫後から植え付け前編」、「植え付けから栽培・収穫編」及び「家庭菜園編」を九州農政局HPに掲載し、生産者等の関係者や、家庭菜園等に取り組まれている方に留意点の周知を行っています。
  令和4年作に向けた本病の防除対策として、リーフレットをぜひご活用ください。

    詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/kyusyu/syohianzen/nouchiku/syokubou.html#sabo
  (担当)消費・安全部農産安全管理課

-------------------------------------------------------------
2.「農薬の適正使用のお願い」について
-------------------------------------------------------------
  農林水産省では、農薬ラベルによる使用基準の確認と使用履歴の記帳の徹底や周辺環境への農薬の飛散防止の徹底などを重点的に推進しております。
  農薬の適正使用は生産者と消費者、双方の安全を守るためにも大変重要です。
農薬の使用の際はラベルをよく確認いただき、使用上の注意を遵守していただきますようお願い申し上げます。

九州農政局では、農薬を使用する前に確認いただきたいことを分かりやすくお伝えするリーフレットをHPに掲載していますので、ぜひご活用ください。

    リーフレットはこちらから
https://www.maff.go.jp/kyusyu/syohianzen/nouchiku/attach/pdf/nouyaku-16.pdf
  (担当)消費・安全部農産安全管理課

-------------------------------------------------------------
3.米に関するマンスリーレポートについて
-------------------------------------------------------------
  農林水産省は、米に関する価格動向や需給動向に関するデータを集約・整理した「米に関するマンスリーレポート」を取りまとめています。
「米に関するマンスリーレポート」は、米に関する価格動向や需給動向に関するデータを集約・整理し、毎月定期的に公表することによって、需給動向を適切に反映した米取引に資することを目的としています。

    詳しくは、農林水産省ホームページをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/seisan/keikaku/soukatu/mr.html
  (担当)農林水産省農産局企画課

-------------------------------------------------------------
4.SNS発信プロジェクト「BUZZ MAFF(ばずまふ)」の発信について
--------------------------------------------------------------
  農林水産省は、我が国の農林水産物の良さや農林水産業、農山漁村の魅力を国内外に伝えるため、職員自らがスキルや個性を活かして、省公式SNSで情報発信するプロジェクト「BUZZ MAFF」を立ち上げ、動画を発信しています。
省公式YouTubeチャンネルをご覧いただき、BUZZ MAFF Channelの登録と動画に「いいね」をよろしくお願いいたします。

<最近発信の動画>

〇若手職員の会議に潜入         【宮崎のヒデちゃん】

〇政策をラップで説明することにしました。GI保護制度   【タガヤセキュウシュウ】

〇生乳の廃棄を回避できました。             【タガヤセキュウシュウ】


 「宮崎のヒデちゃん」
https://www.youtube.com/playlist?list=PLVc03uX0IwZsvOr0Nxz5XkGYi6GITP_Ns
 「タガヤセキュウシュウ」
https://www.youtube.com/playlist?list=PLVc03uX0IwZvjutoLyrd7Nldgdo3yZrnu
 「BUZZ MAFF ばずまふ」
https://www.youtube.com/channel/UCk2ryX95GgVFSTcVCH2HS2g/videos
  (担当)企画調整室

-------------------------------------------------------------
5.「ニッポンフードシフト」(外部リンク)始めました
--------------------------------------------------------------
「食」は人を育み、生きる力を与え、そして社会を動かす原動力となるもの。いうまでもなくすべての人は「食」と無関係で生きることはできません。日本社会が大きな変化に直面している今、これからの「食」はどうあるべきか。食料自給率、環境との調和、新しい生活様式、健康への配慮、食育、サプライチェーンの状況など、私たちが真摯に向き合わなければならないテーマは少なくありません。

「食」について考えることは、これからの社会を考えること、人の生き方を考えること。今こそ、変えるべきは変え、守るべきは守り、新しい挑戦を応援しながら、この時代にふさわしい日本の「食」のあり方を考える機会ではないでしょうか。

消費者、生産者、食品関連事業者、日本の「食」を支えるあらゆる人々と行政が一体となって、考え、議論し、行動する国民運動「ニッポンフードシフト」始まります。

https://nippon-food-shift.maff.go.jp/

-------------------------------------------------------------
6. あふの環2030プロジェクト~食と農林水産業のサステナビリティを考える~
--------------------------------------------------------------
「あふの環(わ)2030プロジェクト~食と農林水産業のサステナビリティを考える~」(以下「あふの環プロジェクト」という。)は、2030年のSDGs達成を目指し、今だけでなく次の世代も豊かに暮らせる未来を創るべく立ち上げられたプロジェクトです。

    詳しくは、農林水産省ホームページをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/being_sustainable/sustainable2030.html
   (担当)大臣官房環境バイオマス政策課地球環境対策室


―――――――――――――――――――
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

☆2☆ 情報定期便

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
-------------------------------------------------------------
1.野菜の入荷量と卸売価格の見通し(令和4年2月)について
-------------------------------------------------------------
福岡市中央卸売市場の野菜の入荷量及び卸売価格の見通しをお知らせします。

    詳しくは、九州農政局ホームページをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/kyusyu/seiryuu/yasai/yasai2.html
   (担当)生産部 園芸特産課

-------------------------------------------------------------
2.統計新着情報のご案内
-------------------------------------------------------------
★全国

令和3年産もも、すももの結果樹面積、収穫量及び出荷量

令和3年産てんさいの作付面積及び収穫量(北海道)

令和3年度加工・業務用野菜の実需者ニーズに関する意識・意向調査結果


詳しくは、こちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/tokei/index.html
(担当)統計部 統計企画課

------------------------------------------------------------------------
3.九州農政局「消費者の部屋」からのお知らせ!
------------------------------------------------------------------------
  九州農政局「消費者の部屋」では、食料・農業・農村に関する各種施策の情報提供や普及啓発を行っています。
令和4年2、3月は、下記のテーマで特別展示を実施します。ご来庁の際は、是非お立ち寄りください。

テーマ:「ご存じですか?地理的表示(GI(ジーアイ))」

期 間:令和4年2月21日(月曜日)~ 令和4年3月4日(金曜日)
内 容:九州のGI産品を紹介します。(現物、パネル等の展示)
展示場所:消費者の部屋(熊本地方合同庁舎A棟1階)

テーマ:農山漁村女性の日(03月10日)について

期 間:令和4年3月7日(月曜日)~ 令和4年3月18日(金曜日)
内 容:3月10日は農山漁村女性の日です。関連行事、農業女子プロジェクト、現地調査の事例について紹介します。
展示場所:消費者の部屋(熊本地方合同庁舎A棟1階)

なお、以下の場所におきましても同時開催しています。
フードパル熊本「熊本市食品交流会館」 熊本市北区貢町581-2

    詳しくは、九州農政局ホームページをご覧ください。
  「消費者の部屋」
https://www.maff.go.jp/kyusyu/syohianzen/syokunoanzenansin/syouhisya/syouhisya.html

-------------------------------------------------------------
4.食育イベント情報(令和4年2月以降)について(開催日順)
-------------------------------------------------------------
九州地域においては、食の安全や食育に関連する様々なイベント、セミナー、体験活動等が行われています。
その中から各県毎に1事例をご紹介します。

〇佐賀県唐津市で「令和3年度食育講座 手作り味噌を作ろう」を開催(3月12日 土曜日)

〇大分市で「げんきっ子チャレンジクッキング(2021年度親子料理教室)」を開催(3月19日 土曜日)

〇福岡県内で「ふくおか地産地消行けば行くほど!&来れば来るほど!キャンペーン」を開催(2021年10月1日 金曜日)~(2月28日 月曜日)

〇長崎県松浦市・平戸市で「ほんなもん(ほんもの)体験」を開催(随時)

〇熊本県宇城市で「食と農の体験塾」を開催(随時)

〇宮崎県児湯郡高鍋町宮崎県農業科学公園で「体験活動」を開催(随時)

鹿児島市で「グリーンファーム 2月の体験プログラム」を受付中(2月1日 火曜日~2月28日 月曜日)


    詳しくは、九州農政局ホームページをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/kyusyu/syohianzen/hiroba/island/event/event.html
   (担当)消費・安全部 消費生活課

-------------------------------------------------------------
5.農林水産省広報誌「aff(あふ)」について
-------------------------------------------------------------
  2月の特集テーマは「冬が旬の海産物を味わう」
冬が旬の海産物の中から、あんこう、トラフグ、牡蠣、ホタテをピックアップ。その漁や洋食の現場、さらにはおいしい海産物を消費者に届けるための各地の取り組みなどを紹介します。

  農林水産省では、消費者の皆さん、農林水産業関係者、そして農林水産省を結ぶ“Webマガジン「aff(あふ)」”を配信しているところです。
より読みやすく親しみを感じるWebマガジンを目指しながら、農林水産業や食に関するお役立ち情報をお届けしていきますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

    詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index.html

―――――――――――――――――――
◇編集後記◇◇
「立春」を過ぎても朝夕の冷え込みは厳しく、霜の降りる日も多いようです。出勤のため自宅を出るときでも、夜が明けておらず真っ暗です。まだまだ冬です。しかし、梅の花がほころび始め、週ごとに緑が目につくようになった麦畑を見ると少しだけ春を感じます。
―――――――――――――――――――

  九州農政局メールマガジン<アグリ・インフォ九州>は、国民の皆様に、農林水産省及び九州農政局が進める農林水産行政に関する情報や農林水産に関する統計・情報を分かりやすくタイムリーにお届けするものです。

〇メールマガジンの「新規登録」については、こちらからどうぞ。
   農政局等発行欄の九州農政局メールマガジン「アグリ・インフォ九州」毎月1回発行を選択下さい。
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

〇登録の解除・登録情報の変更・パスワードの再発行については、こちらからどうぞ。
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/index.html

〇アグリ・インフォ九州に関するご質問やご意見・ご要望は、下記までご連絡をお願いします。
https://www.contactus.maff.go.jp/j/kyusyu/form/161220-2.html

…………………………………………………

農林水産省 九州農政局 企画調整室(広報担当)
〒860-8527 熊本市西区春日2丁目10番1号 (熊本地方合同庁舎A棟)
TEL:096-211-9111 (内線:4117)
FAX:096-211-8707

===================================


お問合せ先

企画調整室

担当者:室長補佐(広報)
代表:096-211-9111(内線4117)
ダイヤルイン:096-300-6012
FAX番号:096-211-8707


PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader