このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

プレスリリース

スマート農業現地サミット(阿蘇)(スマート農業推進フォーラム2021in九州)の開催について

  • 印刷
令和4年1月14日
九州農政局
九州農政局では、令和4年2月4日(金曜日)に施設園芸の成果報告会及びマッチング(展示相談会)として「スマート農業現地サミット(阿蘇)」(スマート農業推進フォーラム2021in九州)を開催します。

1.概要

  農林水産省では、令和元年度からスマート農業実証プロジェクトにより、全国182箇所の農場や牧場で、ロボット、AI、IoTなどの先端技術を活用した革新的な生産経営技術の確立や導入を推進しており、その実証で得られた成果を広く全国に波及させようとしております。
  この度、九州管内で令和元年度から実証を取り組んでいる「JA阿蘇いちご部会委託部」におけるCO₂の局所施用及び自動選別・パック詰め等の実証成果を紹介する「スマート農業現地サミット(阿蘇)」(スマート農業推進フォーラムin九州)を開催し、九州管内の施設園芸におけるスマート農業技術実装の推進を図ります。

2.開催日時及び開催場所

日時:令和4年2月4日(金曜日)10時30分~16時30分
開催場所:ホテルサンクラウン大阿蘇 ほか
集合場所:ホテルサンクラウン大阿蘇 駐車場
※当日は集合場所に10時00分までにお越しください。
※新型コロナウイルス感染拡大状況によりオンライン開催となる場合がございます。

3.内容

1.現地研修(10時30分~12時00分)
   生産者圃場
JA阿蘇阿蘇町中部野菜センター
※現地研修先の都合により最大40名とさせていただきます。
※現地研修先へはサンクラウンホテル大阿蘇よりバスでの移動となります。
※新型コロナウイルスの感染拡大状況により現地研修は中止となる場合がございます。

2.成果報告会(13時30分~16時00)
(1)「スマート農業実証プロジェクトにおける九州の施設園芸での取組」
(2)「JA阿蘇いちご部会委託部におけるスマート農業実証事業への取組」
(3)「実証プロジェクト内容の紹介-局所適時CO₂施用による省エネ多収安定生産技術-」
(4)「実証プロジェクト内容の紹介-ハウス内環境測定を活用した収量予測を導入したイチゴ生産のICT化-」

3.マッチング(展示相談会)(10時30~16時30分)

※新型コロナウイルスの感染拡大状況によりWeb方式となる場合がございます。
 その際、申込フォームより申し込みいただいた50名と追加で申し込みいただいた100名の計150名を定員といたします。

4.主催者等

農林水産省九州農政局、農研機構九州沖縄農業研究センター

5.参加対象者

九州管内の施設園芸生産者、施設園芸関係団体・企業、農業者団体、地方公共団体(普及担当者含む)、試験研究機関等

6.参加申込方法

(1)申込方法
参加を希望される方は、インターネットにて、以下のURLの申込フォームに氏名(フリガナ)、連絡先(電話番号、メールアドレス)等の必要事項をご記入の上、お申込みください。
なお、電話での申込は受付いたしませんのでご了承ください。
【申込URL】
https://www.contactus.maff.go.jp/j/kyusyu/form/20220113.html

(2)申込締切
令和4年1月27日(木曜日)12時00分まで
なお、定員は50名とさせていただき、定員に達し次第、参加申込みを打ち切らせていただきます。ご了承ください。
ご記入いただきました情報は、本サミットの運営のみ使用いたします。
※参加申込者が定員を超えた場合につきましては、九州管内関係者を優先させていただきます。ご了承ください。

7.留意事項

新型コロナウイルス感染症対策のため、会場で参加される方につきましてはマスク着用必須となっております。また、会場の入口に消毒液を置いておりますので、ご使用の上、お入りください。
座席間の距離も離しておりますのでご了承願います。
当日は、体温を測定の上、体調のすぐれない方は、参加をご遠慮下さい。

8.報道関係者の皆様へ

報道関係者で参加を希望される方におかれましても、上記の「6.参加申込方法」に従いお申し込みください。
その場合、報道関係者である旨をその他の業種の欄に必ず明記ください。
また、当日は受付で申し出をお願いいたします。

添付資料

パンフレット(PDF : 1,476KB)

お問合せ先

九州農政局生産技術環境課

担当者:草場、戸髙
ダイヤルイン:096-300-6266