このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

プレスリリース

「令和3年度果樹産地生産性向上セミナー」の開催について

  • 印刷
令和4年1月5日
九州農政局
新型コロナウイルス感染症拡大の影響を踏まえ、諸般の事情を考慮し、開催方法をセミナーはWEB方式に変更します。なお、現地検討会は中止します。(1月24日追記)
九州農政局は、令和4年2月10日(木曜日)に熊本市において、「令和3年度果樹産地生産性向上セミナー」を開催します。本セミナーは公開で行います。ただし、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。

1.概要

農業の生産現場においては、生産者の高齢化や担い手不足が進行し、労働力不足が深刻化している状況にあります。特に、果樹農業は労力需要の季節性が高いことや、急傾斜地が多く機械化が進みにくいこと、剪定等の高度な技術を要求されることなどから、必要な時期に必要な人材を十分に確保することが難しくなっている状況にあります。
こうした現状を打破し、将来にわたって持続可能な果樹農業を実現していくためには、省力樹形やAI、ロボット、IoT等のスマート農業技術を積極的に導入し、労働生産性を飛躍的に向上させることが重要であると考えます。こうした状況を踏まえ、今後の果樹産地の維持・強化を図るため、本セミナーを開催します。

2.開催日時及び場所

(1)セミナー(WEB方式)(1月24日追記)
    日時:令和4年2月10日(木曜日)9時30分~12時10分(受付:9時00分~)
    場所:熊本地方合同庁舎A棟1階大会議室(熊本市西区春日2丁目10-1)
(2)現地検討会(中止)(1月24日追記)
    日時:令和4年2月10日(木曜日) 14時00分~16時30分
    場所:JA熊本市柑橘選果場(熊本市西区河内町船津1131)

3.内容

(1)セミナー
(ア)福岡県における「うんしゅうみかん双幹形仕立て」の成果報告について
    講師:福岡県農林総合試験場 果樹部 果樹育種・栽培チーム 松下 竜一 氏
(イ)ハウスみかんにおける垣根仕立ての導入効果等について
    講師:大分県東部振興局 生産流通部 園芸第二班 主幹 矢野 拓 氏
(ウ)省力樹形等労働生産性向上に係る試験・研究情報について
    講師:農研機構 九州沖縄農業研究センター 九州沖縄果樹研究調整役 吉岡 照高 氏
(2)現地検討会
    先進的集出荷場の整備による流通コスト削減及びドライバー負担軽減の取組
    会場:JA熊本市柑橘選果場

4.定員等

参加者数に制限は設けませんが、配信を50回線程度とします。(1月24日追記)
新型コロナウイルス感染症対策で密になることを避けるため、管内各県普及・試験研究機関等、50名程度とします。

なお、一般の参加者募集は行いませんので、ご了承願います。

5.留意事項

 参加にあたっては、以下の事項を遵守してください。
(1)新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、必ずマスクの着用をお願いします。
(2)ご来場前に体調の優れない方、発病症状等のある方は参加をご遠慮ください。
(3)当日受付にて検温を行い、37.5度以上の方はその場で参加をお断りさせていただくこともありますのでご了承ください。
(4)会場に消毒液を設置していますので、セミナーの開始及び終了時には、手指消毒の徹底をお願いします。
(5)新型コロナウイルス感染状況により、セミナーの開催形式の変更、若しくは開催自体を中止する場合があります。 
(6)熊本地方合同庁舎には、セミナー参加者用の駐車場はありません。公共交通機関でご来場いただくか、車使用の場合は、会場近隣の有料駐車場をご利用願います。
(7)事務局指定の場所以外の立ち入りはご遠慮ください。
(8)セミナー中は、スマートフォン、携帯電話はマナーモード等にご協力ください。
(9)会場内での喫煙、食事等は禁止とします。

6.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、事前に下記問い合わせ先にご連絡いただきますようお願いします。
なお、当日は受付で記者証等の身分証をご提示いただきますので、あらかじめ御了知願います。

お問合せ先

生産部園芸特産課

担当者:池田、菊池
代表:096-211-9111(内線4465、4472)
ダイヤルイン:096-300-6250
FAX番号:096-211-9780