このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

2-2.新技術・新工法情報の提供 11~20

提供に関しての留意点

  公表資料は、農業農村整備事業及び海岸保全事業で実施する工事の効率性、低コスト化及び環境配慮を高めることを目的した参考資料です。

  公表内容は各申請者に基づく情報であり、当事務所ではその技術の評価、認定及び推奨は行いません

  また、公表資料である新技術・新工法の使用に関しては、申請者によく確認のうえ、使用者の責任において使用されるようご了承願います。

番号 区分
キーワード
新技術等の名称 新技術の概要
(HP掲載年月日)
会社名
担当者
電話番号
HPアドレス
11 4.製品
08.コスト縮減
アーマー・
ヒュームセグメント
様式1(PDF:182KB)
様式2(PDF:93KB)
  アーマー・ヒュームセグメントは、鉄筋を組み込んだ鋼殻(鋼製セグメントの縦リブを省略した構造)の内側に遠心力締固めコンクリートを打設した鋼とコンクリートから構成されるセグメントです。必要に応じてセグメントの内面にはライニング(不飽和ポリエステル樹脂層)を設けることができます。セグメントは、リング状に組み立てた鋼殻のリング継手面に妻枠を設置し、これらをヒューム管製造用の型枠内にセットして、ヒューム管製造機によって型枠を回転させながら25G程度の遠心力が作用)コンクリートを打設することで製造します。製造時にヒューム管の型枠を使用することから、セグメントの適用範囲は内径呼び径1350mm~3600mm程度となります。また、鋼殻があることで、内水圧(「内水圧が作用するトンネル覆工構造設計の手引き」に準拠)や急曲
線施工にも対応しています。
  (平成24年2月15日掲載)
栗本コンクリート工業(株)
浦尚樹
03-3295-2711
12 1.工法
15.補修工法
パルテム・
フローリング工法
様式1(PDF:222KB)
様式2(PDF:128KB)
  農業用排水施設は、耐用年数の経過などによる更新が求められているものも多数ありますが、農村の都市化・混住化にともない、更新事業には経済性のみならず、環境との調和を考慮した取り組みが強く求められています。このため、特別な製管装置を用いることなく、非開削で導水路トンネル・用水管などの修繕・更新する工法を開発しました。本工法は、管内で組立てた鋼製リングに高密度ポリエチレン製の表面部材を組付けて更生管を形成し、更生管と既設管の間に高強度、特殊充填材を注入する事により、用排水管を更生する工法です。施工は以下の手順で行います。(1)鋼製リングの組立:分割された鋼製リングを分水工などの開口部から搬入し、既設管内で組立て、連結部材で連結します。(2)嵌合部材の組付け:高密度ポリエチレン製嵌合部材を分水工などの開口部から搬入し、鋼製リングに組付けます。(3)表面部材の組付け:高密度ポリエチレン製表面部材を分水工などの開口部から搬入し、嵌合部材に組付け更生管を完成させます。(4)充填材注入:既設管と更生管の間に特殊充填材を充填します。(5)穿孔、管端処理:通気スタンドなどの穿孔、両管端の処理をおこないます。
  (平成24年2月15日掲載)
芦森エンジニアリング(株)
古田泰久
06-6533-9455
http://www.paltem.jp/
13 1.工法
15.補修工法
ホース
ライニング工法
様式1(PDF:307KB)
様式2(PDF:130KB)
  ホースライニング工法は、硬化性樹脂を均一に塗布した強靭で水密性を有する更生材料(シールホース)を、圧縮空気もしくは水頭圧によって管内に反転挿入し、農業用水路内面に圧着させます。この状態で蒸気・温水加熱もしくは一定時間の常温養生によって硬化性樹脂を硬化させ、既設管の内面に新しいライニング管(シールパイプ)を形成する工法です。形成されたシールパイプは、耐久性、耐薬品性、水理特性、水密性および耐震性に優れています。また、反転挿入には既存の分水工を利用するか、必要最小限の立坑を開削することで施工が可能です。
  (平成24年2月15日掲載)
芦森エンジニアリング(株)
古田泰久
06-6533-9455
http://www.paltem.jp/
14 1.工法
14.予防保全
構造物の
亀裂発見工法
様式1(PDF:163KB)
様式2(PDF:128KB)
  構造物の表層に予め特殊な塗装を行うことで、構造物に入った亀裂が紫外線を照射すると発光して亀裂部分の発見が熟練者でなくとも容易に発見出来る方法。
  (平成24年3月2日掲載)
プラナスケミカル(株)
高橋康一
052-629-0710
http://www.planus.jp/
15 4.製品
04.自然環境14.予防保全
噴流型流動促進式
水域浄化装置
(ジェット・ストリーマー)
様式1(PDF:637KB)
様式2(PDF:214KB)
  富栄養化した閉鎖性水域の水質改善を水流発生を軸に実現する。ポンプ吐出量の20倍の動水による循環流の発生と底質の貧酸素状態改善を行い、これらの効
果により水域の浄化能力を活性化し、効果的に水質悪化の原因を解消、抑制する。
  表層付近の水を吸い込み任意の水深に設置した水流発生装置へ送り込むことによって効率的に大量の動水効果を生み出す。標準構成は水面直下(浅水深)又は湖底(大水深)に設置された水流発生装置と駆動水を供給するポンプや制御盤を搭載した浮体部となる。オゾンエアレーション装置と超音波照射装置を付加し効果的な水質改善が可能。
  (平成26年3月31日更新)
エビスマリン(株)
山田 慶明
有谷 将哉
095-821-8612
http://ebismarine.com
16 4.製品
08.コスト縮減
すぐれ門
(充電式水門開閉補助装置)
様式1(PDF:138KB)
様式2(PDF:124KB)
  従来人力にて水門の開閉を行っていたものを、新しく電動化にするには、かなりの予算と施工時間がかかっていました。そこで充電式の水門開閉補助装置「すぐれ門」を提案いたします。
   費用も従来より低価格に抑えられるとともに施工時間も短く出来ます。電力を引けなかった場所でも簡易電動化となり管理者の負担も軽減できます。
  (平成24年5月18日掲載)
(株)カミノ
宮本光男
058-391-6616
http://www.k-kamino.jp/
17 1.工法
08.コスト縮減
特殊高所技術
様式1(PDF:579KB)
様式2(PDF:127KB)
  足場や橋梁点検車等を使用せず、ロープ・装備具を使用し近接目視点検をおこなう技術である。
  (平成24年5月18日掲載)
(株)特殊高所技術
菊地佑介
092-513-9557
http://www.tokusyu-kousyo.co.jp/
18 1.工法
05.景観保全
袋詰脱水処理工法(ホウライチク緑化による自然融和型法面)
様式1(PDF:178KB)
様式2(PDF:110KB)
  本技術は、高含水比泥土をジオテキスタイル製透水袋に充填し、脱水を促進して土工材料として利用する土質改良技術である。
   軟弱地盤上や搬入路の制限のある場所での作業性が向上するほか、化学的固化材を使用しないため、処理土の良好な植生が期待できる。
   法面表面には、ホウライチク、コマチダケを植生することで根系の土壌緊縛効果でスレーキングによる土塊崩落を防ぎ、植生群落の緩衝効果によって波浪からの侵食防止を図る。
   植生の繁茂後は雑草の抑制効果があるため除草作業が軽減できるとともに、美しい景観が創造できる。
   水面下においてはホウライチク群生部は魚巣となり袋体の表面に藻が繁茂して生態系を豊かにする。生態系が豊かになることで水質が浄化される。
  (平成24年5月18日掲載)
(株)ピーエス三菱
杉本昌由
0465-46-2780
http://www.psmic.co.jp/gijyutu
/d_kankyou01.html
19 1.工法
16.災害復旧
大型ふとん籠工法
(ガードン)
様式1(PDF:268KB)
様式2(PDF:125KB)
  大型ふとん籠工法(ガードン)は施工の容易性、柔軟性、排水性というかご工法の機能を有しつつ、現場に応じて最適な形状を提案できる最高強度のかご工法です。
じゃかごなどでは困難であった大型化に対応できる剛性をもち、耐久性を有します。
   不等沈下や転石によって致命的な損傷を受けません。また、不等沈下に対する大規模な基礎工事を必要としません。
   金鋼、中詰め石とも透水性があり、壁背面からの排水が容易です。
   部材の搬入・組立が容易なので大型機械での施工が困難な場所に使用できます。また、短期間の施工が要求される場合に適し、寒冷期や簡易な締切りでの組立てが可能です。
   自然石や割栗石を用い金網は目立つ事がないので景観を損ねず、環境を汚染しません。施工後、中詰め石の間に土砂が堆積すると植物が繁茂するなど、周囲の自然状態を良好に保てます。
  (平成24年5月18日掲載)
共和ハーモテック(株)
内田祐介
096-385-0087
http://www.k-harmotech.co.jp/
20 欠番      

お問合せ先

土地改良技術事務所  工事課長

〒862-0901  熊本市東区東町四丁目5-7
  TEL 096-367-0411
  FAX 096-331-1131

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader