このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

2-4.新技術・新工法情報の提供 31~40

提供に関しての留意点

  公表資料は、農業農村整備事業及び海岸保全事業で実施する工事の効率性、低コスト化及び環境配慮を高めることを目的した参考資料です。

  公表内容は各申請者に基づく情報であり、当事務所ではその技術の評価、認定及び推奨は行いません

  また、公表資料である新技術・新工法の使用に関しては、申請者によく確認のうえ、使用者の責任において使用されるようご了承願います。

番号 区分
キーワード
新技術等の名称 新技術の概要
(HP掲載年月日)
会社名
担当者
電話番号
HPアドレス
31 2.材料
4.自然環境
ライトサンド
 様式1(PDF : 246KB)
様式2(PDF : 69KB)
  循環型社会構築のため,石炭火力発電所から産出される石炭灰(燃え殻)を土木工事等における土工材として有効利用する技術である。
ライトサンドは砂礫に分類され,多孔質で角ばった粒子形状をしていることから,締固め後の湿潤重量が一般土に比べ軽量であることならびに高いせん断強度や高い透水性を有する等,土構造の設計において有利な性能を有している。また,施工は一般土と同様の施工機械で施工可能である。
   (平成26年3月31日更新)
中国高圧コンクリート工業(株)
福原 將太
082-244-9058
32 4.製品
12.施設の長寿命化
耐地盤変動用 新型ダクタイル鉄管(ジェネックス)
様式1(PDF:552KB)
様式2(PDF:130KB)
  新型ダクタイル鉄管(ジェネックス)は、地すべり・地盤沈下・地震による液状化などの地盤変動に順応し、かつ長寿命化を実現した、新しいダクタイル鉄管です。
<特徴>
★K形管路以下の布設コストで耐地盤変動用管路が構築できます。
  新しい継手構造により、従来より狭い掘削構内での施工が可能となり、土木費が低減できます。
★新しい継手構造でNS形と比べ施工性が大幅に向上しました。
  直管はNS形の約3分の1(T形並)の挿入力で接合できます。
  異形管はメタルタッチ型のメカニカル継手で、ボルトの締め付け時のトルク管理が不要です。(インパクトレンチを標準使用)
★新しい外面耐食仕様により、長寿命を実現しました。
  鉄地と外面塗装の間に耐食層を設け、部分的に鉄部が露出しても耐食層の自己防食により防食機能を維持します。
★ジェネックスバルブもラインアップしています。
  同仕様の継手型バルブにより、管路として一様な耐地盤変動性能と長寿命が実現できます。
  (平成24年6月28日掲載)
(株)クボタ
九州支社
木村豊
092-473-2431
http://www.kubota.co.jp/tekkan
/DC/catalog/GENEX-1.pdf
33 4.製品
12.施設の長寿命化
ダクタイル井戸ケーシング管
様式1(PDF:158KB)
様式2(PDF:127KB)
1.抜群の耐久性
  水道の送・配水管で圧倒的な耐久性を持つダクタイル鉄管による井戸ケーシング管。内外面樹脂塗装、ゴム輪接合、離脱防止継手採用で長寿命化を実現しました。また、スクリーン部はステンレス製スクリーンを使用することで井戸全体の耐久性を確保しています。
2.優れた経済性
  ステンレス製井戸、FRPM製井戸に較べ経済的です。
3.優れた施工性
  ケーシング管接合用のワンタッチ離脱防止継手の採用で施工が容易になりました。このため、スピーディーな施工をしても接合部のピンホールの心配が無く、確実に品質を確保できます。
  (平成24年6月28日掲載)
(株)クボタ
九州支社
木村豊
092-473-2431
http://www.kubota.co.jp/tekkan
/DC/catalog/casing.pdf
34 1.工法
08.コスト縮減
ダクタイル鉄管による曲線布設工法
様式1(PDF:598KB)
様式2(PDF:130KB)
  ダクタイル鉄管継手の伸縮可とう性を活用し、継手の許容曲げ角度の2分の1(=設計曲げ角度)以内で連続して屈曲させ、円弧状に布設することで所定の屈曲角度に対応する。
【特徴】
  高い管体強度と継手の水密性
高水圧に耐える強靭な管体強度と、内圧作用時のスラストカや地盤変動に追従して優れた水密性能を発揮する継手を有している。
  コスト縮減効果
小屈曲の曲管を省略することで、その区間の管路コストを縮減できる。
  施工性
曲管を配置する場合に比べ施工性が向上する。スラスト防護が不要となるので工期短縮につながる。
  設計の自由度向上
既設水路や道路の湾曲に沿った配管計画が可能になる。
  内圧への安全性向上
内圧スラスト力を広い範囲に均等に分散して支持する。
  (平成24年6月28日掲載)
(株)クボタ

九州支社
木村豊
092-473-2431
http://www.jdpa.gr.jp/download
/nougyousuiyou
/nougyousuiyou.pdf

35 (欠番)      
36 1.工法
08.コスト縮減
RMA工法
様式1(PDF:246KB)
様式2(PDF:123KB)
  現在の耐震工法におけるレベル2地振動に相当する地震力を受けた場合に、部材のせん断・じん性が不足するものが多数存在する事が指摘されている。RMA工法はこの様な部材に対して部材の片側からのみの施工が可能である。
  RMA工法はせん断補強鉄筋を定着する為にカプセルタイプの無機系モルタル(RMA)を用いる工法であり、従来の工法よりも工期短縮でき、工費も節減できる工法である。
  (平成24年9月27日掲載)
(株)ケ- エフ シ-
須賀原 平
092-461-2735
http://www.kfc-net.co.jp
/products/cat03/52.html
37 1.工法
08.コスト縮減
DKIシステム
様式1(PDF:374KB)
様式2(PDF:212KB)
  推進工法は各方面での技術開発により、長距離・急曲線への適合性が向上し、その適用範囲は広がりつつあります。しかし長距離推進工法における掘進管理は切羽や元押ジャッキの管理が中心であり、滑材性能に関する管理はほとんど行われていません。そのため地山の崩壊や滑材の劣化が発生し、長距離推進を妨げる結果となっています。推力情報をリアルタイムに把握し、効率的な滑材注入により滑材性能を常に良好な状態で維持することで超長距離推進を可能な推進力低減システムの開発
  本システムは、掘進機後部に配置した全周方向滑材同時注入装置(DKIリング)から可塑性滑材DKIα材)を推進速度に合わせ定量管理でテールボイド部に注入し、地山の保持効果を持った滑材層を形成します。推進に伴い周辺摩擦抵抗力の増加(滑材の劣化、脱水等による)が生じた場合、当該箇所へ液状型潤滑材(DKIβ材)を補足注入し滑材効果の回復(周辺摩擦抵抗力増加防止)を図ります。
  液状型潤滑材の注入タイミング・注入箇所は、応力計測システムを用いて推進中リアルタイムで管列方向の推進力伝達情報をモニタリングし、滑材劣化に伴う推進力増大範囲を特定・補足注入することで、低推進力で安定した長距離推進施工を実現します。
  (平成26年4月23日掲載)
DKIシステム研究会
佐藤 文雄
03-5326-3943
http://www.dnc.co.jp/technology/
38 1.工法
08.コスト縮減
10施工作業効率
硬質地盤クリア工法
様式1(PDF:347KB)
様式2(PDF:219KB)
  従来は硬質地盤用オールケーシング工による砂置換の後、鋼矢板を打設するなど2工程での施工を行っていましたが、本技術では低騒音・低振動といった圧入工法の優位性を損なうことなく1工程での硬質地盤への矢板・杭の圧入を実現しました。
  玉石混じり砂礫層や岩盤などの硬質地盤に矢板・杭を打設する場合、従来は硬質地盤用オールケーシング工+バイブロハンマ工などで対応していましたが、これらの方法では2工程の施工となって工期が長くなる、重機搬入のための広い作業スペースを要すなどの課題がありました。硬質地盤クリア工法は、オーガ削孔と矢板圧入を連動させた「芯抜き理論」の実践によって1工程での施工を可能とし、無振動・無騒音といった圧入工法の優位性を損なうことなく、硬質地盤への矢板・杭の圧入打設を可能としています。
  (平成26年4月23日掲載)
(株)技研製作所
木村 育正
03-3528-1633
http://www.giken.com/ja
/press-n/penetration_tech
/integral_augering
39 1.工法
08.コスト縮減
10施工作業効率
ノンステージング工法
様式1(PDF:350KB)
様式2(PDF:166KB)
  本技術は、自走式の施工機械類を圧入完了した矢板上にコンパクトに展開した狭隘地や傾斜地、水上施工対応の鋼管・矢板の圧入システム工法で、従来は仮設構台で対応していました。本技術の活用により仮設レスでの施工を実現します。
  既に打込んだ矢板の引抜抵抗力を反力とする圧入原理を発展させ、矢板を「搬送」するパイルランナー、「吊り込み」するクランプクレーン、「圧入」するパイラーおよび駆動用エンジンユニットの各機械をシステム化してコンパクトに矢板上に展開したのがGRBシステムです。したがって、狭隘地、傾斜地、水上など制約のある現場はもとより、台風や集中豪雨の水害対策として緊急を要する護岸改修工事や、構造物が近接して工事用地の確保が難しい現場でも、仮設桟橋の設置や迂回道路の建設など仮設工事を一掃し、流路や交通を阻害せずに工事を完了することが可能です。
  (平成26年4月23日掲載)
(株)技研製作所
木村 育正
03-3528-1633
http://www.giken.com/ja
/press-in/grb_systems
40 3.機械
04.自然環境
08.コスト縮減
環境対応型圧入機
様式1(PDF:356KB)
様式2(PDF:166KB)
  本技術は、生分解性油脂類の採用やCO2排出量低減を達成した環境配慮型の鋼矢板圧入工法です。従来機の適用が広幅鋼矢板までに対して、本機ではハット形鋼矢板への対応を可能としました。本技術の活用により、施工の合理化と環境負荷のさらなる低減が達成されます。
  圧入機サイレントパイラーエコは、植物系の生分解性油脂「パイラーエコオイル」・「パイラーエコグリス」を使用、万一水中や土壌に油脂類が流出しても自然分解され、生態系に影響を及ぼす恐れはほとんどありません。(エコマーク商品認定)
  また、エンジンユニットは、排出ガス対策型建設機械(3次基準)および超低騒音対策型建設機械の認定取得はもとよりアイドリング切替機構の採用によって、CO2排出量を当社従来機SA100に対して26%も削減しています。さらに、ウォータジェットを併用する場合では、ジェットポンプの運転を圧入機サイレントパイラーの圧入動作に連動させて吐出量を自動調整し(エコジェットシステム)、使用水量の大幅削減によって地盤への影響を最小限に抑えています。
  (平成26年4月23日掲載)
(株)技研製作所
木村 育正
03-3528-1633
http://www.giken.com
/ja/press-n
/environmentally_friendly_tech

お問合せ先

土地改良技術事務所  工事課長

〒862-0901  熊本市東区東町四丁目5-7
  TEL 096-367-0411
  FAX 096-331-1131

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader