このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー
事業所HP TOP 肝属地域の概要 農業用水開発の歴史 事業の概要 事業の進捗状況 環境配慮の取り組み 工事の安全管理・品質確保対策
地域貢献活動 現地見学会 地域の情報 地域営農・事業効果 農業の6次産業化 農業分野のIT化 資料(パンフレット等)
キッズコーナー ダウンロード 動画配信・紹介 入札発注情報 アクセス リンク  

 

肝属地域の概要 

九州農政局肝属農業水利事業所がある肝属地域についての概要です。

 地理

肝属地域は、鹿児島県大隅半島の中南部に位置しており、北は桜島に接し、南は本土最南端北緯31度線の佐多岬を擁して、東シナ海を望み、また、東は太平洋、西は錦江湾(鹿児島湾)に面しています。大隅半島中央部には、北部に高隈山系(大箆柄岳(おおのがらだけ)1,237m)、南部に国見山系(甫与志岳(ほよしだけ)968m)を有し、これらに囲まれるように沖積平野が発達し、その中央部には肝属川(流域面積435km2、流路延長34km)が東西に流下しています。高隈山の麓に国営畑地かんがい第1号の笠野原地区で建設した高隈ダム(大隅湖)が位置しています。なお、現在ある「肝属」の由来についてははっきりしていませんが、肝付町の「肝付」については鎌倉時代から南北朝の中世紀に南九州の雄として,大隅・都城・日南まで,その勢力を及ぼし大隅半島全域を統治していた肝付家の名にちなんでいます。

 

 肝属地域地図4 

市町位置図

 

肝属地域地図2

大隅半島中央部(鹿屋市、肝付町周辺)

  

  環境

 (1)火山活動

鹿児島県の自然条件、農業条件を決定づけた最大の要因は現在も盛んな火山活動です。桜島は、2011年には年間で996回爆発噴火を繰り返し、2015年はそれを上回る勢いです。(2015年5月現在)2011年1月には、霧島連山の新燃岳が噴火するなど、現在も火山活動は盛んですが、数万年前、それを遙かに上回る火山活動があったのです。以下に、これまでの鹿児島での火山活動を簡単に述べます。

南九州を南北に走る中軸には、霧島連山、桜島、開聞岳、硫黄島、諏訪之瀬島などがほぼ直線上に並ぶ火山フロントが認められています。これは日向灘沖から南九州へのフィリピン海プレートの沈み込みにより、上部マントル物質がマグマを生じる深さ約100kmのラインと一致するものです。この火山フロントに沿って南九州では太古より大規模な噴火が繰り返されてきました。

カルデラはこうした噴火の痕跡です。例えば、錦江湾(鹿児島湾)はもともと陸地でした。現在の湾奥は、約2万2千年前に入土火砕流を噴出、陥没したカルデラ(姶良カルデラ)ですが、これ以前に噴火・陥没した阿多カルデラとともに湾を形成しました。桜島は1万3千年前、姶良カルデラ南縁の海底で火山活動が始まり誕生したものです。
巨大カルデラをつくった姶良、阿多、加久藤からの火砕流は最大厚さが80~160m、分布範囲が半径50~120kmの広域にわたり、南九州の谷や低地を埋め平坦な台地をつくりました。大隅半島もこうした火砕流に覆われた台地となっています。
笠野原台地(鹿屋市)の土壌を見ると、表土の火山灰土は、粒子が細かいため降雨があれば流亡し、日照りには砂埃として舞い上がります。下層土のシラスは30~100mにも及び保水性が低く干ばつになりやすいです。土の成分も強酸性で燐酸分にも乏しく生産力は極めて低くなっています。

参考文献:日本の自然九州(岩波書店) 

 

(2)気候・気象

鹿児島県は温帯気候帯から亜熱帯気候帯まで広範囲に及んでおり、年平均気温も15~23℃とかなりの温度差があります。降水量も地域によって大きな差があり、概ね2,000~3,000mmの降雨があります。
本事業受益地内における観測所(肝付前田)の30年間(1981~2010)の平均気温は17.3℃、年間降水量は2,501.3mmと温暖多雨地帯です。しかしながら、降雨の多くは梅雨期と台風期に集中し毎年のように災害を引き起こす程ですが、夏には干ばつによる被害を受けることもしばしばあります。

 

肝属地域概要5

肝属地域の降水量と気温(肝付前田観測所における1981年~2010年の平均)

 関係市町村

鹿屋市

鹿屋市は、旧鹿屋市と肝属郡の2町(吾平町・串良町)、曽於郡1町(輝北町)との合併により2006(平成18)年に発足しました。
鹿屋市は、大隅半島の中央部に位置し、人口10万人を擁する、大隅半島の行政・経済・産業の中核となる都市です。
年間の平均気温17℃という温暖な気候と豊かな自然を活かした農業・畜産が盛んです。
現在は「ばらのまち」「健康・交流都市」をキャッチフレーズとしています。
また、国立大学の鹿屋体育大学や海上自衛隊鹿屋航空基地があることでも全国的にその名が知られています。
2015(平成27)年4月、鹿児島県大隅加工技術研究センターが開設され、農業の6次産業化の研究開発拠点が整備されました。


肝付町

肝付町は、大隅半島の東部にある町であり、肝属郡に属します。高山町(こうやまちょう)と内之浦町が2005年(平成17年)に合併して発足しました。
旧高山町は塚崎古墳群、流鏑馬(やぶさめ)の町として知られています。肝属川河口の波見(はみ)港などが江戸時代においても貿易港として栄えていました。
旧内之浦町には、小惑星探査機「はやぶさ」を打ち上げた内之浦宇宙空間観測所があることで有名です。
また、2015(平成17)年4月には、公立高校としては全国初となる全国募集の全寮制の中高一貫教育校となる楠隼中学校・楠隼高等学校が開校し、宇宙航空研究開発機構 (JAXA)と連携した宇宙学の授業や県内唯一のスーパー食育スクールにも指定されました。


鹿屋市・肝付町のデータ(総面積・人口) 今後データを追加します。

項目 鹿屋市 肝付町 備考
総土地面積 448.38km2 308.10km2 国土地理院『全国都道府県市町村別面積調べ』(平成26年10月1日現在)
耕地面積 10,300ha 2,520ha 農林水産省統計部『面積調査』結果(平成26年7月15日現在)
2,290ha 1,260ha
7,990ha 1,260ha
総世帯数 49,770戸 8,239戸 総務省自治行政局『住民基本台帳・世帯数、平成25年度人口動態(市町村別)』(平成26年1月1日現在)
人口 計103,091
男  48,747
女  54,344
計  15,666
男    7,428
女  8,238
鹿児島県推計人口(平成27年4月1日現在)
販売農家戸数 3,289戸 917戸 農林水産省『2010世界農林業センサス』
農家人口
(販売農家)
8,361人 2,326人 農林水産省『2010世界農林業センサス』



鹿屋市・肝付町の観光・文化 

かのやバラ園

霧島ヶ丘公園は標高約160mの鹿児島湾(錦江湾)を望む丘陵地に位置し、北方向に高隈山、南方向に横尾岳、南西方向に開聞岳、北西方向に桜島を眺望できる景勝の地にあります。また、霧島ヶ丘公園には四季折々の花が咲く花壇を始め、360度のパノラマが楽しめるシンボルタワー、芝生広場、キャンプ場、フイールドアスレチック、ゴーカート、公園広場等の施設があります。
かのやバラ園は、この丘の東側丘陵地にあり、春、秋のバラの開花のシーズンには多彩なイベントが開かれ、県内外からたくさんの観光客が訪れます。敷地面積8.0ha、4千種、5万株のばらが植栽され、日本一の規模を誇るバラ園です。

 

参考HP:かのやバラ園(外部サイトへリンク) 

かのやバラ園

かのやバラ園



鹿屋航空基地史料館

海上自衛隊鹿屋航空基地内にある、海軍航空の歴史資料館で、旧日本海軍創設期から第二次世界大戦までの資料展示のほか、零式艦上戦闘機等が復元展示してあります。

  
参考HP:鹿屋航空基地資料館(外部サイトへリンク)

航空基地資料館1

航空基地資料館2

鹿屋航空基地資料館




吾平山上稜(あいらさんりょう)

吾平山上稜は全国でも珍しい岩屋の陵(塚墓)で、県下の神代三山陵の一つ。神武天皇の御父君と御母君の御陵です。大隅半島の中央を貫流する肝属川、その上流・姶良川の清冽な流れのほとり、山紫水明に包まれた景勝の地にあります。
正月三が日は大隅半島各地からの初詣客でにぎわいます。春は桜の名所として知られ、四季折々の風景を楽しむことができます。 


吾平山上稜

吾平山上稜



肝付町

流鏑馬(やぶさめ)

肝付町の四十九所(しじゅうくしょ)神社の流鏑馬は、五穀豊穣(ほうじょう)などを祈願する神事として900年近い歴史と伝統を誇り、同町新富の宮之馬場で奉納されます。
流鏑馬と同時に開催される「やぶさめ祭」では、高山橋河川敷イベント広場・歩行者天国道路で、多彩なイベントが繰り広げられ、町内外から大勢の祭りを楽しむ人々でにぎわいます。 

 

参考HP:高山やぶさめ祭(外部サイトへリンク)

流鏑馬1

流鏑馬2

流鏑馬



内之浦宇宙空間観測所

内之浦宇宙空間観測所では、1970(昭和45)年のわが国初の人工衛星「おおすみ」以来、多くの衛星・探査機を宇宙に送り出してきました。
2003年には、ここから小惑星探査機「はやぶさ」が打ち上げられました。また、内之浦宇宙空間観測所では、これらロケットの歴史や科学衛星について楽しく学べる宇宙科学資料センターを設けています。

 

参考HP:内之浦宇宙空間観測所(外部サイトへリンク) 

内之浦宇宙空間観測所

はやぶさ

内之浦宇宙空間観測所

はやぶさ



塚崎古墳群

国見山脈の北麓、塚崎の台地にある、前方後円墳が4基、円墳が39基で合計43基にものぼる古墳群です。この地域からは弥生時代の住居跡も発見されています。「塚崎の大楠」の樹齢は約1,300年以上とされており、県下でも蒲生、志布志の大楠に次ぐ3番目(幹周り14メートル)に大きい大楠です。50余種類を数える着生植物が共生し、植物学上でも貴重な存在といえます。

参考HP:塚崎古墳群(外部サイトへリンク) 

塚崎古墳群1

塚崎古墳群2

塚崎古墳群

塚崎の大楠


  •  

    肝付町四季マップ

    肝付町広報誌『広報きもつき(平成27年5月号) 』

     

    肝付町見所マップ

    肝付町広報誌『広報きもつき(平成27年5月号) 』

     

お問合せ先

九州農政局 肝属中部農業水利事業所

〒893-0015 鹿児島県鹿屋市新川町597
TEL:0994-40-9033
FAX:0994-40-0098