このページの本文へ移動

動物医薬品検査所

文字サイズ
標準
大きく
メニュー

薬剤感受性試験における最小発育阻止濃度(MIC)とディスク阻止円径の分布

全国から収集した菌株について、臨床検査標準協会(CLSI)に準拠した微量液体希釈法及びディスク法により試験を実施し、最小発育阻止濃度(MIC)と阻止円径の関係を示した。

  また、本調査結果から算出したディスク法におけるブレークポイントを参考情報として示した。

【表の注釈】
CLSIで規定されたディスク法における感受性(S)の範囲
CLSIで規定されたディスク法における中間(I)の範囲
CLSIで規定されたディスク法における耐性(R)の範囲
CLSIでディスク法におけるS,I,Rの規定がない薬剤
特に注釈がない場合は、CLSIで規定されたブレークポイント(BP , μg/mL)
【グラフの注釈】
S CLSIで規定されたディスク法における感受性
I CLSIで規定されたディスク法における中間
R CLSIで規定されたディスク法における耐性
特に注釈がない場合は、CLSIで規定されたブレークポイント(BP , μg/mL)
【本調査結果からのディスク法におけるBP(参考情報)の算出方法】
本調査結果から、統計ソフト(R)で受信者動作特性(ROC)曲線を描き、感度と特異度注)が最大の値になるようなディスク法のBPを算出した。ただし、本BPは必ずしも臨床効果を示すBPではないため、参考情報とする。
      注)感度   :耐性を耐性として検出する確率
            特異度:感受性を感受性として検出する確率


(1)サルモネラ(平成29年度~令和元年度)
(2)黄色ブドウ球菌(平成29年度~令和元年度)


「薬剤耐性菌のモニタリング」のトップへ戻る

「薬剤耐性菌への対応」のトップへ戻る


お問合せ先

動物医薬品検査所検査第二部
担当者:安全性検査第1領域
代表:042-321-1841(内線260)
ダイヤルイン:042-321-1940