このページの本文へ移動

植物防疫所

メニュー

中古農林業機械の輸出について

  一部の農業の用又は林業の用に使用されたことのある機械類及び車両(以下「中古農林業機械」という。)は、輸入国の植物検疫規則に基づき、輸出国で発給された植物検疫証明書の添付が必要な場合があります。

 中古農林業機械への植物検疫証明書の添付を要求する輸入国の多くは、輸入される中古農林業機械に対する植物検疫上の条件として「清掃され、土壌及び植物残渣が付着していないこと」を要求しています。これらの輸入国向けに中古農林業機械を輸出する方は、植物防疫所に証明書の交付を申請し、土壌及び植物残渣を完全に除去した上で、コンテナ等に積み込む前に植物防疫所による輸出検査を受検いただくようお願いします。

 輸出検査については、清掃施設または輸出港で行う実地検査と、書面による検査があります。ただし、書面による検査を希望される場合においても、初回の申請では実地検査及び清掃施設の設備等の確認が必要になりますので、ご注意ください。

国際基準

要領

手続様式

参考資料

各国の情報

関連URL