このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

佐々木 宏樹(ささき ひろき)

佐々木 宏樹

1. 専門分野

環境経済学,農業環境政策論,行動経済学

2. 略歴

1977年   山形県山形市生まれ.
2000年   新潟大学経済学部卒業.カナダ・アルバータ大学Visiting Student Certificate Program修了.
2003年   大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了
同年    農林水産省入省.以後,農林水産政策研究所,OECD農業局,大臣官房環境政策課等に勤務.
2008年   経済協力開発機構(OECD,在パリ)貿易・農業局 農業政策アナリスト
2011年   農林水産省大臣官房政策課企画官兼環境政策課
2012年   京都大学より博士号(農学)を取得
2014年   農林水産政策研究所主任研究官
2015年   国際連合食糧農業機関(FAO,在ローマ)気候・環境部プロジェクトオフィサー
2018年   現職
    早稲田大学政治経済学術院非常勤講師

3. 研究課題

  • 農業政策におけるEBPM(Evidence-based Policy Making,エビデンスに基づく政策立案)の推進に関する研究
  • ナッジ等行動科学を活用したRCT(Randomized Controlled Trial,ランダム化比較試験)による農家行動、消費者行動の分析に関する研究
  • 自然科学(温室効果ガス、生物多様性、窒素等)と社会科学の学術的連携による農業環境政策の評価に関する研究
  • ブロックチェーン技術等ICTを活用した農村活性化に関する研究

4. 研究業績

学術論文(査読つき)

著書

その他近年の執筆物

近年の学会等報告

  • Sasaki, H. “Evaluating the Environmental Impact of Agricultural Policies in Japan” ,生物多様性のための農業環境支払い国際シンポジウム,2019年3月5-6日,法政大学.
  • Sasaki, H. “Evaluating the Environmental Impact of Agricultural Policies in Japan- Combination of Farm Level Decision Making Model and Stylized Site-Specific Biophysical Model-”, NARO-MARCO International Symposium on Nitrogen Cycling and Its Environmental Impacts in East Asia(農研機構-MARCO国際シンポジウム「東アジアにおける窒素循環とその環境影響」)2018年11月19-22日,つくば国際会議場.
  • Sasaki, H. “Are Designing Innovative Agri-environmental Payments Possible? Lessons Learned from Experience in Japan and EU-”, International Symposium on Agri-environmental Polices: Combining Theory with Practice(第68回地域農林経済学会大会 国際ミニシンポジウム),2018年10月13-14日,東京農業大学.
  • Sasaki, H. “Analysis and Mapping of Impacts under Climate Change for Adaptation and Food Security (AMICAF)”, APEC Workshop: Strengthening APEC Cooperation on Food Security and Climate Change, April 19-21 2017, Ha Noi, Viet Nam.
  • Hayashi, T. and Sasaki, H. “Can Degrowth Transition Contribute to the Wellbeing of Rural Residents? -A Case Study in Japan-” 5th International Conference on Degrowth for Ecological Sustainability and Social Equity, 30 August – 3 September 2016, Budapest, Hungary.
  • Sasaki, H. “Do Japanese Turn to Rural Areas Seeking a Slower Life? Measuring the Rural-Urban Disparity with Subjective Well-Being”, 5th Associazione Italiana di Economia Agraria e Applicata (AIEAA) Conference: The Changing Role of Regulation in the Bio-based Economy, 16-17 June, 2016, Bologna, Italy.
  • 林岳・佐々木宏樹「GDP,真の進歩指標,主観的幸福度による都市農村格差の計測」,北海道農業経済学会,2016年3月,帯広畜産大学.
  • Sasaki, H. and Kanamaru, H. “Multi-Disciplinary Assessments of Climate Change Impacts on Agriculture to Support Adaptation Decision Making”, Rome2015 Science Symposium on Climate, 19-20 November 2015, FAO, Rome, Italy.
  • 林岳・佐々木宏樹「GDP, ISEW, 主観的幸福度による都市農村格差の計測」,日本地域学会,2015年10月,岡山大学.
  • Hayashi, T. and Sasaki, H. “Measuring the rural-Urban Disparity with GDP, ISEW and Subjective Well-being: A Case Study in Japan”, 11th International Conference of the European Society for Ecological Economics (ESEE), 30 June - 3 July 2015, Leeds, UK.
  • 佐々木宏樹・西田貴明 「農村活性化と生物多様性」(招待講演),日本生態学会,2015年3月,鹿児島大学.
  • 植竹哲也・佐々木宏樹「環境保全型農業直接支払交付金の環境影響評価―環境経済統合モデルによる政策分析―」,日本農業経済学会,2015年3月,東京農工大学.

5. 所属学会

日本農業経済学会,農村計画学会,イタリア農業・応用経済学会(Associazione Italiana di Economia Agraria e Applicata)

6. その他の活動

  • 早稲田大学政治経済学術院 非常勤講師(2018年~)
  • 農林水産省「「気候変動の下での持続可能な農業推進」に関する検討会」委員(2018年)
  • 農研機構-MARCO国際シンポジウム「東アジアにおける窒素循環とその環境影響」科学委員(2018年)
  • 環境省「平成26年度経済的手法を用いた生物多様性の価値の主流化等に関する調査事業」検討会委員
  • 滋賀大学環境総合研究センター客員研究員(2006~2009年度)
  • OECD農業環境合同作業部会日本政府代表団

 

[更新日:2019年4月9日]

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600