このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

家庭の生ごみからたい肥をつくる(山形県長井市)

とうほく 食のもの知り隊
 
           私たちの食卓    東北の農林水産業    安全・安心な食べ物について    食べ物と自然環境
 

~農作物を育てる土づくりに利用されるよ~

現在わたしたちの家庭での料理や食事をするときに出てしまう野菜のきりくずや、食べ残しなどの生ごみのほとんどは回収され焼却処分される場合が多く、資源の再利用がされにくくなっています。長井市では、資源として再利用するために生ごみを加工するコンポストセンターという施設を作りました。

生ごみを焼却しないで再利用するんだね!

コンポストセンターに運ばれる生ごみは、市内の家庭から集められ、たい肥として利用できるように加工します。

加工されたたい肥は農家で使用され、野菜や果物を育てるための土づくりに役立てられています。

施設に集められる生ごみ
袋詰めされたたい肥

長井市ではこの取り組みを行なう前に比べて焼却ごみの量が約3分の1に減ったんだって!

 

 

 

 

お問合せ先

企画調整室
代表:022-263-1111(内線4270、4313)
ダイヤルイン:022-221-6107
FAX:022-217-2382