このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

キッズコーナー

キッズコーナー

クマ

過去に実施した国営事業地区の紹介

過去に実施された国営事業地区の概要と、これらの事業が現在の地域づくりにどのように関わっているかなどを簡単にまとめました。

第1回目は国営開拓建設事業「岩手山麓地区」をご紹介します。

クマ

岩手山麓地区を知っていますか??

写真

(1)戦後日本の復興のために

第2次世界大戦の敗戦から日本が立ち直るためには、

1.食糧の増産
2.産業の振興

が大きな目標で、全国21箇所で緊急に農地を開拓するプロジェクト(緊急開拓事業)が始まりました。
このプロジェクトの一つとして、盛岡市周辺では岩手山麓に広がる軍用地(馬の育成用地)を農地として活用する、「農林省岩手山麓開拓建設事業」が始まりました。

(2)岩手山麓開拓建設事業の概要

事業の内容は、岩手山の東側約1万2千ヘクタールの地域に、

■ 6,000ヘクタールの“田んぼ”を作る
2,500へクタールの“畑”を作る
田んぼや畑の水源として“岩洞ダム”を作る
ダムの水を農地に導くために約180kmの“水路”を造る
交通のために約360kmの“道路”を造る

というとてつもない大きなプロジェクトでした。

また、戦後の産業を支えるエネルギー源である電力を生み出すため、岩洞ダムの水を活用した水力発電所を、2箇所作りました。

(3)事業によってもたらされたもの

この事業は昭和43年(今から38年前!)に完了しました。
岩手山麓のすそ野に広がる田んぼや畑からはお米や野菜、岩手県の特産でもある“リンゴ”などが農家の方々によって作られていて、農業王国岩手県の一翼を担っています。
この他にも色々なところで今の盛岡市周辺の街作りに役立っていることがあります。
例えば、

1.岩洞湖:

岩洞ダムによって造られた“ダム湖”で、キャンプや釣りなどレクリエーションの場として利用されています。

2.水力発電による電力の供給:

岩洞ダムの水を利用した2つの発電所は現在でも現役で活躍しています。
その発電量は年間約2億3千万キロワットという膨大な電力量で、これは約20万人の人々(盛岡市の人口の2/3以上!)が使用する電気を生み出しています。

3.道路網の整備:

この事業でつくった道路の長さは全部合わせると、365キロメートルにもなり、これは新幹線で言うと“東京駅から仙台駅(352km)を超える距離”です。
この道路は今の町の発展に大きな役割を果たしており、現在の滝沢役場前を走る道路「県道16号線」も岩手山麓開拓建設事業でつくった道路です。

このように皆さんの身近なところに、昔に行った農業の整備事業がたくさんあります。

お問合せ先

北上土地改良調査管理事務所
〒020-0023 岩手県盛岡市内丸7-25 盛岡合同庁舎3階
電話:019-613-2533(代)
FAX:019-654-0271