このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

プレスリリース

「令和2年度未来につながる持続可能な農業推進コンクール」の東北農政局長賞の受賞者を決定しました

  • 印刷
令和3年3月12日
東北農政局

添付資料に誤りがありましたので訂正の上、差し替えをしました。(令和3年3月17日修正)

東北農政局は、「令和2年度未来につながる持続可能な農業推進コンクール」における、東北農政局長賞の受賞者を決定しましたので、お知らせします。

1.概要

東北農政局は、未来につながる持続可能な農業推進コンクール(農林水産省主催)の一環として、東北地域における有機農業をはじめとする環境保全型農業やGAPの取組を通じて、持続可能な農業の確立を目指し意欲的に経営や技術の改善等に取り組んでいる農業者等を、GAP部門と有機農業・環境保全型農業部門に分けて表彰しています。
この度、令和2年度の東北農政局長賞(全8点)を決定しました。

GAP(Good Agricultural Practices)とは、農業における食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取組であり、その実践及び認証取得の推進は、輸出拡大や農業人材の育成など、我が国の農業競争力の強化を図る観点から極めて重要です。

2.受賞者

【GAP部門】
第三者認証を備えたGAP(GLOBALG.A.P.、ASIAGAP、JGAP)を取得し、かつ、継続的なGAPの取組を通じて、持続可能性の確保や農業経営の改善等について顕著な成果を上げた農業者、農業団体及び教育機関等が対象

  • 青森農産株式会社(青森県三戸郡新郷村)
  • 宮城県加美農業高等学校(宮城県加美郡色麻町)
  • 農事組合法人  樽見内営農組合(秋田県横手市)
  • はねだ桃園(福島県伊達郡桑折町)

【有機農業・環境保全型農業部門】
有機農業をはじめとする環境保全型農業の取組を通じて、環境負荷低減や生物多様性など環境の保全等に顕著な成果を上げた農業者、農業団体及び教育機関等が対象

  • 青森県立名久井農業高等学校  園芸科学科  果樹専攻班(青森県三戸郡南部町)
  • 福本  敏・幸子(岩手県岩手郡雫石町)
  • 農地所有適格法人  有限会社  山形川西産直センター(山形県東置賜郡川西町)
  • 福島県立安達東高等学校(福島県二本松市)

受賞者の取組概要は、別添「受賞者概要」を御覧ください。

3.賞状の授与

3月中旬以降、各受賞者に対し賞状を授与(手渡し又は郵送)する予定です。


<添付資料>

  • 受賞者概要(PDF : 1,371KB)

    添付資料(令和3年3月17日修正
    ・青森農産株式会社の面積及び品目
        (誤)   面積:5ha          品目:にんにく、きゅうり、ぶどう
        (正)   面積:6.5ha       品目:にんにく
    ・福本 敏・幸子の面積
        (誤)   面積:0.02ha
        (正)   面積:0.2ha

お問合せ先

(GAP部門について)
生産部生産技術環境課

担当者:中村、深澤
代   表:022-263-1111(内線4392、4397)
ダイヤルイン:022-221-6214
FAX:022-217-4180

(有機農業・環境保全型農業部門について)
生産部生産技術環境課

担当者:土岐、鈴木
代   表:022-263-1111(内線4439、4396)
ダイヤルイン:022-221-6214
FAX:022-217-4180

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader