このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

プレスリリース

「平成30年度農林水産物・食品輸出促進セミナー」の開催について

  • 印刷
平成31年2月18日
東北農政局
平成31年3月5日(火曜日)、仙台合同庁舎A棟において「平成30年度農林水産物・食品輸出促進セミナー」を開催します。
本セミナーは公開です。また、報道関係者の取材及びカメラ撮影は可能です。

1.概要

政府は、我が国の農林水産物・食品の輸出について、平成31年に輸出額を1兆円とする目標を掲げ、オールジャパンで戦略的に進めています。
このような中、東北地域における農林水産物・食品の輸出の取組を後押しすることを目的に、国や事業者の輸出促進の取組及び海外の流通・販売の実情等について情報提供する「平成30年度農林水産物・食品輸出促進セミナー」を開催します。

2.開催日時及び場所 終了しました。

日  時:平成31年3月5日(火曜日)  13時30分~17時00分  (受付開始13時00分)
場  所:仙台合同庁舎A棟  8階講堂
所在地:仙台市青葉区本町三丁目3番1号
  (会場には駐車場がございませんので、公共交通機関または民間駐車場を御利用ください。)

3.内容

【第一部】  13時30分~15時40分
 1  講演
 ・「青森りんごのグローバル産地作りについて」
      一般社団法人青森県りんご輸出協会事務局長  鈴木 隆 氏
 ・「東北と九州による香港向け輸出体制の連携強化について」
      九州農水産物直販株式会社業務部長  辰巳 雄一 氏
 2  施策紹介
 ・「経済産業省の農林水産物・食品輸出の支援策」
      経済産業省大臣官房審議官(貿易経済協力局・農林産品輸出担当)
 ・「GFPの登録状況と今後の取組について」
      農林水産省

【第二部】  16時00分~17時00分
 ・GFP個別相談会及び交流会
   (一社)青森県りんご輸出協会、九州農水産物直販(株)、東北経済産業局、農林水産省、JETROの各ブースを設置し、GFP登録者を中心に個別相談を実施します。

4.参集範囲

東北地域農林水産物等輸出促進協議会会員、農林漁業者、地方公共団体、関係支援機関、金融機関、GFP登録事業者、その他輸出に関心のある方(定員100名)

5.主催

東北地域農林水産物等輸出促進協議会(事務局:東北農政局経営・事業支援部地域連携課)

6.参加申込方法  参加申込は終了しました。

参加費は無料です。

参加を希望される方は、平成31年3月1日(金曜日)17時までにインターネット又は別添の「参加申込書」に必要事項を御記入の上、FAXにてお申込みください。なお、お申込みによって得られた個人情報は厳正に管理し、御本人への連絡を行う場合に限り利用します。

(1)インターネットによるお申込先
  申込みフォーム:https://www.contactus.maff.go.jp/j/tohoku/form/keiei/renkei/190218_2.html

(2)FAXによるお申込先
  送信先:経営・事業支援部地域連携課
  FAX:022-722-7378

定員(100名)に達し次第、締め切らせていただきます。なお、定員を超えるお申込みがあり、御参加いただけない方には御連絡します。

参加される方は、仙台合同庁舎A棟 正面玄関(1階)の農林水産物・食品輸出促進セミナー専用受付にて入館証をお受取いただき、8階講堂にお入りください。

7.報道関係者の皆様へ

取材を希望される方は、別添「取材申込書」に必要事項を御記入の上、平成31年3月1日(金曜日)17時までにFAXにてお申込みください。

<添付資料>

お問合せ先

経営・事業支援部地域連携課

担当者:中家、武藤、大槻
代表:022-263-1111(内線4372、4377)
ダイヤルイン:022-221-6402
FAX番号:022-722-7378