このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

プレスリリース

「新規就農フォーラムin福島」の開催について

  • 印刷
令和元年12月24日
東北農政局

東北農政局は、令和2年1月21日(火曜日)に福島県農業総合センター(福島県郡山市)において「新規就農フォーラムin福島」を開催します。

1.趣旨

東北地域の農業の持続的な発展を図るために、青年層の農業への就業を促進し、将来に向けて世代間のバランスのとれた農業構造を実現することが喫緊の課題となっています。
一方、福島県では、東日本大震災及び原発事故により大きな被害が生じ、避難指示が順次解除され、避難住民が戻り始め営農を再開しているところがあるものの、いまだ震災前の状況とはほど遠い状況となっております。
このため、東日本大震災から現在までの復興の経緯や風評被害の払拭に取り組んでいる事例等を聞き、少しでも多くの人の福島県下での就農及び営農再開の一助となるように、「新規就農フォーラムin福島」を開催します。

2.開催日時及び場所 (終了しました。)

日時:令和2年1月21日(火曜日) 12時30分~15時10分
場所:福島県農業総合センター(福島県郡山市日和田町高倉字下中道116番地)

3.内容

1  基調講演「若い力で農業を盛り上げよう(仮題)」
     ラジオパーソナリティ 藤原カズヒロ 氏
2  トークセッション「なりたい自分になろう(仮題)」
    <事例発表者・パネリスト>
        (1) 新規就農者 林 玄三郎 氏(福島県昭和村)
             昭和村産業建設課産業係 係長 山内 康次 氏
        (2) 有限会社まるせい果樹園(福島県福島市)
             新規雇用就農者 大和田 瑞貴 氏・佐藤 弘樹 氏
             法人経営者 佐藤 ゆきえ 氏
        (3) 新規就農者 後藤 直之 氏(福島県新地町)
      <ファシリテーター(司会進行役)>
          ラジオパーソナリティ 藤原カズヒロ 氏

4.参集範囲

就農希望者、学生、農業者、農業法人の経営者、指導農業士、県農業会議、青年農業者等育成センター、行政機関など

5.主催

東北農政局

6.共催

福島県

7.後援

福島県農業協同組合中央会

8.参加申込方法

参加費は無料です。
「新規就農フォーラムin福島」への参加希望者は、令和2年1月14日(火曜日)までに、インターネット又は「別紙」参加申込書に必要事項を記入の上、ファクシミリにてお申込みください。また、下記の電話番号まで直接お電話いただいてもお申し込みできます。お申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、「新規就農フォーラムin福島」の運営に限り利用いたします。

1 インターネットによるお申込先
  下記ホームページの申込フォームよりお申込みください。
  https://www.contactus.maff.go.jp/j/tohoku/form/keiei/sien/191224.html

2 ファクシミリによるお申込先
   送信先:東北農政局 経営・事業支援部 経営支援課
   FAX:022-722-7378

3 電話によるお申込先
   TEL:(代表)022-263-1111   (内線)4549、4434

<添付資料>
「別紙」参加申込書(PDF : 434KB)

定員(200名)に達した場合は、締め切りとさせていただきますのでご了承ください。

9.報道機関の皆様へ

本フォーラムは、公開としカメラ撮影は可能です。取材を希望される方は、8.参加申込方法によりお申込みください。なお、当日の取材につきましては、会場係員の指示に従ってください。

お問合せ先

経営・事業支援部 経営支援課

担当者:峯岸、鈴木、日髙
代表:022-263-1111(内線4549、4434)
ダイヤルイン:022-221-6217
FAX番号:022-722-7378