このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

プレスリリース

世界農業遺産への認定申請に係る承認を行う地域の決定について

  • 印刷
令和3年2月19日
東北農政局

農林水産省は、令和3年1月27日(水曜日)に行った世界農業遺産等専門家会議の評価結果を踏まえ、世界農業遺産への認定申請に係る承認及び日本農業遺産の認定を行う地域について決定しました。

1.概要

世界農業遺産は、世界において重要かつ伝統的な農林水産業を営む地域を認定する制度であり、各国政府(日本の場合は農林水産省)の承認を得て、国連食糧農業機関(FAO)が認定します。
また、日本農業遺産は、我が国において将来に受け継がれるべき伝統的な農林水産業システムを有する地域を認定する制度であり、農林水産大臣が認定します。
この度、令和3年1月27日に行われた世界農業遺産等専門家会議の評価結果を踏まえ、世界農業遺産への認定申請に係る承認及び日本農業遺産の認定を行う地域を決定しました。
東北農政局管内では以下の地域が決定されました。

2.世界農業遺産への認定申請を承認した地域

山形県最上川(もがみがわ)流域
最上川流域の紅花システム   ~歴史と伝統がつなぐ山形の「最上紅花」~

3.今後の予定

世界農業遺産への認定申請を承認した地域については、今後FAOへの認定申請を行い、FAOによる認定審査を受けることになります。

4.参考

農林水産省プレスリリース  https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kantai/210219.html

<添付資料>

お問合せ先

農村振興部農村環境課

担当者:浜岡、鮫島
代表:022‐263‐1111(内線4129)
ダイヤルイン:022‐221‐6260
FAX番号:022‐715‐8217