このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

プレスリリース

東北農政局国営事業事後評価技術検討会(第1回)の開催について

  • 印刷
令和2年6月23日
東北農政局

東北農政局は、令和2年6月30日(火曜日)及び令和2年7月1日(水曜日)仙台合同庁舎B棟2階共用第2会議室において「東北農政局国営事業事後評価技術検討会(第1回)」を開催しますのでお知らせします。

本検討会は公開です。カメラ撮影は会場にて冒頭のみ可能です。

1.概要

農林水産省は、事業の効率性及び事業実施過程の透明性の一層の向上を図るため、国営土地改良事業の完了地区において、事業完了後一定期間経過後に事業効果の発現状況等について評価を行っています。

東北農政局では、その評価の実施に際し、学識経験を有する者の専門的知見を活用するため、事後評価技術検討会を開催します。

2.開催日時及び場所 (終了しました)

日時:令和2年6月30日(火曜日) 16時00分 ~ 17時30分
         令和2年7月1日 (水曜日) 10時00分 ~ 11時30分

場所:仙台合同庁舎B棟2階共用第2会議室

所在地:仙台市青葉区本町3丁目3番1号

3.議事内容

1.技術検討会の公開方法
2.国営農地再編整備事業「いさわ南部地区」事後評価結果(案)等について
3.質疑応答

4.出席予定者

東北農政局国営事業事後評価技術検討会委員

  令和2年6月30日(火曜日)出席
岩手大学教育学部 准教授 梶原  昌五
宮城大学事業構想学群 教授 郷古  雅春
東北大学大学院農学研究科 教授 冬木  勝仁

 

  令和2年7月1日(水曜日)出席
株式会社はなやか 代表取締役 伊藤  惠子
地域デザイン事務所est 代表 高橋  英子


東北農政局 国営事業管理委員会(事後評価)
東北農政局 農村振興部長 他 5名

5.主催

東北農政局

6.傍聴申込方法

1.傍聴に当たっては、当日の議事次第「技術検討会の公開方法」にて承認されたのちに、会場に入場し傍聴することとなります。
2.傍聴者への配布資料は議事次第のみとなります。
3.傍聴希望者は、別紙1「傍聴申込方法」を参照の上、はがき、封書、FAXのいずれかでお申込みください。
   はがき・封書での申込締切日は、令和2年6月26日(金曜日)必着です。
   FAXでの申込みは、9時00分~17時00分の時間で受付け、申込締切日は、令和2年6月26日(金曜日)です。
4.会場の都合により希望者多数の場合は先着順とし、傍聴できない場合は、令和2年6月29日(月曜日)までに御連絡いたします。
5.傍聴に当たっては、別紙2「傍聴する場合の留意事項」並びに別紙3「新型コロナウイルス感染症の感染防止対策に係る留意事項」に配慮願います。

登録に関する個人情報は、本検討会の連絡以外には一切使用いたしません。なお、これ以外に使用する場合は相談させて頂きます。
庁舎内の駐車場は御利用できません。お越しの際は、公共交通機関や近隣の民間駐車場を御利用ください。

7.報道関係者の皆様へ

1.報道関係者で取材を希望される方は、社名、人数及び氏名等を御記入の上、令和2年6月26日(金曜日)までにFAXでお申込みください。(様式自由)
2.報道関係者の席は傍聴者の定員に含まれます。希望者多数の場合は先着順とし、傍聴できない場合は、令和2年6月29日(月曜日)までに御連絡いたします。
3.別紙2「傍聴する場合の留意事項」並びに別紙3「新型コロナウイルス感染症の感染防止対策に係る留意事項」に配慮願います。

<添付資料>
別紙1「傍聴申込方法」(PDF : 40KB)
別紙2「傍聴する場合の留意事項」(PDF : 41KB)
別紙3「新型コロナウイルス感染症の感染防止対策に係る留意事項」(PDF : 27KB)

お問合せ先

農村振興部土地改良管理課

担当者:小玉、内海
代表:022-263-1111(内線4126)
ダイヤルイン:022-221-6252
FAX番号:022-715-8217

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader