このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

プレスリリース

東北農政局国営事業事後評価技術検討会(第2回)の開催について

  • 印刷
令和3年7月6日
東北農政局
東北農政局は、令和3年7月13日(火曜日)仙台合同庁舎B棟2階共用第二会議室において「東北農政局国営事業事後評価技術検討会(第2回)」を開催しますのでお知らせします。
本検討会は公開です。カメラ撮影は会場にて冒頭のみ可能です。

1.概要

農林水産省は、事業の効率性及び事業実施過程の透明性の一層の向上を図るため、国営土地改良事業の完了地区において、事業完了後一定期間経過後に事業効果の発現状況等について評価を行っています。
東北農政局では、その評価の実施に際し、学識経験を有する者の専門的知見を活用するため、事後評価技術検討会を開催します。

2.開催日時及び場所

日時:令和3年7月13日(火曜日)13時00分~17時00分
場所:仙台合同庁舎B棟2階共用第二会議室
所在地:宮城県仙台市青葉区本町3丁目3-1

3.議事内容

1.国営かんがい排水事業「鳴瀬川地区」及び「最上川下流沿岸地区」事後評価結果(案)について
2.質疑応答
3.国営事業事後評価技術検討会の意見聴取

4.出席予定者

東北農政局国営事業事後評価技術検討会委員
  株式会社はなやか             代表取締役  伊藤 惠子
  岩手大学教育学部             准教授        梶原 昌五
  宮城大学食産業学群          教授           郷古 雅春
  地域デザイン事務所est      代表          高橋 英子
  東北大学大学院農学研究科  教授          冬木 勝仁
(五十音順、敬称略)

東北農政局国営事業管理委員会(事後評価)委員
  東北農政局 農村振興部長 ほか 5名

5.主催

東北農政局

6.傍聴申込方法

1.傍聴に当たっては、当日の議事「技術検討会の公開方法」にて承認されたのちに、会場に入場し傍聴することとなります。
2.傍聴者への配布資料は議事次第のみとなります。
3.傍聴希望者は、下記のインターネットにて、本検討会の参加を希望する旨、お名前、所属、連絡先(電話番号及びメールアドレス)を御連絡ください。
申込締切日は令和3年7月9日(金曜日)です。
<連絡先>
URL:https://www.contactus.maff.go.jp/j/tohoku/form/nouson/totikaikanri/210706.html
登録に関する個人情報は、本検討会の連絡以外には一切使用いたしません。なお、直接お電話での申込みはできませんので、御了承ください。
4.会場の都合により希望者多数の場合は先着順とし、傍聴できない場合は、令和3年7月12日(月曜日)までに御連絡いたします。
5.傍聴に当たっては、別紙1「傍聴する場合の留意事項」並びに別紙2「新型コロナウイルス感染症の感染防止対策に係る留意事項」に配慮願います。
お越しの際は、公共交通機関や近隣の民間駐車場を御利用ください。
<添付資料>
別紙1「傍聴する場合の留意事項」(PDF : 44KB)
別紙2「新型コロナウイルス感染症の感染防止対策に係る留意事項」(PDF : 25KB)

お問合せ先

農村振興部土地改良管理課

担当者:髙橋、吉田
代表:022-263-1111(内線4126)
ダイヤルイン:022-221-6252