このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

プレスリリース

「東北農政局消費者展示コーナー」(4月後半)のお知らせ

  • 印刷
令和2年4月8日
東北農政局

東北農政局では仙台合同庁舎B棟1階に「消費者展示コーナー」を設置し、農林水産行政一般、東北管内の地場産品等の紹介・PRに努めております。

安全で健やかな食生活のために家庭でできること

これからの時期、毎年、スイセンをニラと間違えるなど、有毒な植物を野菜や山菜と誤って食べて食中毒になるケースが発生しています。また、ジャガイモの芽や緑色になった部分には、天然毒素であるソラニンやチャコニンが多く含まれており、これらの毒素をとり過ぎると食中毒をおこす可能性があります。

食品には、ある程度以上摂取すると健康に悪影響を与える可能性のある成分を含むこともありますが、食生活に気をつけたり、調理の仕方を工夫したりすると食品からとる量を減らすことができます。

4月後半の消費者展示コーナーでは、野菜や山菜と間違いやすい有毒植物、食品に含まれる健康に悪影響を与える可能性のある成分について、実物やパンフレット等を展示し、家庭でできる注意点などをご紹介します。

 

開催期間

令和2年4月15日(水曜日)~4月30日(木曜日) 5月18日(月曜日)
※5月18日(月曜日)まで開催期間を延長して展示しています。(令和2年5月7日追記)

開催場所

東北農政局消費者展示コーナー(仙台合同庁舎B棟1階 行政情報プラザ)
仙台市青葉区本町3丁目3番1号 

展示内容

   野菜・山菜と間違いやすい有毒植物の実物、画像等
   ポスター・パンフレット

スイセンとニラ













芽が出たジャガイモ

スイセンの茎の特徴
茎は黒または茶色の外皮に
包まれた鱗茎の内部から出る


芽が出たじゃがいも


お問合せ先

消費・安全部消費生活課

担当者:菊池、三浦
代表:022-263-1111(内線4318、4320)
ダイヤルイン:022-221-6093
FAX番号:022-221-6093