このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

プレスリリース

「第2回東北地域の水田地帯における新たな野菜産地育成推進セミナー」の開催について

  • 印刷
平成31年2月21日
東北農政局

東北農政局では、平成31年3月15日(金曜日)に、「第2回東北地域の水田地帯における新たな野菜産地育成推進セミナー」を開催します。
本セミナーは公開です。また、報道関係者の取材及びカメラ撮影は可能です。

1. 趣旨

東北地域の水田地帯において、水稲から野菜への転換を図り、新たな野菜産地を育成するためには、転換する際の技術面や販売面の課題を克服することが必要となっています。
今般、水田地帯において、加工・業務用野菜を生産している農業者の取組事例や食料生産地域再生のための先端技術展開事業の研究成果を提供し、新たな野菜産地の育成に資するため、セミナーを開催します。

2.開催日時及び場所  終了しました。

日   時:平成31年3月15日(金曜日)13時30分~16時30分
場   所:仙台合同庁舎A棟7階会議室
所在地:宮城県仙台市青葉区本町三丁目3-1
 ※合同庁舎内の駐車場は利用できません。公共交通機関や近隣の民間駐車場を御利用ください。

3.内容

(1) 事例発表
     ア 「企業との連携によるばれいしょ栽培の取組」
           宮城県ぽてと生産者協議会 会長 赤坂芳則 氏  
     イ 「ねぎ及びかぼちゃの契約栽培の取組」
           有限会社 正八 代表取締役 宮川正和 氏

(2) 研究成果発表
「露地園芸における機械化体系の適用による低コスト・省力化、収益増を目指しキャベツ及びたまねぎにおける機械化体系の実証」
農研機構 東北農業研究センター 主任研究員 山本岳彦 氏

4.参集範囲

農業者、農業者団体、県市町村、試験研究機関、卸売業者、実需者等 (定員100名)

5.主催

東北農政局

6.参加申込   参加申込みは終了しました。

(1) 申込方法
   参加費は無料です。
   参加を希望される方は、インターネット又は別添の「参加申込書」に必要事項を御記入の上、ファクシミリにてお申込みください。
   なお、お申込みによって得られた個人情報は、本セミナーの運営の目的以外には一切使用しません。

     <インターネットによるお申込先>
        以下の参加申込フォームからお申込みください。
        https://www.contactus.maff.go.jp/j/tohoku/form/tokusan/190221.html

     <ファクシミリによるお申込先>
        ファクシミリ送信先:生産部園芸特産課
        ファクシミリ番号:022-217-4180

(2) 申込締切
   平成31年3月8日(金曜日) 
   申込締切日前であっても定員に達した場合は締め切らせていただきます。
   なお、定員を超えるお申込みがあり、御参加いただけない方には御連絡します。

7.その他

当日撮影した写真を東北農政局のホームページ等に掲載する場合があります。

8.報道関係者の皆様へ

取材を希望される方は、下記、お問い合わせ先担当者へ電話にてお申込みください。

<添付資料>

お問合せ先

生産部園芸特産課

担当者:石山、高橋
代表:022-263-1111(内線4540,4117)
ダイヤルイン:022-221-6193
FAX番号:022-217-4180

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader