このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

福島地域からの便り(平成22年度)

福島の「農山漁村の季節の風物詩」、「農産物直売所、農漁家民宿等の取組」、「村おこしイベント」、「農山漁村の行事、お祭り」、「郷土料理」など東北各地域の取組や様子などを紹介します。

目次

 初春の訪れを告げる可憐な福寿草 -福島県・いわき市- (2011年2月1日掲載)

初春に咲き、福を招く縁起の良い花として親しまれている福寿草は、キンポウゲ科の多年草で北海道から九州の山林に自生しています。
いわき市三和町下三坂地区には、「福寿草の里」と呼ばれる群生地があり、日当たりの良い南向きの斜面には黄色のかわいい花が咲き始め、早春の訪れを知らせています。
見頃は例年2月上旬頃となっており、3月6日には「三和の里福寿草まつり」が開催されます。
当日は、地元農家による手作りのしみもちや柏餅、野菜等を販売する出店があったり、先着300名にとん汁が無料で振る舞われるなどのイベントも行われますので、近くへお越しの際は足を運んでみてはいかがでしょうか。

(写真は平成23年1月20日撮影)

いわき統計・情報センター 電話:0246-29-2050

福寿草
福寿草1

福寿草1

福寿草2

福寿草2

福寿草の里看板

福寿草の里看板

福寿草まつりチラシ

福寿草まつりチラシ


 冬の風物詩「あんぽ柿」出荷が始まる -福島県・伊達市- (2010年12月21日掲載)

福島県北地域では、毎年11月中旬になると「蜂屋(はちや)」や「平核無(ひらたねなし)」といった渋柿を一つ一つ丁寧に収穫して皮を剥き、軒先や乾燥小屋に吊り下げられた「あんぽ柿」が多く見られ、オレンジ色のカーテンのように幾重にも連なります。
福島県の「あんぽ柿」の始まりは、江戸時代に現在の伊達市梁川の五十沢(いさざわ)地区で七右衛門という人が伝えたと言われており、当時は皮を剥いた柿を天日に干すことから「天日柿(あまほしかき)」と呼ばれ、それが明治時代に「あんぽ柿」と呼ばれるようになったそうです。
12月中旬から出荷が始まる「あんぽ柿」は、ビタミンAやカリウムを多く含み、食物繊維も豊富なことから健康食品として、全国から高い人気を得ています。

(写真は平成22年11月17日、30日撮影)

福島農政事務所農政推進課 電話:024-534-4145

あんぽ柿
ほ場

ほ場

乾燥小屋内1

乾燥小屋内1

乾燥小屋内2

乾燥小屋内2

皮剥き機

皮剥き機


 秋の「ひまわり」が地域を彩る -福島県・相双地域- (2010年11月9日掲載)

福島県農地・水・環境保全向上対策地域協議会相双支部は、一番陽のあたる方向に向かって咲くひまわりをシンボルとした「そうそうひまわりプロジェクト」を平成22年度からスタートさせました。
同プロジェクトは、農業従事者以外の地域住民も参加する農地環境保全活動を補助する農林水産省の「農地・水・環境保全向上対策(注)」事業の一環で、同支部管内では、
88組織が様々な対策に取り組んでおり、同プロジェクトには趣旨に賛同した50組織が参加しました。
この取り組みは、遊休農地の解消と景観形成を結びつけたもので、7市町村50か所で約20haのひまわり畑が続々と見頃を迎え、11月上旬頃まで続く見込みです。

(注)農地・水・環境保全向上対策とは、農地・農業用水等の資源や農村環境を守り、質を高める地域共同の取組と、環境にやさしい先進的な営農活動を支援する目的で平成19年度から実施しています。

(写真は平成22年10月28日撮影)

福島農政事務所農政推進課 電話:024-534-4145

そうそうひまわりプロジェクト
渋佐地区1

渋佐地区1(提供:
プロジェクト推進本部)

渋佐地区2

渋佐地区2(提供:
プロジェクト推進本部)

上太田地区

上太田地区

高地区

高地区


 クラインガルテン下郷がさらに拡大中 -福島県・下郷町- (2010年9月28日掲載)

下郷町に平成22年4月に開園した滞在型市民農園「クラインガルテン下郷(注)」では、施設の利用者と地元の支援協議会のみなさんが一緒になって、農作物の植え付けやイベントなど様々な交流事業が行われています。
7月に施設内の畑に、支援者のみなさんと一緒に蒔いた「そば」が、もうすぐ収穫期を迎えます。11月には収穫したそばを使い、そば打ち体験も予定されています。
また、23年にも新たに10区画の開園を予定していますので、是非一度訪ねてみてはいかがでしょうか。

(注)クラインガルテン下郷とは、農地と簡易宿泊施設(ラウベ)を年間契約で貸し出すもので、利用者が長期間にわたって滞在しながら農作業に従事し、田舎暮らしを楽しんでもらおうというものです。

  • 問い合わせ先:下郷町役場 事業課 産業振興班
    電話:0241-69-1188  FAX:0241-69-1167
    下郷町ホームページ:http://town.shimogo.fukushima.jp/

(写真は平成22年9月10日撮影)

会津若松統計・情報センター 電話:0242-28-2700

クラインガルテン下郷
ラウベ(簡易宿泊施設)

ラウベ(簡易宿泊施設)

農作業風景

農作業風景

そば蒔き風景(下郷町提供)

そば蒔き風景
(下郷町提供)

そばの花

そばの花


 「もも」の収穫期を迎えています -福島県・県北地域- (2010年8月17日掲載)

福島市・伊達市を中心とした県北地域では、夏の味覚「もも」が収穫期を迎えています。
福島県の「もも」の収穫量は30,100t(平成21年産概数)で、山梨県に次いで、全国第2位となっています。また、品種別に見ると、「あかつき」は全国第1位の生産量を誇り、収穫の最盛期を迎えます。
今年は、果実肥大期に適度の降雨と日照に恵まれたことで、果実の肥大も良く、糖度の高さは、近年になく良好で、おいしい「もも」が消費者の皆さんに届けられています。
「もも」の収穫は、「あかつき」に次いで、「川中島白桃」、「ゆうぞら」、「ゆめかおり」等と続き、晩生種の収穫は、10月上旬まで続く予定ですので、福島県のおいしい「もも」を食べに来てみませんか。

(写真は平成22年8月6日撮影)

福島統計・情報センター 電話:024-534-1903

福島のもも
あかつき1

あかつき1

あかつき2

あかつき2

あかつき3

あかつき3

箱詰めされたあかつき

箱詰めされたあかつき


 小麦の収穫風景 -福島県・南相馬市- (2010年7月6日掲載)

南相馬市では、100haを超える小麦の作付(21年産)があり、6月下旬から7月上旬にかけて行われる小麦の収穫作業が季節の風物詩となっております。
特に、原町区の泉(いずみ)・高(たか)・萱浜(かいばま)の3地区では、それぞれ20ha以上(21年産)が集落営農組織や法人組織により作付されております。
なお、泉・高の2地区においては、2年3作(注)を実施(小麦・大豆・水稲)しており、小麦収穫後のほ場で、不耕起栽培による大豆のは種作業が行われ、12月上旬頃から収穫を迎えます。

(注) 小麦:は種 平成21年10月下旬頃、収穫 平成22年 6月下旬頃
  大豆:は種 平成22年 7月上旬頃、収穫 平成22年12月上旬頃
  水稲:田植 平成23年 5月上旬頃、収穫 平成23年10月上旬頃

南相馬統計・情報センター 電話:0244-24-1151

小麦の収穫風景等
小麦刈り取り1

小麦刈り取り1
(平成22年6月25日撮影)

小麦刈り取り2

小麦刈り取り2
(平成22年6月25日撮影)

小麦収穫前

小麦収穫前
(平成18年6月23日撮影)

不耕起栽培による大豆

不耕起栽培による大豆
(平成18年7月11日撮影)


 初夏の訪れを告げるハマエンドウ -福島県・いわき市- (2010年5月25日掲載)

いわき市久之浜町の久之浜海岸で、初夏の訪れを告げるハマエンドウが、見頃を迎え住民の目を楽しませています。
ハマエンドウは、浜辺の砂地や草地等に群生し、初めは赤紫色ですが、やがて青紫色に変化し、蝶のような花を咲かせるマメ科・レンリソウ属の多年草です。浜辺に自生し、花や実がエンドウに似ていることからこの名が付いたとされ、和名では「浜豌豆(はまえんどう)」とも書きます。
心地よい浜風と波の音を聞きながらのんびり浜辺を散策してみてはいかがでしょうか。

(写真は平成22年5月16日撮影)

いわき統計・情報センター 電話:0246-29-2050

ハマエンドウ
久之浜海岸

久之浜海岸

見頃を迎えたハマエンドウ

見頃を迎えたハマエンドウ

ハマエンドウ

ハマエンドウ

看板

看板


 花ももがこれから見頃になります -福島県・福島市- (2010年4月6日掲載)

「飯坂温泉 花ももの里」は、宇都宮大学農学部元教授 吉田雅夫氏の指導により同大学との共同研究として、平成15年秋に市有地を借り受け、吉田氏が世界中から集めた40品種を、80aの敷地に約300本植栽しました。
樹姿や花色、花弁はさまざまで、品種はバラエティーに富んでおり、開花時期は、ちょうど桜が咲き終わったころから咲き始め、4月始めから5月始めまで約1ヶ月にわたっています。
これから、花ももの里まつりやフォトコンテストなどのイベントが予定されていますので、春の花の代表でもある花ももを中心とした桃源郷へ来てみませんか。

画像提供:飯坂温泉観光協会

福島農政事務所農政推進課 電話:024-534-4145

花ももの里
花ももの里まつり1

花ももの里まつり1

花ももの里まつり2

花ももの里まつり2

里山の春

里山の春

桃の花の里

桃の花の里