このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

GAPの価値を共有するフードチェーン連携パートナー会(東北ブロック)

GAPの価値を共有するフードチェーン連携パートナー会(東北ブロック)を開催しましたNEWアイコン

概要

東北農政局では、平成30年11月20日(火曜日)に仙台合同庁舎B棟において、国際水準GAPの取組により生産された農畜産物のマーケットを計画的に拡大していく観点から、日本のフードチェーンにおけるGAPの価値の共有化を図ることを目的として「GAPの価値を共有するフードチェーン連携パートナー会(東北ブロック)」を開催しました。
東北地域を中心に、生産者、JA、県、市町村、農業教育機関、市場関係機関、食品事業者等、80名を超す参加がありました。
はじめに、農林水産省から国際水準GAPの推進について情報提供をした後、GAPに取り組む農業者から経営改善効果、流通業者からGAP認証農畜産物へのニーズ等について講演いただき、参加者との意見交換等を行いました。
参加者からは、「流通業者の取組を知る良い機会となった」、「実際に認証を取得した生産者の講演は具体的で良かった」、「これまではGAPの全体像が見えなかったが、パートナー会に参加し、GAPの内容が理解できた」、「GAPの取組がもっと広がっていくことを期待している」などの意見や感想がありました。 

日時

平成30年11月20日(火曜日) 13時30分~16時00分

場所

仙台合同庁舎B棟 2階 共用第1会議室 

内容

1.挨拶                                        
   東北農政局生産部長 真鍋 郁夫

2.情報提供
   国際水準GAPの推進について
      農林水産省生産局農業環境対策課 農業環境情報分析官 新本 英二

3.講演
   (1)GAPの取組について
      (有)耕佑 専務取締役 伊藤 秀太  
      (有)まるせい果樹園 業務部長 佐藤 ゆきえ

   (2)GAP認証農畜産物へのニーズについて
       全国農業協同組合連合会 耕種総合対策部 GAP推進課長 門永 章宏 
       イオンリテール(株)東北カンパニー 商品統括部 農産グループマーチャンダイザー 柳谷 真也

4.意見交換
 


【配付資料】
情報提供: 国際水準GAPの推進について(PDF : 2,134KB)
講演:(1)GAPの取組について((有)まるせい果樹園)(PDF : 1,688KB)
講演:(2)GAP認証農畜産物へのニーズについて(全国農業協同組合連合会)(PDF : 1,878KB)

パートナー会の状況

     
  主催者挨拶
東北農政局 真鍋郁夫 生産部長
  農林水産省 新本 英二 農業環境情報分析官
   (有)耕祐 伊藤 秀太氏
       
  (有)まるせい果樹園 佐藤ゆきえ氏   全国農業協同組合連合会 門永 章宏氏   イオンリテール(株) 東北カンパニー
柳谷 真也氏

お問合せ先

生産部生産技術環境課
担当:課長補佐(営農対策),生産工程管理推進係
代表:022-263-1111(内線4439,4545)
FAX:022-217-4180


PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader