このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

発生抑制の取り組み

使用済みプラスチックの発生量を抑制するため、被覆資材は、長期展張フィルムや生分解性マルチフィルムの導入を検討しましょう。

長期展張フィルム

  • 耐久農ビ
  • 耐久農PO(農POは登録商標です)
  • ペットフィルム
  • フッ素フィルム

 

生分解性マルチフィルム

澱粉などを原料とした、生分解性マルチフィルムが販売されています。

日本バイオプラスチック協会(JBPA)では、識別表示委員会を設置し、有害金属を含まず、生分解性と安全性が一定基準以上と確認された材料から構成されるプラスチックを「グリーンプラ(生分解性プラスチック)製品」として認定しています。 

お問合せ先

生産部園芸特産課
担当者:農政調整官(野菜・特産情報)
代表:022-263-1111(内線4540)
FAX:022-217-4180

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader