このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

食べて応援しよう

食べて応援しよう!in仙台 ~食べつくせ!~TOHOKU 食の応援大使
フード・アクション・ニッポンアワード

お知らせ

更新日  令和4年8月26日


被災地を応援するイベント「食べて応援しよう!in仙台」

「第4回食べて応援しよう!in仙台」を開催しました NEWアイコン

  • 東北農政局は、令和4年7月30日(土曜日)~31日(日曜日)仙台市勾当台公園市民広場において、東日本大震災の被災地の復興を応援する「第4回食べて応援しよう!in仙台」を開催しました。
  • 被災地で生産された農林水産物等の積極的な消費を呼びかけ、東北地域の震災からの復興、農林水産物の風評払拭のため、岩手県、宮城県及び福島県の被災3県の農林水産物や加工食品などを販売する場を設けることで、微力ながら復興の応援ができました。
  • 開催結果、概要等については、下記よりご覧ください。
    「第4回 食べて応援しよう!in仙台」の開催概要はこちらからご覧いただけます。
  • 3年ぶりで4回目にして初の夏期の開催となった今回は、7月30日が30度、31日は36.5度と厳しい暑さの中、御来場いただきました皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。
    さらには、出店者、アーティスト、運営関係スタッフの皆様には最後まで御協力いただき感謝いたします。


    「第4回食べて応援しよう!in仙台」の開催について 

    • 東北農政局は、令和4年7月30日(土曜日)~31日(日曜日)、仙台市勾当台公園市民広場において、東日本大震災の被災地の復興を応援するため、「第4回食べて応援しよう!in仙台」を開催します。
      皆様の御来場をお待ちしています。
    • 「第4回食べて応援しよう!in仙台」は、東日本大震災の被災地支援として、被災地で生産された農林水産物等の積極的な消費を呼びかける取組の一環として、東北地域の震災からの復興、農林水産物の風評払拭のため、岩手県、宮城県及び福島県の被災3県の農林水産物や加工食品などを販売する場を提供し、被災地の復興を応援します。
    • 日時
         令和4年7月30日(土曜日)10時00分~16時00分
         令和4年7月31日(日曜日)10時00分~15時00分
      ※なお、天災、悪天候及び新型コロナウイルス感染の急速な拡大などにより、本イベントを中止する場合があります。
    • 開催場所
         勾当台公園市民広場(宮城県仙台市青葉区)
    • 内容
      (1)岩手県、宮城県及び福島県の農林漁業者及び食品事業者等40店による農林水産物、加工食品等の販売を行います。
      (2)東日本大震災からの復旧・復興の現状や、農業や食に関する情報のパネル展示。
      (3)「~食べつくせ!~ TOHOKU 食の応援大使」である“みちのく仙台ORI☆姫隊”等による被災地を応援するステージ
              イベント。
    • 協力:農林中央金庫仙台支店、一般社団法人JASIA
    • 後援:仙台国税局、復興庁岩手復興局、復興庁宮城復興局、復興庁福島復興局、東北財務局、東北経済産業局、岩手県、
              宮城県、福島県、仙台市
    •  第4回食べて応援しよう!in仙台チラシ(PDF : 1,628KB)

    「食べて応援しよう!in仙台」過去の開催概要

    ~食べつくせ!~ TOHOKU 食の応援大使


    食の応援大使は、農林水産省が推進する、被災地産食品を積極的に消費することによって、産地の活力再生を通じた被災地の復興を応援する取組「食べて応援しよう!」の一環として任命します。大使は、東北地域において、東日本大震災からの復興支援及び食や農業の振興活動の実績があり、かつ、幅広い世代への訴求力を持つ者の中から東北農政局長が任命します。

    「~食べつくせ!~ TOHOKU 食の応援大使」を任命しました NEWアイコン

    東北農政局は、復興支援アイドルグループの「みちのく仙台ORI☆姫隊」を「~食べつくせ!~ TOHOKU 食の応援大使」に任命(再任)しました。
    新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、令和3年度の任命式を延期しておりましたが、このたび令和4年7月1日(金曜日)に仙台合同庁舎において任命式を執り行うことができました。「みちのく仙台ORI☆姫隊」リーダーのMIHOさんからは、「一人でも多くの方々に東北の魅力を知っていただき、食べて笑顔になって、しあわせになっていただけるよう様々なパフォーマンスを通して東北の食をアピールしていきたい」との決意表明がありました。

    • 1.「~食べつくせ!~ TOHOKU 食の応援大使」任命式
       (1)日時:令和4年7月1日(金曜日)17時15分~17時45分
       (2)会場:東北農政局7階会議室
    • 2.「~食べつくせ!~ TOHOKU 食の応援大使」の活動内容
       (1)大使自らによる活動や各種メディアでの情報発信
       (2)東北農政局が実施する事業等への協力
    • 3.大使の任期
         任命の日(令和4年1月29日)から1年
    • 4.任命式の様子
      坂本農政局長から任命状を授与 坂本農政局長と
      "みちのく仙台ORI☆姫隊"リーダーのMIHOさん
      "みちのく仙台ORI☆姫隊"の皆さんと

    令和2年度の任命式の様子(日時:令和3年2月4日・会場:仙台合同庁舎)

    NODOCAさんと内田農政局長  みちのく仙台ORI☆姫隊
    内田農政局長と
    "みちのく仙台ORI☆姫隊"リーダーのNODOCAさん
    "みちのく仙台ORI☆姫隊" を
    「~食べつくせ!~ TOHOKU 食の応援大使」に任命


    令和元年度の任命式の様子(日時:令和2年1月29日・会場:仙台合同庁舎)


    任命状授与 「~食べつくせ!~ TOHOKU 食の応援大使」の皆さん
    任命状授与 「~食べつくせ!~ TOHOKU 食の応援大使」
    の皆さん


    平成30年度の任命式の様子(日時:平成31年1月28日・会場:仙台合同庁舎)

    「~食べつくせ!~ TOHOKU 食の応援大使」を任命 NODOCAさんに任命状を授与
    "みちのく仙台ORI☆姫隊" に
    「~食べつくせ!~ TOHOKU 食の応援大使」を任命
    "みちのく仙台ORI☆姫隊"
    リーダーのNODOCAさんに任命状を授与




    「~食べつくせ!~ TOHOKU 食の応援大使」の活動状況

    令和2年度

    令和元年度

      • 令和元年度食育セミナー「食がいのちをつくること」に参加しました。
      • 東北農政局は、令和元年6月25日(火曜日)秋田市民交流プラザALVE(アルヴェ)において、令和元年度食育セミナー「食がいのちをつくること」を開催し、秋田県内外から103名の参加がありました。
      • フリートーキングには、「~食べつくせ!~ TOHOKU 食の応援大使」みちのく仙台ORI☆隊リーダー NODOCA氏が参加し、「食がいのちをつくること」をテーマに討論をしました。

     semina-kaijou  ri-da-  posuta-
     フリートーキングの様子  「~食べつくせ!~TOHOKU 食の応援大使」
    みちのく仙台ORI☆姫隊リーダー NODOCA氏
    食育セミナー開催ポスター

    平成31年度

      • 「第3回食べて応援しよう!in仙台」に出演しました。
      • 東北農政局が主催する、被災地を応援するイベント「第3回食べて応援しよう!in仙台」のステージに出演し、会場を盛り上げました。イベントは平成31年3月16日(土曜日)から17日(日曜日)まで、仙台市勾当台公園市民広場において開催され、2日間にわたり、リーダーのNODOCAさんは司会進行をつとめました。
     sikai syoukai sute-ji1 sute-ji2
     司会進行のNODOCAさん(右) 食の応援大使の紹介 ステージの様子  ステージの様子


    フード・アクション・ニッポンアワード


    国産農林水産物の消費拡大に寄与する事業者・団体等の優れた取り組みを表彰し、全国へ発信することにより、事業者・団体等によるさらなる取り組みを促進することを目的として2009年に創設した表彰制度です。
    2016年度からは、大手百貨店、流通、外食事業者等が審査委員を務め、国産農林水産物の魅力を活かした優良な産品を選定するコンテスト形式にリニューアルし実施。「受賞」等産品は、最終審査委員企業の流通販路を通じて消費者にお届けします。

    「フード・アクション・ニッポン アワード2020」受賞結果

      • 2020年度は「日本の魅力ある産品を、今だからこそ知ってほしい」をテーマに、「ウィズコロナ」「アフターコロナ」の時代に根付く、新しい地域の逸品への出会いを消費者へ届けます。全国からの応募総数は1,019産品。
      • 「入賞」100産品の中から「特別賞」として、全国の生産者と飲食店をつなげるECサイトREACH STOCKが優れた一次生産物「3産品」、フード・アクション・ニッポンバサダー芸人の小島よしおさんとクック井上。さんが「3産品」の合計6産品を選定し、「受賞」10産品とともに表彰。
      • 「受賞」した産品については、大手百貨店、流通、外食事業者等の審査委員企業の様々な販路を通じて全国の消費者へ届けます。
      • 一次審査    「入賞」  100産品(東北地域10産品)
        最終審査    「受賞」    10産品(東北地域1産品)
                        「特別賞」   6産品(東北地域2産品)
    東北地域からの「受賞」産品一覧
    • 1.  「受賞」1産品
         産品名(商品名) 事業者・団体等名
      酒田の塩 浅漬けの素  酒田の塩  浅漬けの素  株式会社マウントスマイル(山形県)
    • 2.  「特別賞」2産品
         産品名(商品名) 事業者・団体等名
          余目曲がりネギ  余目曲がりネギ  千葉農園(宮城県)
      白い果実フローズン  白い果実フローズン  株式会社馬場園芸(岩手県)   
    • 3.  「入賞」7産品
         産品名(商品名) 事業者・団体等名
      牛たん入つくね  牛たん入つくね  株式会社ヤマサコウショウ(宮城県)
        いぶりがっことチーズのオイル漬  いぶりがっことチーズのオイル漬  オイル漬け専門店 Norte Carta(秋田県)
      乳酸菌甘酒「白神ささら」  乳酸菌甘酒「白神ささら」  白神手づくり工房有限会社(秋田県)
         おかえりほっき飯   おかえりほっき飯  食処くさの根株式会社(福島県)
        おここさん ふくしまのピクルス  おここさん ふくしまのピクルス  有限会社⾧久保食品(福島県)
      チョコクリームパンケーキ  チョコクリームパンケーキ  株式会社ヨンナナプランニング(福島県)
         まるで果実なこんにゃくスイーツ     まるで果実なこんにゃくスイーツ 
       ARARE
       有限会社ケーフーズ生田目(福島県)

    「味の匠応援プロジェクト」受賞結果

    • 新型コロナウイルス感染症の影響を受けている「料理人」と産地がワンチームとなって、地域の食材を活用した新たな産品、メニュー等を開発する優良な取組を表彰し、取組の全国への展開を図ります。
    • 審査を通過した3グループは試作品を制作し、一般消費者向けに試食会を実施。
    • 審査通過から試作品制作、試食会の様子までを収めたプロジェクト動画を制作。
    • 「特別賞」として3グループを表彰。

    特別賞 3グループ

    味の匠 特別賞1
    味の匠 特別賞2
    味の匠 特別賞3
       ※東北ブロックからの受賞はありませんでした。

    「フード・アクション・ニッポン アワード」過去の受賞結果

    お問合せ先

    経営・事業支援部地域食品・連携課

    代表:022-263-1111(内線4084、4548) 
    ダイヤルイン:022-221-6403
    FAX:022-722-7378

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader