このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

岩手県拠点 ダイレクトメール「 い わ て 通 信」第 10号 (平成31年4月16日)

今回のお知らせ

★農政にかかる情報をお知らせします。

 ■ 畜産生産力・生産体制強化対策事業の追加公募について]
  農林水産省は、飼料生産組織高効率化対策や肉用牛・酪農基盤強化対策等「畜産生産力・生産体制強化対策事業」につき
  まして、追加公募を行っています。
 ※公募期間: 平成31(2019)年4月8日(月曜日)から令和元(2019)年5月31日(金曜日)まで  
 ⇒  http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/seisan/190408_1.html

 ■ 平成31年度 果樹経営支援対策事業 及び 果樹未収益期間支援事業の公募について(第1次事業計画)
  平成31年度の果樹経営支援対策事業及び果樹未収益期間支援事業について第1回目の公募を行います。
  公募する事業は、公益財団法人中央果実協会が、「持続的生産強化対策事業実施要綱」の別紙2果樹農業好循環形成総合対
  策事業に基づき、事業実施主体として実施する事業です。
 ※公募期間: 平成31(2019)年4月9日(火曜日)から令和元(2019)年5月7日(火曜日)まで    
 ⇒ http://www.japanfruit.jp/news/tabid101.html?itemid=409&dispmid=471

 ■ 平成30年度外食産業等と連携した需要拡大対策事業(平成30年度補正)の公募について【日本米粉協会外部リンク】
  外食・中食・加工業者など民間企業、団体の皆様が国産農産物の輸出等フロンティアを図り、産地と外食産業と連携して
  国産農産物等を活用した新商品を開発する当事業につきまして、公募が開始されましたのでお知らせします。
 ※公募期間: 平成31(2019)年4月12日(金曜日)から令和元(2019)年5月14日(火曜日)まで
 ⇒ http://www.komeko.org/p-offer/

 ■ 第65次農林水産統計年報(平成29、30年)の公表について
  農林水産省東北農政局は、全国及び管内の経営体数や作付面積等、農林水産業にかかる統計結果を公表しました。
  各データの解説に調査対象や調査期日、調査方法等を記載しておりますので、併せて参照願います。
 ※データはPDF版とエクセル版があります。
 ⇒ http://www.maff.go.jp/tohoku/stinfo/toukei/nenpo65/index.html

 ■ 平成29年市町村別農業産出額(推計)について
  農林水産省東北農政局は、管内の平成29年市町村別農業産出額を公表しました。岩手県においては、1位が一関市で
  312億円、2位が二戸市で275.8億円、3位が奥州市で220.9億円となりました。
 ⇒ http://www.maff.go.jp/tohoku/press/toukei/keikou/attach/pdf/190319-1.pdf

 ■ 「農業版 女性が働きやすい職場づくりポイントガイド」について【(公社)日本農業法人協会外部リンク】
   (公社)日本農業法人協会は、平成30年度農林水産省補助事業により、女性の雇用促進と職場への定着を目指す経営
 
者・管理職向け、また、パートナーシップ経営とワーク・ライフ・バランスの実現を目指している家族経営の方向け
  研修教材を作成し公開しました。

 ⇒  http://hojin.or.jp/standard/100/joseikatsuyaku/cat3359/

 ■ 「多面的機能支払交付金の施策の評価」について
   農林水産省は、多面的機能支払交付金の交付状況の点検及び効果の評価を行ったところ、多面的機能が適切に維持発揮
   され構造改革を後押ししていること、地域での共同活動が効果的かつ効率的に実施されていること、地域農業への貢献
   に寄与していること、等と評価しました。また、分析・検証を実施するなかで、対象組織や市町村において書類作成等
   事務作業に多くの時間を要し負担となっている課題を確認しました。
 ⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tamen/190329.html

 

関連施策の情報

 ■ 釜石市「甲子柿」のGI登録申請の事実が公示されました
   農林水産省は、地理的表示保護制度(GI)にかかる登録申請事実として、岩手県釜石市の「甲子柿」を含む5件を公
   しました。

 ⇒ http://www.maff.go.jp/j/shokusan/gi_act/notice/index.html

 ■ スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」及び「スマート農業加速化実証プロジェクト」の公募における審査結果
    について【農研機構外部リンク】
  国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構は、「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」及び「スマート
  農業加速化実証プロジェクト」の課題について、実証課題審査委員会による厳正な審査を行い、運営委員会において委託
  予定先を決定しました。
  岩手県においては、露地野菜・花き部門において岩手町の「アンドファームスマート農業実証コンソーシアム」が委託予
  定先となりました。
 ⇒ http://www.naro.affrc.go.jp/project/research_activities/laboratory/naro/130097.html

 ■ 東北農業データファイル」の作成・公開について
  東北地域の市区町村、旧市町村及び農業集落ごとの2015年農林業センサス結果のうち、農業経営体数や経営耕地面積等
 
に関る主要なデータが簡単に検索できる「東北農業データファイル」を新たに作成し、ホームページで公開しています。
 ⇒ http://www.maff.go.jp/tohoku/stinfo/deta/2015_census.html

 ■ 平成30年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移について(平成31年2月末現在)
 ⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/190329.html

 ■ 農業をめぐる状況・情勢
 ・最近の米をめぐる状況(平成31年3月:農林水産省政策統括官)
 ⇒ http://www.maff.go.jp/j/seisan/kikaku/attach/pdf/kome_siryou-276.pdf
 ・米に関するマンスリーレポート(平成31年4月:農林水産省政策統括官)
 ⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/attach/pdf/190405-1.pdf
※マンスリーレポートの読み解き方等はこちらを参照ください。
 http://www.maff.go.jp/j/seisan/keikaku/soukatu/manrepo_kaisetu.html
 
・畜産・酪農をめぐる情勢(平成31年3月:農林水産省生産局畜産部)
 ⇒ http://www.maff.go.jp/j/chikusan/kikaku/lin/l_hosin/attach/pdf/index-386.pdf
 ・果樹をめぐる情勢(平成31年3月:農林水産省生産局園芸作物課)
 ⇒ http://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/fruits/attach/pdf/meguzi1903260.pdf
 ・野菜をめぐる情勢(平成31年4月:農林水産省生産局園芸作物課)
 ⇒ http://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/yasai/attach/pdf/index-68.pdf
 ・6次産業化の推進(平成31年4月:農林水産省食料産業局)
  http://www.maff.go.jp/j/shokusan/renkei/6jika/attach/pdf/2015_6jika_jyousei-126.pdf

 東北農政局配信メールマガジン「東北農業青年応援通信」
 ⇒ http://www.maff.go.jp/tohoku/keiei/new_farmer/ouen.html

 ■ GAPオンライン研修「これから始めるGAP」 
 ⇒ http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/gap/online_kensyu.html

 ■ 農泊ポータルサイト「nohaku.net」
 ⇒ https://nohaku.net/

 ■ 農業者と販売業者をつなぐマッチングサービス「アグミル」
 ⇒ https://agmiru.com/


優良事例の情報

★ 岩手県、全国の優良事例を紹介します。

 ■ 岩手県、全国の優良事例や取組事例を紹介します。
  土地改良事業を契機とした農村振興優良事例のうち、高収益な農業の実現に向けた取組事例として一関市を含んだ全国版
  の事例を紹介します。
 ⇒ http://www.maff.go.jp/j/nousin/sekkei/attach/pdf/kousyueki-zirei-17.pdf

   

あとがき

いよいよ平成31年度がスタートしました。4月1日に政府から新元号「令和」が発表され、5月から「令和元年」になること
となりました。

農業も新たな時代を迎え、スマート農業等による新技術の活用や農林水産物の海外進出による新たな市場の発掘等、これま
でとは異なる農業の推進が求めれております。これらの変化に対応するためには、農業者が生産意欲を高め、しっかりとした
農業経営を行い、集落や地域においても将来の農業像について話し合いを行っていただくとともに、国としても寄り添いなが
ら支援していくこととしています。

これから春作業本番になろうかと思いますが、事故なく取り組まれますよう、よろしくお願いいたします。(S)

ご注意




記載したURLを参照した際、一部PDF形式のものがあります。 PDFファイルをご覧頂くためには農林水産省Webサイト内のリンクを参照ください。
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html

掲載したPDFファイルのリンクについて、リンク先のファイルサイズが大きい場合がありますので、閲覧にはご留意願います。

このメールの配信先の変更、解除は以下へメールを送信してください。
登録いただいた配信先メールアドレス(個人情報)は、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)に従って取り扱い、  
   ご登録者様の同意なく、岩手県拠点ダイレクトメール「いわて通信」の発信及び岩手県拠点の業務に関する事務連絡以外の
目的での利用または第三者への提供はいたしません。

当省のセキュリティー方針により、当省以外の方を含む複数の方への送信は、アドレスを「Bcc」に設定し送信し
   ております。 

東北農政局HP内岩手県拠点情報ページはこちら
http://www.maff.go.jp/tohoku/tiiki/iwate/photo/h31_iw.html

「いわて通信」バックナンバー
http://www.maff.go.jp/tohoku/tiiki/iwate/mg/backnumber.html


★ お問い合わせはこちらへ
→東北農政局岩手県拠点地方参事官室:高橋、佐藤
maff-iwate-dm@maff.go.jp
TEL:019-624-1125
FAX:019-654-2940

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader