このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

東海地域6次化メールマガジン「6サポ東海」第103号(令和3年7月)

「6サポ東海」を配信終了し「とうかいほっとメール」に統合します New!

長い間、メールマガジン「6サポ東海」をご愛読いただき、誠にありがとうございました。
本メールマガジンは今月号の配信をもちまして終了とさせていただきます。
6次産業化などに関する情報は、今後、東海農政局のメールマガジン「とうかいほっとメール」の中で紹介させていただきます。
引き続きご愛読いただきますようお願いいたします。
お手数ですが、「とうかいほっとメール」を配信登録いただきますようお願いします。

配信登録・変更はこちらです
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html(農林水産省へリンク)

東海農政局管内認定事業者の取組事例の紹介

新商品の紹介

ベビーライスヌードル New!

PLUS株式会社では、小麦粉をはじめとするアレルギー特定原材料等28品目を使用しないグルテンフリーの「ベビーライスヌードル」を販売しています。
原材料として岐阜県の代表品種のお米ハツシモを100%使用しています。
また、米の栽培から製品の製造までを一貫して行っており、精米したお米をすぐに米粉にして製麺しています。
トマトとホウレンソウを練りこんだタイプもあり、野菜が苦手なお子様もおいしく食べられるとのことです。
ぜひご賞味ください。

ベビーライスヌードル ベビーライスヌードル調理イメージ ベビーアイスヌードル(とまと) ベビーライスヌードル(とまと)調理イメージ
 ベビーライスヌードル ベビーライスヌードル とまと
ベビーライスヌードル(ほうれん草) ベビーライスヌードル(ほうれん草)調理イメージe
 ベビーライスヌードル ほうれん草


PLUS株式会社のWebサイト
https://comecoplus.co.jp/(外部リンク)


-問合せ先-
PLUS株式会社
住所:岐阜県関市千疋818-1
電話:0575-36-2124

島田青年の小麦粉

平成31年度2月期の認定事業者であるmellow(代表島田大輔)では、三重県度会郡南伊勢町の耕作放棄地を整備し、そこで栽培した小麦の加工品を製造し、販売を行っています。
この小麦は三重県から安心安全な食材として「みえの安心食材」にも認定されています。
商品のラインナップは、「島田青年の小麦粉」(品種:ニシノカオリ)のほか、からあげなどの衣にオススメの「島田青年のブラン入り小麦粉」や、プラスチックカップ容器に入っている「島田青年の小麦で作ったパンケーキミックス(カップ)」、「ドロップクッキーミックスカップ」があります。
「伊勢路 名産味の館」(伊勢市、おかげ横丁)、「ichishina」(伊勢市)、「KANPAIISESHIMA」(志摩市)、おかげ横丁オンラインストア で販売しています。
また、南伊勢町のふるさと納税返礼品にも認定されています。
代表は、ドーナツなどのスイーツの加工品にも力を入れていきたいとされています。
ぜひご賞味ください。

島田青年の小麦粉
島田青年の小麦
島田青年の小麦ふすま
パンケーキミックス
島田青年の小麦で作ったパンケーキミックス パンケーキミックスカップ
ドロップクッキーミックスカップ


-問合せ先-
mellow(代表 島田大輔)
住所:三重県度会郡南伊勢町河内351
電話:0596-62-2369

6次産業化の支援体制

令和3年度の各県サポートセンターの紹介

今年度の東海三県の6次産業化サポートセンターは以下のとおりです。

岐阜県6次産業化サポートセンター
株式会社OKB総研
電話:0584-74-2620
Webサイト https://www.okb-kri.jp/agribusiness/aff/(外部リンク)

愛知県6次産業化サポートセンター
株式会社アルファポイント
電話:052-253-8323
Webサイト https://www.kokomirai.com/works/6jika(外部リンク)

三重県6次産業化サポートセンター
株式会社三十三総研
電話:059-354-7159
Webサイト https://www.33bank.co.jp/33ir/professional/rokujisangyo.html(外部リンク)

6次産業化に取り組む農林漁業者等の経営改善の取組をサポートするため、各県サポートセンターは「電話による相談窓口」を開設し、各種相談に対応します。

農林水産省の取組紹介

6次産業化や地産地消等の優れた活動に対する農林水産大臣賞等表彰の募集について New!

農林水産省は以下の取組を募集しています。

  • 6次産業化アワード:付加価値を生み出すことで農林漁業者等の所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組
  • 地産地消等優良活動表彰:地域の農林水産物の利用による農林漁業振興や食料自給率向上、食育に資する優れた取組

募集期間:令和3年8月11日(水曜日)まで。

詳細については、以下のWebサイトをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/tokai/press/shokuhin/210615.html

「みどりの食料システム戦略」を策定しました New!

農林水産省は、農林水産業や地域の将来を見据えた持続可能な食料システムを構築するため、「みどりの食料システム戦略」を策定し、中長期的な観点から、調達、生産、加工・流通、消費の各段階の取組とカーボンニュートラルなどの環境負荷軽減のイノベーションを推進していくこととしました。

詳細については、以下のWebサイトをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/midori/index.html(農林水産省ヘリンク)

HACCPの制度化について New!

食品衛生法等の一部を改正する法律の施行により、令和3年6月1日以降、原則としてすべての食品等事業者(6次産業化事業者も含む)が、HACCPに沿った衛生管理に取り組むことになります。
なお、以下のWebサイトにおいても、HACCPに関係する情報を掲載しておりますので、御覧ください。

農林水産省Webサイト
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/koudou/koudou_top.html#haccp(農林水産省ヘリンク)

食品の製造、加工、調理、販売などに取り組む皆さまへ
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/koudou/what_haccp/attach/pdf/vision-19.pdf(PDF:314KB)

新型コロナウイルスに関する情報について

守ってほしい5つのこと

新型コロナの感染リスクを下げるため、引き続き以下の5つを守っていただくようお願いします。

  • マスク着用や三密(密閉・密集・密接)の回避を徹底しましょう。
  • 換気を良くしましょう(室内の場合)。
  • 集まりは、少人数・短時間を心掛けましょう。
  • 大声を出さず会話はできるだけ静かにしましょう。
  • 共用施設の清掃・消毒、手洗い・アルコール消毒を徹底しましょう。

詳細は以下のWebサイトをご覧ください。

内閣官房Webサイト
https://corona.go.jp/proposal/(外部リンク)

農林水産省Webサイト
https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/5scenes.html(農林水産省へリンク)

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症に伴う支援策を、農林漁業者や食品関連事業者の方々が支援の内容を探しやすいよう取りまとめ、農林水産省Webサイトに掲載されていますのでお知らせします。

農林水産省Webサイト
https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html(農林水産省へリンク)

相談窓口について

農林水産省では、新型コロナウイルス感染症に係る農業者や食品事業者等からの相談に適切に対応するため、各地方農政局等に相談窓口を設置しております。
お困りのことがありましたらご相談下さい。

ー東海地域の相談窓口ー
担当:東海農政局企画調整室
連絡先:052-223-4609
対応時間:平日 9時00分から17時00分

お問合せ先

経営・事業支援部 地域食品・連携課

担当者:6次産業化担当
代表:052-201-7271(内線2712)
ダイヤルイン:052-223-4602
FAX番号:052-201-1703

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader