このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

東海地域6次化メールマガジン「6サポ東海」第97号(令和3年1月)

年頭のごあいさつ New!

東海農政局 経営・事業支援部長 坂 治己

令和3年を迎え、年頭のご挨拶を申し上げます。
昨年は、コロナ、コロナであっという間に時が過ぎてしまった感があります。
正月休みは、いかがだったでしょうか。私は、家族3人の例年通りの静かな正月を過ごしましたが、昨年と異なるのは、昨年は一昨年のラグビーワールドカップ日本大会開催を受けて、オリンピック東京大会開催への期待感・高揚感がありましたが、今年は複雑な気持ちで新年を迎えることになりました。景気の良いこと、勇ましいことをいう気にはなれないのが現状かと思います。昨年は断捨離という、それまであまり耳にしない言葉を耳にする機会が多かったように思っていますが、「不要なものを減らし、生活に調和をもたらす考え方」という意味で使われていたのが多かったと理解しています。
私自身、断捨離に取り組んだわけではありませんが、コロナ禍にあって自身の生活や業務(事業継続の観点も含めて)について、チェックする機会が通常の年より多くありました。足元(生活や業務の基盤・体制)を再確認するよい機会になったと思っています。これまでと同じようにできること、変えなければいけないこと、慣れなければいけないことを確認・実行していくのはもちろん大切ですが、リズムを持って生活する、業務を行うことがとても重要だと感じています。
わかりにくいですかね。新しい環境で生活や仕事をしたときに、よく調子が出ないという言葉を聞きますが、まさに、コロナ禍下で調子が狂っている自分を自覚しています。環境、環境で自分らしさを発揮することだと理解していますが、本来の自分という基準線を変えるのはなかなか難しいなと思っています。おそらく、直接伺って話をする、現場を見て・感じて、理解するという基本動作で得られる情報(見て・感じて理解するのはセンスが必要ですが、会話の行間から得られる情報も含め立体的な情報と呼んでいます)が、同一空間を共有しないTV会議等ではなかなか得られないことが原因の一つと思っています。が、こうしたことに頭を悩ますのも、生活改善、働き方改革につながるものと前向きに捉えています。
まだまだ令和の御代は何が起こるかわからない、ワクワク、ビクビクの時代だと思っていますが、当面のコロナ禍下での課題は、技術革新が解決してくれるかもしれない、いや解決してくれるハズと信じて、気を長く持って、前向き感を失わずに新年の生活、業務に臨もうと思っています。
昔(1970年代半ば)、某酒造メーカーのCMで、作家の野坂昭如さんがソクラテスの唄を歌っていましたが、「ソ・ソ・ソクラテスかプラトンか、二・二・ニーチェかサルトルか、みんな悩んで大きくなった」というやつです。もう、大きくなることはないですが、いろいろ考えることはきっといろんな課題解決につながると信じています。とにかく、あれこれ頭を悩ましましょう前向きに。

新型コロナウイルスに関する情報について

守ってほしい5つのこと New!

新型コロナの感染リスクを下げるため、引き続き以下の5つを守っていただくようお願いします。

  • マスク着用や三密(密閉・密集・密接)の回避を徹底しましょう。
  • 換気を良くしましょう(室内の場合)。
  • 集まりは、少人数・短時間を心掛けましょう。
  • 大声を出さず会話はできるだけ静かにしましょう。
  • 共用施設の清掃・消毒、手洗い・アルコール消毒を徹底しましょう。

詳細は以下のWebサイトをご覧ください。

内閣官房Webサイト
https://corona.go.jp/proposal/(外部リンク)

農林水産省Webサイト
https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/5scenes.html(農林水産省へリンク)

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症に伴う支援策を、農林漁業者や食品関連事業者の方々が支援の内容を探しやすいよう取りまとめ、農林水産省Webサイトに掲載されていますのでお知らせします。

農林水産省Webサイト
https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html(農林水産省へリンク)

東海農政局管内認定事業者の取組事例の紹介

新商品の紹介 New!

まるっとたまごプリン(トマト、サツマイモ及びコーヒー) New!

平成26年2月の認定事業者である有限会社高橋養鶏は、卵黄と白身の2層仕立てが特徴の既存商品「まるっとたまごプリン・プレーン」に加え、新たに3種類の味を発売しています。
新商品は、地元農家や地元企業とコラボレーションしたトマト、サツマイモ及びコーヒー味で、すべて2層仕立てになっています!
2層の味の違いだけでなく、素材の味と香りの違いも楽しんでいただきたいとのことですので、ぜひお試しください。

有限会社高橋養鶏のWebサイト
http://www.syun-tamago.com/docs/index.html(外部リンク)

-問合せ先-
有限会社高橋養鶏  直売所  たまごと
愛知県豊橋市三ノ輪町5丁目57アビタシオン三ノ輪A
電話:0532-74-8723

椿の実(ほうじ茶豆菓子)

平成28年2月の認定事業者である株式会社椿茶園は、三重県鈴鹿市で栽培・製造した日本茶を伊勢一ノ宮「椿大神社」参道沿いのカフェで提供・販売しています。
椿茶園では、ピーナッツにほうじ茶パウダーをコーティングしたほろ苦く香ばしい、大人のお菓子「椿の実」を発売しました。
ほうじ茶の香りとビターなテイストをご堪能いただきたいとのことですので、ぜひご賞味ください。

商品等についての詳細は以下のWebサイトをご覧ください。
株式会社椿茶園
https://tsubakisaen.co.jp/(外部リンク)

東海地域の6次産業化関連情報

食品の輸出(海外展開)をサポートします New!

独立行政法人 中小企業基盤整備機構では、海外への事業展開にチャレンジしたい事業者の皆様(農林漁業者(個人事業主)の方も対象です)向けに、国際化支援の専門家が無料で相談に対応する「海外展開ハンズオン支援事業」を行っています。
ご自慢の6次化商品で海外展開してみませんか?

詳しくは、中小機構中部本部Webサイトをご覧ください。
https://www.smrj.go.jp/regional_hq/chubu/sme/overseas_consulting/index.html(外部リンク)

令和2年度6次産業化推進シンポジウムの模様を公開しました New!

令和2年10月16日(金曜日)に名古屋能楽堂において、東海農政局の主催で行った「令和2年度6次産業化推進シンポジウム」の模様を、東海農政局Weサイトで紹介していますので、ぜひご覧ください。

東海農政局Webサイト
https://www.maff.go.jp/tokai/keiei/renkei/6ji/20201016.html

6次産業化関連予算について

令和3年度予算概算決定の概要が公表されました New!

農林水産省は、令和3年度予算概算決定の概要を公表しました。
詳細は農林水産省Webサイトをご覧ください。

令和3年度予算概算決定の概要。
https://www.maff.go.jp/j/budget/r3kettei.html(農林水産省へリンク)

その他

6サポ東海の掲載記事募集

6サポ東海では、6次産業化や農商工等連携等の取組推進に役立つ情報を発信していきます。
また、実際に6次産業化に取り組まれている農林漁業者(認定事業者)、関係機関からの情報も掲載していきたいと考えております。
情報例を参考としていただき掲載を希望される情報がございましたら下記までお知らせください。

(情報例)
当農園の6次産業化等の取組で開発した新商品が○○賞を受賞
当農場の6次産業化等の取組で農家レストランを○月○日にオープン
当農園の6次産業化等の取組について○○雑誌○月号の特集に掲載予定
6次産業化や農商工連携等に関するイベント開催情報
などなど

-問合せ先-
東海農政局経営・事業支援部地域食品・連携課
6次産業化担当
電話:052-746-1215

東海6次産業化関連イベントにおける展示用商品サンプル等の募集

東海農政局では、東海管内の6次産業化イベント等において、認定事業者が販売している6次化商品について、商品紹介パネルや商品サンプル(包装容器のみで内容物は不要)を展示し、広く地域の皆様に紹介しています。
新商品の紹介を希望する事業者を随時募集していますので、展示を希望される認定事業者は下記までお知らせください。

-問合せ先-
東海農政局経営・事業支援部地域食品・連携課
6次産業化担当
電話:052-746-1215

東海農政局の各種メールマガジンを配信中

東海農政局では「6サポ東海」以外にも各種メールマガジンを配信しています。
この機会に、ぜひご登録ください。

東海農政局Webサイト(東海農政局メールマガジン)
https://www.maff.go.jp/tokai/mail/index.html

お問合せ先

経営・事業支援部 地域食品・連携課

担当者:6次産業化担当
代表:052-201-7271(内線2712)
ダイヤルイン:052-223-4602
FAX番号:052-201-1703

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader