このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

米野木台西(こめのきだいにし)保育園における食育活動

東海農政局作成の食育シールブックを活用した米野木台西保育園の食育活動を紹介します!

令和2年11月19日(木曜日)に、愛知県日進市の米野木台西保育園で、年長児30名を対象とした食育講座が開かれました。
同保育園は、毎年、食育活動に取り組まれており、先生と園児が、田植えと稲刈りなどの「お米(もち米)作り」を体験し、12月上旬には収穫したもち米を使って餅つきを行い、食べ物への感謝や地域の食文化、みんなで食べる楽しさなどを子供たちに伝えています。
この日は、日進市食生活改善推進員3名により、野菜やごはんのおいしさ、いただきます・ごちそうさまの挨拶の意味を伝える紙芝居「いなほちゃん劇場」(JAあいち尾東作成)と「食育シールブック『だいすき』」(東海農政局作成)を使い、子供たちに食べ物のことについて知ってもらいました。
食育シールブック『だいすき』は、「たべものはどこからくるのかな」など、絵の中に食べ物のシールを貼って完成させていく幼児・児童向けの冊子です。
「とんかつは、豚さんのお肉です。まずは、とんかつと豚肉を貼ってみよう!」「豚さんはどこにいる動物でしょう?」と聞くと子供たちは少し考えて、大きな声で「ここにいるよ~」と農場の絵の中に豚のシールを貼ったり、とんかつや豚肉のシールを貼ったりし、どの園児も真剣な表情で、楽しそうに取り組んでくれました。
園児からは「シールを貼るのが楽しかったぁ」などの声が聞かれ、この食育シールブックで普段食べているたべものがどこからくるのかを知ってもらえたのではないかと思います。
終了後、子供たちが食育シールブックを大事そうに脇にかかえて持っていく姿がとても印象的でした。家に帰って家族と話をしながら、残りのページのシールを貼ってくれていたのではないでしょうか。

真剣に説明を聞く園児
シールどこに貼ろうかな

お問合せ先

消費・安全部消費生活課

担当者:食育推進班
代表:052-201-7271(内線2815)
ダイヤルイン:052-223-4651
FAX番号:052-220-1362