このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

平成30年度東海地域鳥獣害対策・ジビエ利活用勉強会

東海農政局は、平成30年12月6日(木曜日)に名古屋市において、「平成30年度東海地域鳥獣害対策・ジビエ利活用勉強会」を開催しました。

勉強会は、現場の対応に直結する東海管内の市町村等の鳥獣害対策担当者、処理加工施設関係者を対象に、東海管内で初めての開催で、約60名の方に御参加いただきました。
鳥害対策、侵入防止柵の維持管理等、東海地域において重要性の高い課題をテーマに、農研機構主任研究員、国産ジビエ認証第1号取得施設、先進地区の代表者、農水省担当補佐等、各分野の最新の知見を有する専門家から御講義いただきました。

参加者に事前に質問・関心事項を提出いただき、講師にも連絡して実践的な講演としたこともあり、参加者からは、当日も突っ込んだ質問・意見交換が行われました。
参加者からは「非常に業務の参考になった」「講師の考え方を聞き取組意欲が増した」「来年度も開催してほしい」等の声が聞かれました。

日時

平成30年12月6日(木曜日) 13時00分~16時30分

場所

名古屋能楽堂会議室(名古屋市中区)

議題

第1部 鳥獣被害対策の部

(1)国からの情報提供(東海農政局農村振興部農村環境課長)

(2)鳥害対策について(農研機構中央農業研究センター山口恭弘氏)

(3)侵入防止柵の維持管理について(上ノ村自治会獣害対策協議会木村和正氏)

第2部 ジビエ利活用の部

(4)国産ジビエ認証制度について(農林水産省農村振興局鳥獣対策・農村環境課 原善通氏)

(5)捕獲から処理加工に至る衛生管理の取組について(株式会社ART CUBE垣内規誠氏)

配付資料

お問合せ先

農村振興部農村環境課

担当者:リスク対策調査官、鳥獣被害指導係
代表:052-201-7271(内線2547、2544)
ダイヤルイン:052-223-4631
FAX番号:052-220-1681

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader