このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

東海農政局鳥獣害対策メールマガジン第57号(令和3年7月9日)

目次

  1. 鳥獣被害防止特措法の令和3年度改正について
  2. 「ディスカバー農山漁村(むら)の宝アワード」(第8回選定)に係る優良事例の募集について
  3. 令和3年度農作物鳥獣被害防止対策研修について
  4. 国産ジビエ認証制度の一部改正について
  5. 国産ジビエ認証施設の第24号認証について

1.鳥獣被害防止特措法の令和3年度改正について

「鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための特別措置に関する法律の一部を改正する法律」(令和3年法律第71号。以下「本法律」という。)が令和3616日に公布されました(9月中旬施行予定)。今回の改正では、被害防止計画に基づく対象鳥獣の捕獲等に従事する、鳥獣被害対策実施隊員以外の者に対する「猟銃所持許可の更新時等における技能講習の免除措置」は、その期限が令和9年4月15日までとされます。さらに、都道府県による県や市町村をまたいだ被害防止に関する措置、愛玩動物用飼料や皮革としての利活用の促進、捕獲や有効利用を支える人材育成の充実強化を図るための各種措置が整備されました。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/seisan/tyozyu/higai/hourei/index.html(農林水産省へリンク)

2.「ディスカバー農山漁村(むら)の宝アワード」(第8回選定)に係る優良事例の募集について

内閣官房と農林水産省は、農山漁村の活性化に取り組む優良事例を「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」として選定・表彰し、全国に発信する取組を行っています。鳥獣対策・ジビエなどを通じて、農林水産業や地域の活力創造に取り組まれた方も、団体・個人を問わず応募できます。
応募は831日(火曜日)までです。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/210616.html(農林水産省へリンク)

 3.令和3年度農作物鳥獣被害防止対策研修について

令和3527日から28日にかけて、鳥獣被害対策に携わる方を対象に農作物鳥獣被害防止対策研修がオンラインにより開催され、研修資料と動画がwebページに掲載されました。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/seisan/tyozyu/higai/h_kensyu/tukubakensyu.html(農林水産省へリンク)

4.国産ジビエ認証制度の一部改正について

農林水産省では、より安全なジビエの提供と消費者のジビエに対する安心の確保を図るため、衛生管理基準及びカットチャートによる流通規格の遵守、適切なラベル表示によるトレーサビリティの確保等に適切に取り組む食肉処理施設の認証を行う「国産ジビエ認証制度」を平成305月に制定したところです。
令和361日に食品衛生法(昭和22年法律第233号)の一部改正にともない、原則としてすべての食品等事業者がHACCPに沿った衛生管理に取り組むことが必要となりました。これを踏まえ国産ジビエ認証制度も一部改正がなされました。

詳しくはこちらをご覧ください。
≪農林水産省WEB サイト「国産ジビエ認証制度(令和361日一部改正)」≫
https://www.maff.go.jp/j/nousin/gibier/ninsyou.html(農林水産省へリンク)
≪厚生労働省WEB サイト「小規模ジビエ処理施設向けHACCP の考え方を取り入れた衛生管理のための手引書」≫
https://www.mhlw.go.jp/content/11130500/000795881.pdf(厚生労働省へリンク)

5.国産ジビエ認証施設の第24号認証について

令和35月に、国産ジビエ認証施設(第24号)として、オーガニックブリッジ(千葉県)が認証されました。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/210527.html(農林水産省へリンク)

6.豚熱に係るイノシシ肉の安全性について 

農林水産省は、豚熱に関する正しい知識を普及するため、関係情報を随時当省ウェブページに掲載するなど、正確な情報の提供に努めています。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/nousin/gibier/tonko.html(農林水産省へリンク)

7.「みどりの食料システム戦略」を策定しました

農林水産省は、農林水産業や地域の将来を見据えた持続可能な食料システムを構築するため、「みどりの食料システム戦略」を策定し、中長期的な観点から、調達、生産、加工・流通、消費の各段階の取組とカーボンニュートラルなどの環境負荷軽減のイノベーションを推進していくこととしました。

詳しくはこちらをご覧ください
https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/midori/index.html(農林水産省へリンク)

8.新型コロナウイルス感染症に係る相談窓口について

農林水産省では、新型コロナウイルス感染症に係る農業者や食品事業者等からの相談に適切に対応するため、各地方農政局等に相談窓口を設置しておりますので、お困りのことがありましたら、ご相談ください。

新型コロナウイルス感染症に係る農林水産省相談窓ロ一覧
https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html#c06(農林水産省へリンク)

お問合せ先

農村振興部農村環境課

担当者:リスク対策調査官、鳥獣被害指導係
代表:052-201-7271(内線2547、2544)
ダイヤルイン:052-223-4631
FAX番号:052-220-1681

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader