このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

東海農政局鳥獣害対策メールマガジン第65号(令和4年10月4日)

目次

  1. 「令和4年度鳥獣対策優良活動表彰」表彰候補の募集について(応募締切:令和4年11月4日)
  2. ジビエ連携フォーラムの設立について(会員募集)
  3. 鳥獣捕獲アドベンチャーについて(応募締切:10月21日(金曜日))
  4. 令和3年度野生鳥獣資源利用実態調査結果について
  5. クマにご注意ください

    1.「令和4年度鳥獣対策優良活動表彰」表彰候補の募集について(応募締切:令和4年11月4日)

    農林水産省は、野生鳥獣による農林水産業等に係る被害の軽減等に資するため、鳥獣対策に取り組み、地域への貢献が顕著であると認められる個人及び団体を表彰する「鳥獣対策優良活動表彰」の表彰候補を募集しています。
    応募締切は、令和4年11月4日(金曜日)まで。 また、これまでの受賞者の取り組みを優良事例として農林水産省Webサイトで紹介しています。

    詳しくはこちらをご覧ください。
    https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/220930.html(農林水産省へリンク)
    https://www.maff.go.jp/j/seisan/tyozyu/higai/hyousyou_zirei/hyousyou/hyousyou_koremade.html(農林水産省へリンク)

    2.ジビエ連携フォーラムの設立について(会員募集)

    農林水産省では、ジビエ利活用の取り組みを更に発展・充実させることを目的に、捕獲する側・利活用する側双方の「出会いの場」としてジビエ連携フォーラムを設立しました。
    本フォーラムの趣旨に賛同いただける会員を募集しています。

    詳しくはこちらをご覧ください。
    https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/220920.html(農林水産省へリンク)

    3.鳥獣捕獲アドベンチャーについて(応募締切:10月21日(金曜日))

    農林水産省では、鳥獣対策に興味のある人材を掘り起こし地域とのマッチングを図るための研修プログラムを実施します。(事務局:(株)パソナ農援隊)
    研修プログラムは、「鳥獣捕獲アドベンチャー」と名付け、オンラインでの座学研修と全国8カ所で開催するフィールドワークで構成されます。 応募締切は、10月21日(金曜日)まで。

    詳しくはこちらをご覧ください。
    https://roadto-choujuhokaku.com/program/(外部へリンク)

    4.令和3年度野生鳥獣資源利用実態調査結果について

    農林水産省は、野生鳥獣の食肉処理を行っている全国の食肉処理施設を対象に、イノシシ・シカ・その他鳥獣の処理頭数、用途別重量、販売金額等を把握する「野生鳥獣資源利用実態調査」を行い、令和3年度の調査結果を公表しました。
    食肉処理施設が令和3年度に処理した野生鳥獣のジビエ利用量は2,127tで、前年度に比べ17.5%増加しました。

    詳しくはこちらをご覧ください。
    https://www.maff.go.jp/j/tokei/kekka_gaiyou/chojyu/r3/index.html(外部へリンク)

    5.クマにご注意ください

    今年度も、各地でクマの出没が相次ぎ、人身事故も複数発生しています。クマは冬眠に入る前の10月から11月にかけて、餌を求めて人里まで行動圏が拡大すると一般的に言われています。
    このため、農林水産省は農作業中におけるクマの出没及び人身被害防止等に向けて適切な対応を行うよう、都道府県を通じて関係者に呼びかけています。

    詳しくはこちらをご覧ください。
    https://www.maff.go.jp/j/seisan/tyozyu/higai/tyuuikanki/attach/pdf/index-8.pdf(農林水産省へリンク)
    https://www.maff.go.jp/j/seisan/tyozyu/higai/tyuuikanki/attach/pdf/index-1.pdf(農林水産省へリンク)

    6.豚熱に係るイノシシ肉の安全性について

    農林水産省は、豚熱に関する正しい知識を普及するため、関係情報を随時当省Webサイトに掲載するなど、正確な情報の提供に努めています。

    詳しくはこちらをご覧ください。
    https://www.maff.go.jp/j/nousin/gibier/tonko.html(農林水産省へリンク)

    7.「みどりの食料システム戦略」を策定しました

    農林水産省は、農林水産業や地域の将来を見据えた持続可能な食料システムを構築するため、「みどりの食料システム戦略」を策定し、中長期的な観点から、調達、生産、加工・流通、消費の各段階の取り組みとカーボンニュートラルなどの環境負荷軽減のイノベーションを推進していくこととしました。

    詳しくはこちらをご覧ください。
    https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/midori/index.html(農林水産省へリンク)

    8.新型コロナウイルス感染症に係る相談窓口について 

    農林水産省では、新型コロナウイルス感染症に係る農業者や食品事業者等からの相談に適切に対応するため、各地方農政局等に相談窓口を設置しておりますので、お困りのことがありましたら、ご相談ください。

    新型コロナウイルス感染症に係る農林水産省相談窓ロ一覧
    https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html#c06(農林水産省へリンク)

    お問合せ先

    農村振興部農村環境課

    担当者:リスク対策調査官、鳥獣被害指導係、鳥獣被害対策係
    代表:052-201-7271(内線2542、2544、2545)
    ダイヤルイン:052-223-4631

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader