このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

東海農政局鳥獣害対策メールマガジン第49号(令和2年2月3日)

目次

  1. 令和元年度農林水産関係補正予算について
  2. 国産ジビエ認証施設の第9号及び第10号認証について
  3. 「令和元年度鳥獣対策優良活動表彰」の受賞者の決定について
  4. 「第7回全国鳥獣被害対策サミット」の開催について
  5. 有害鳥獣の捕獲後の適正処理に関するガイドブックについて

1.令和元年度農林水産関係補正予算について

1月30日に令和元年度農林水産関係補正予算が成立し、鳥獣被害対策とジビエ利活用の推進に係る予算額は499百万円となりました。
支援内容は、ジビエ利用拡大を推進するため、捕獲から処理加工段階の情報を関係者が共有できるネットワーク構築に向けた実証、処理加工施設等における人材育成、CSFのまん延防止に向けた野生イノシシへの捕獲強化を図るため、野生イノシシの捕獲強化の取組等となっています。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/budget/attach/pdf/r1hosei-11.pdf(農林水産省へリンク)

2.国産ジビエ認証施設の第9号及び第10号認証について

農林水産省では、より安全なジビエの提供と消費者のジビエに対する安心の確保を図るため、衛生管理基準及びカットチャートによる流通規格の遵守、適切なラベル表示によるトレーサビリティの確保等に適切に取り組む食肉処理施設の認証を行う「国産ジビエ認証制度」を平成30年5月に制定したところです。
令和元年12月に国産ジビエ認証施設(第9号)として、特定非営利活動法人ゆすはら西が運営する食肉処理施設「ゆすはらジビエの里」(高知県)が、令和2年1月に国産ジビエ認証施設(第10号)として、株式会社YAMATOが運営する食肉処理施設「早川町ジビエ処理加工施設」(山梨県)が認証されました。

詳しくはこちらをご覧ください。
ゆすはらジビエの里(国産ジビエ認証施設(第9号))
https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/191219.html(農林水産省へリンク)
早川町ジビエ処理加工施設(国産ジビエ認証施設(第10号))
https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/200110.html(農林水産省へリンク)

3.「令和元度鳥獣対策優良活動表彰」の受賞者の決定について

農林水産省は、鳥獣による農林水産業等に係る被害の軽減等に資するため、鳥獣対策に取り組み、地域への貢献が顕著であると認められる個人及び団体を表彰する「鳥獣対策優良活動表彰」を実施しています。
今般、令和元年度における農林水産大臣賞と農村振興局長賞の受賞者を決定しました。
表彰式は、令和2年2月20日に農林水産省本館7階講堂において行います。また、表彰式後の「第7回全国鳥獣被害対策サミット」において、受賞者からの発表を予定しています。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/200131.html(農林水産省へリンク)

4.「第7回全国鳥獣被害対策サミット」の開催について

一般社団法人鳥獣管理技術協会は、鳥獣対策に携わる関係者の情報共有の場として、「第7回全国鳥獣被害対策サミット」を開催し、鳥獣対策優良活動表彰受賞者からの取組事例の報告、サミットテーマに合わせた全国の取組事例の発表、パネルディスカッションや鳥獣対策に係る研究成果、技術情報、製品情報、人材育成等の取組に係るポスターセッション、資機材・カタログの展示を行います。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/191226.html(農林水産省へリンク)

5.有害鳥獣の捕獲後の適正処理に関するガイドブックについて

国立環境研究所は、関係する農林系の研究機関等と共同して、有害鳥獣の捕獲後の適正処理に関するガイドブックを作成しました。
ガイドブックには、捕獲された鳥獣の処理に関する法令上の位置づけや処理方法、生活環境保全の観点からの留意点などがわかりやすく解説されています。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www-cycle.nies.go.jp/jp/report/choju.html(リンク外部)

お問合せ先

農村振興部農村環境課

担当者:リスク対策調査官、鳥獣被害指導係
代表:052-201-7271(内線2547、2544)
ダイヤルイン:052-223-4631
FAX番号:052-220-1681

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader