このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

東海農政局鳥獣害対策メールマガジン第51号(令和2年5月12日)

目次

  1. 農林水産業・食品産業に関する新型コロナウイルス感染症に伴う支援情報が探せるウェブサイトを公開!
  2. 「食品産業事業者の従業員に新型コロナウイルス感染者が発生した時の対応及び事業継続に関する基本的なガイドライン」について
  3. 「持続化給付金(農林漁業者・食品関連事業の皆様も対象です)」のリーフレット・パンフレットについて
  4. クマにご注意ください
  5. 減容化・焼却施設等情報を農林水産省ウェブページへ掲載しました

1.農林水産業・食品産業に関する新型コロナウイルス感染症に伴う支援情報が探せるウェブサイトを公開!

農林水産省は、4月30日に令和2年度補正予算が成立したことを受け、ウェブサイト「新型コロナウイルス感染症の影響を受ける農林漁業者・食品関連事業者への支援策」を開設しました。
農林水産省の支援策にとどまらず、他省庁や都道府県の支援策も掲載しており、農林漁業者や食品関連事業者の方々が、必要な支援が探しやすくなっています。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/support.html(農林水産省へリンク)

2.「食品産業事業者の従業員に新型コロナウイルス感染者が発生した時の対応及び事業継続に関する基本的なガイドライン」について

農林水産省は、国民への食料の安定供給に重要な役割を担っている食品産業事業者の従業員に新型コロナウイルス感染症の患者が発生した時に、業務継続を図る際の基本的なポイントポイントをまとめたガイドラインを作成しています。令和2年5月、新たな知見に基づき、ガイドラインを更新しました。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/ncv_guideline.html(農林水産省へリンク)

3.「持続化給付金(農林漁業者・食品関連事業の皆様も対象です)」のリーフレット・パンフレットについて

今般の新型コロナウイルスの感染拡大により、大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えするために、「持続化給付金制度」が創設されました。
持続化給付金は、業種横断的に、個人・法人を問わず、農林漁業者も広く対象となる制度(大企業は対象外)ということで、農林水産省は、ウェブページに農林漁業者・食品関連事業の皆様に向けたリーフレット・パンフレットを掲載しました。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/benefit.html(農林水産省へリンク)

4.クマにご注意ください

昨年度は、例年に比べクマ類が市街地周辺にも多く出没し、クマ類による死傷事故が多く発生したところです。
このため、農林水産省では農作業中におけるクマの出没及び人身被害防止等に向けて、都道府県を通じて関係者に注意喚起を行っています。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/seisan/tyozyu/higai/tyuuikanki/index.html(農林水産省へリンク)

5.減容化・焼却施設等情報を農林水産省ウェブページへ掲載しました

農林水産省ウェブページ「鳥獣被害対策コーナー」に減容化施設、焼却施設、炭化施設の情報を掲載しました。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/seisan/tyozyu/higai/kikijouhou/kikijouhou.html#genyouka(農林水産省へリンク)

CSF(豚熱)に係るイノシシ肉の安全性について

農林水産省は、CSF(豚熱)に関する正しい知識を普及するため、関係情報を随時当省ウェブページに掲載するなど、正確な情報の提供に努めています。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/nousin/gibier/tonko.html#poster(農林水産省へリンク)

お問合せ先

農村振興部農村環境課

担当者:リスク対策調査官、鳥獣被害指導係
代表:052-201-7271(内線2547、2544)
ダイヤルイン:052-223-4631
FAX番号:052-220-1681

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader