このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

東海農政局鳥獣害対策メールマガジン第58号(令和3年9月17日)

目次

  1. 令和4年度予算概算要求について
  2. 国産ジビエ認証施設の第26号認証について
  3. 「第6回ジビエ料理コンテスト」の募集について(応募締切:10月8日)
  4. 令和3年度全国ジビエフェア参加店舗の募集について

1.令和4年度予算概算要求について

令和4年度予算が概算要求され、鳥獣被害防止対策とジビエ利活用の推進に係る予算額16,027百万円(対前年比:132%)が計上されました。
このうち、鳥獣被害防止総合対策交付金は、鳥獣の捕獲等の強化やジビエフル活用に向けた取組が拡充され、13,900百万円となっています。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/budget/pdf/r4yokyu_pr70.pdf(農林水産省へリンク)

2.国産ジビエ認証施設の第26号認証について

農林水産省では、より安全なジビエの提供と消費者のジビエに対する安心の確保を図るため、衛生管理基準及びカットチャートによる流通規格の遵守、適切なラベル表示によるトレーサビリティの確保等に適切に取り組む食肉処理施設の認証を行う「国産ジビエ認証制度」を平成30年5月に制定したところです。
令和3年8月に、国産ジビエ認証施設(第26号)として、ジビエ食肉処理施設大幸(鹿児島県出水市)が認証されました。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/210805.html(農林水産省へリンク)

3.「第6回ジビエ料理コンテスト」の募集について(応募締切:10月8日)

農林水産省では、ジビエをより日常的な食材として普及していくことを目的として「第6回ジビエ料理コンテスト」を実施しています。
「国産のイノシシ肉・シカ肉を使用し、多くの人に、安全でおいしく提供できる料理」をテーマとしたレシピを募集しています。
応募期間は、令和3年10月8日金曜日までです。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/210728.html(農林水産省へリンク)

4.令和3年度全国ジビエフェア参加店舗の募集について

農林水産省では、ジビエ(野生鳥獣肉)の全国的な認知向上、普及、需要拡大に向けた取組として、「全国ジビエフェア」を開催することとし、参加店舗の募集を開始しました「全国ジビエフェア」の開催時期は、令和3年11月1日(月曜日)から令和4年2月28日(月曜日)までです。
11月1日から「全国ジビエフェア」の特設サイトで参加店舗の情報を公開いたしますので10月22日(金曜日)までに参加申込みをお願いいたします。なお、フェア期間中でも随時受け付けております。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/210811.html(農林水産省へリンク)

5.豚熱に係るイノシシ肉の安全性について

農林水産省は、豚熱に関する正しい知識を普及するため、関係情報を随時当省ウェブページに掲載するなど、正確な情報の提供に努めています。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/nousin/gibier/tonko.html(農林水産省へリンク)

6.「みどりの食料システム戦略」を策定しました

農林水産省は、農林水産業や地域の将来を見据えた持続可能な食料システムを構築するため、「みどりの食料システム戦略」を策定し、中長期的な観点から、調達、生産、加工・流通、消費の各段階の取組とカーボンニュートラルなどの環境負荷軽減のイノベーションを推進していくこととしました。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/midori/index.html(農林水産省へリンク)

7.新型コロナウイルス感染症に係る相談窓口について 

農林水産省では、新型コロナウイルス感染症に係る農業者や食品事業者等からの相談に適切に対応するため、各地方農政局等に相談窓口を設置しておりますので、お困りのことがありましたら、ご相談ください。

新型コロナウイルス感染症に係る農林水産省相談窓ロ一覧
https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html#c06(農林水産省へリンク)

お問合せ先

農村振興部農村環境課

担当者:リスク対策調査官、鳥獣被害指導係
代表:052-201-7271(内線2547、2544)
ダイヤルイン:052-223-4631
FAX番号:052-220-1681

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader