このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

東海農政局鳥獣害対策メールマガジン第60号(令和4年1月12日)

目次

    1. 令和4年度鳥獣被害防止総合対策交付金について
    2. 「ジビエを食べよう」~東海農政局地下食堂で猪肉を使ったメニューを提供します~(開催日:1月19日)
    3. 「第7回日本ジビエサミットin岡山」の開催について(開催日:1月27~28日)
    4. 「第6回ジビエ料理コンテスト」の結果について

1.令和4年度鳥獣被害防止総合対策交付金について

鳥獣被害防止総合対策交付金については、野生鳥獣による農作物被害低減とジビエ利用拡大を図るため、令和4年度当初で100億円、令和3年度補正で16億円に加えて、令和3年度当初予算からの充当で24億円が計上されました。
令和5年度のイノシシ、シカの生息頭数の半減目標を達成するため、都道府県が行う広域捕獲の取組等が拡充されました。

詳しくはこちらをご覧ください。
<令和4年度当初予算>
https://www.maff.go.jp/j/budget/pdf/r4kettei_pr67.pdf(農林水産省へリンク)
<令和3年度補正予算>
https://www.maff.go.jp/j/budget/pdf/r3hosei_pr17.pdf(農林水産省へリンク)

2.「ジビエを食べよう」~東海農政局地下食堂で猪肉を使ったメニューを提供します~(開催日:1月19日)

東海農政局は、ジビエの消費拡大を図るため、東海農政局地下食堂「中京クッキング」の協力の下、東海地域産猪肉を使ったメニュー「猪肉のガパオライス(スープ付)」を提供します。
価格は税込み650円、40食限定です。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/tokai/press/noson_kankyo/220106_12.html

3.「第7回日本ジビエサミットin岡山」の開催について(開催日:1月27~28日)

一般社団法人日本ジビエ振興協会では、野生鳥獣肉の更なる利用拡大に向けて、「第7回日本ジビエサミットin岡山」を開催します。
なお、各プログラムに参加する場合には事前予約・申込みが必要です。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/211129.html(農林水産省へリンク)

4.「第6回ジビエ料理コンテスト」の結果について

一般社団法人日本ジビエ振興協会は、ジビエの全国的な需要拡大や鳥獣利活用の推進を図るため「第6回ジビエ料理コンテスト」を開催し、今般、農林水産大臣賞ほか8賞の受賞者が決定しました。「第6回ジビエ料理コンテスト」レシピブックもWebページに掲載されています。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/211222_14.html(農林水産省へリンク)

5.豚熱に係るイノシシ肉の安全性について

農林水産省は、豚熱に関する正しい知識を普及するため、関係情報を随時当省ウェブページに掲載するなど、正確な情報の提供に努めています。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/nousin/gibier/tonko.html(農林水産省へリンク)

6.「みどりの食料システム戦略」を策定しました

農林水産省は、農林水産業や地域の将来を見据えた持続可能な食料システムを構築するため、「みどりの食料システム戦略」を策定し、中長期的な観点から、調達、生産、加工・流通、消費の各段階の取組とカーボンニュートラルなどの環境負荷軽減のイノベーションを推進していくこととしました。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/midori/index.html(農林水産省へリンク)

7.新型コロナウイルス感染症に係る相談窓口について 

農林水産省では、新型コロナウイルス感染症に係る農業者や食品事業者等からの相談に適切に対応するため、各地方農政局等に相談窓口を設置しておりますので、お困りのことがありましたら、ご相談ください。

新型コロナウイルス感染症に係る農林水産省相談窓ロ一覧
https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html#c06(農林水産省へリンク)

お問合せ先

農村振興部農村環境課

担当者:リスク対策調査官、鳥獣被害指導係、鳥獣被害対策係
代表:052-201-7271(内線2542、2544、2545)
ダイヤルイン:052-223-4631
FAX番号:052-220-1681

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader