このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

農業分野における障がい者就労

お知らせ 

ノウフク・アワード2022の募集を開始しました(令和4年8月3日)(農林水産省へリンク)NEWアイコン

「ノウフク・アワード2022」エントリー受付中

農林水産省は、農福連携に取り組んでいる優れた事例をノウフク・アワードとして表彰し、全国への情報発信を通じて他地域への横展開を図るため、令和4年8月3日(水曜日)から10月3日(月曜日)まで「ノウフク・アワード2022」を募集します。
応募方法等の詳細はこちらから(外部リンク)



「ノウフク・アワード2021」受賞25団体

令和3年度における「ノウフク・アワード2021」は、25団体が受賞されました。

東海農政局管内からは、次の3団体が受賞されました

『東海農政局管内の受賞団体』

【優秀賞】株式会社イシイナーセリー(三重県鈴鹿市)

優秀賞 <受賞のポイント>
『障害者雇用を通じて地域の植木産業を支える取組を推進』
『高賃金の実現と一般就労へのつながりに貢献』

優秀賞は「人を耕す」、「地域を耕す」、「未来を耕す」といった視点から、総合的に優れた取組を行っている団体が受賞します。
  • 造園や緑化工事に欠かせない植物「タマリュウ」の生産、定植、除草などの作業を連携先である就労継続支援A型事業所「きらら」に年間を通じて委託。
  • 「きらら」では、知的、精神、身体障害、ひきこもりなど、12名が農作業に取り組む。
  • 賃金設定は、作業したポットの数やマットの枚数だけでなく、仲間へのフォローや出勤率なども考慮し、自己肯定感を下げないよう工夫。
   タマリュウ(玉竜)
   
   ユリ科の常緑多年草。
   色や葉丈など、ニーズに細かく対応。
   タマリュウの年間生産量はポット約90万個、マット約9万枚。
   大量生産には福祉事業所との連携が不可欠。
   マットタイプを利用した
   造園施工の様子
   
   トレーから外すと「緑のじゅうたん」が完成。
   造園工費コストを削減でき、障害があっても作業が可能。 
   サービスエリアの花壇整備
   
   タマリュウを取り入れた花壇のデザイン設計、設置、管理、撤去にいたるまでを職員が障害のある方と一緒に取り組む。
   通常の農作業とはまた違った良さを感じられると好評。

【フレッシュ賞】株式会社JAぎふ はっぴぃまるけ(岐阜県岐阜市)

フレッシュ賞

2020年、地域共生社会の実現を目指し、単位農協で全国初の特例子会社を設立。
障害者向け体験農園、特別支援学校から実習生の受け入れ、マルシェの開催。
JAぎふや行政と連携を図り、地域で農を通じた「障がい者雇用ネットワーク」を構築。

   障害者向け体験農園
   「まるけふぁ~む」
   
   これまでに4回開園し、障害者とその家族5組12名が参加。
   特別支援学校からの実習生も受け入れ。
   また、農産物生産の他、枝豆の剥き身、冷凍イチゴ加工、味噌製造など、年間を通じた事業計画により、安定した収入を実現。
   「はっぴぃマルシェ」
   
   毎週金曜日に開催。
   自社で生産した農産物、加工品の販売、それらを使用した飲食の提供。
   地域に根差した事業を行い、居場所づくりの核となる存在を目指す。

【フレッシュ賞】遊士屋株式会社(三重県伊賀市)

フレッシュ賞

農福連携で最高品質の苺を生産販売。
福祉施設と連携し、雇用創出・農業カリキュラムの場として確立。
生産した苺をタイ、バンコク、シンガポール、台湾、香港などへ輸出。

   多様な年齢、背景を持つ
   メンバーが働く
   
   グループホームなどの施設を卒業した者(知的障害、発達障害、各種依存症、引きこもりなど、生きづらさから回復した者)を一般就労の形で雇用。

   地域とともにある農園
   
   地元在住のスタッフを雇用、週平均20名ほどが農園での作業を通し、他者と関わり合いながら作業。

   生産した苺は国内販売の他、タイ、バンコク、シンガポール、台湾、香港などへ贈答品として輸出。

「ノウフク・アワード2021」受賞25団体の概要はこちらです

農福連携の推進 (農林水産省へリンク)

ノウフクアワード2021のロゴ

 

農山漁村振興交付金

農山漁村の持つ豊かな自然及び「食」を活用した都市と農村との共生・対流等を推進する取組、地域資源を活用した所得又は雇用の増大に向けた取組、農山漁村における定住を図るための取組等を総合的に支援します。

交付金等の内容については、こちらから

ノウフク・アワード2020の表彰団体

「ノウフク・アワード2020」優秀賞の表彰16団体が決定しました(令和3年1月12日)(農林水産省へリンク)

お問合せ先

農村振興部農村計画課

担当者:推進係
代表:052-201-7271(内線2519、2522)
ダイヤルイン:052-223-4629

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader